絶品玉子かけごはんが食べたくて、ガチで木下さんちまで押し掛けた件

突然ですが、ふいに抑えきれない衝動に駆られる事がありませんか?
あなたが生粋の日本人なら、少なくとも年に数回は本能的に胸にこみ上げてくるはずです。

 

そう・・・

 

 

それ、わかる~っ!

 

でしょう?(笑)

という事で、いきなりアホヅラで失礼します。通常運転のガーハラダです。
今回は「木下さんの生みたて卵」でお馴染みの木下鶏園さんにやって来ました。

 

 

玉子かけごはんと言っても、そこいらのスーパーで特売している卵ではなく、
生みたてのぷりっぷり、卵黄がつまめるほど濃厚で新鮮な卵で食したい!

そんな、バラエティー番組でしか手を出せない無理難題をこころよく引き受けていただいたのが、木下鶏園さんだったのです。
マジ感謝です!

 

そして、こんな幸せな体験を独り占めするのは心苦しいので、今回はお馴染みガーイシダも同行いたしました。

 

 

すでにニヤけてます・・・

 

 

「新鮮なものは新鮮なうちに」とこだわる木下鶏園さん。

 

高松空港の西、自然に囲まれた綾川町の山間部にひっそりと佇む木下鶏園さん。
ファームからは里山の豊かな自然が見渡せます。

 

 

今回お世話になったのが、社長の息子さんの木下さんと営業の加藤さん。

 

 

「新鮮なものは新鮮なうちに」をモットーに、早朝より出荷作業に大忙し。
その日生まれた卵は、午前の早いうちには出荷されるとの事。一般的な流通だと生まれた当日に店頭に並ぶことはほとんど無いそうですが、木下鶏園さんの卵は、早ければその日の午後には店頭に並ぶそうです。

 

生みたて卵

 

卵を産んでくれる主な鶏は讃岐コーチン。
鶏の健康状態は生まれてくる卵に即影響するので、出来る限りストレスの無いよう育てているとの事。

 

 

正直言いますと、鶏舎というだけでかなり臭いも酷いのかなと覚悟はしていたのですが、実はまったくそんな事はなく、ほとんど臭いがなかったのが最初の驚きでした。
私はペット関係の仕事もしているので本当によく分かるのですが、これだけの数がいて悪臭が出ないのは相当なものです。これだけで飼育環境に気を遣っている事がうかがわれます。

そして、こだわりのある鶏たちのエサ。
エサの成分は企業秘密でしょうから詳しく聞かなかったのですが、人にも鶏にも優しい配合飼料にカテキンが豊富な茶葉の粉末を混ぜて与えているそうです。

 

 

木下さん
出荷作業もひと段落しましたので、どうぞ職員にも声を掛けてあげて下さい。
ガーハラダ
それはありがたいです!
木下さん
実は、うちではカンボジアやラオスなどから研修生を受け入れてまして、なかなか楽しい職場なんですよ。
ガーハラダ
話しには聞いた事がありますが、ここにもYOUがいるんですね!

 

 

コンニチハー!

 

ガーイシダ
せっかくだから、インタビューしようぜ!
ガーハラダ
カタコトの日本語で大丈夫かなぁ?
ガーイシダ
なんでキミがカタコトになるねん!

 

日本に来て2年になる研修生さんに通訳をお願いしながらお聞きした話をまとめると、
仕事はとても楽しいし、休みの日も鶏の飼育の事で頭がいっぱいなんだそう。
スナック菓子を食べながら、皆さん明るい笑顔でお話しいただきました。

 

ガーイシダ
つーか、たったそれだけかいっ!

 

ファームの奥を覗くと、これまた賑やかな一室がありました。

 

 

こちらでは、消費者向けのパッケージング作業をされているとの事。
ひとつひとつ丁寧に梱包されていました。

 

 

手タレデビューです(笑)

という掴みからの賑やかな談笑となりましたが、手塩に育てた鶏たちが生んでくれた大切な卵を、愛情込めて消費者の皆さんに届けられているんですね~。

 

そして、その生みたて卵の美味しさは、消費者の皆さんだけでなく、地元のスイーツのお店やカフェ、レストランなどのプロからも支持されています。

取材中にたまたま仕入れに立ち寄られた、m’s farm かふぇの髙橋さん。

 

 

ご近所でカフェをされているとの事で、この後なし崩し的にランチ取材にお伺いしたのですが、びっくりするぐらいおしゃれなお店でしたよ~

m’s farm かふぇさんのランチレポートはこちら♪

 

 

 

そして、いよいよお待ちかねの絶品玉子かけごはん!

 

ガーハラダ
ところで・・・ その・・・ 例のものなのですが・・・
木下さん
そうそう、玉子かけごはんですね! ちょうど今しがた生まれた卵がありますよ(笑)

 

 

おおーーっ!!

 

ガーイシダ
おおーーっ!

 

 

ガーハラダ
なに勝手に取ってきてんねん!
ガーイシダ
ふふっ、加藤さんにもらった♡

 

生みたてとれとれ卵の数々!!

 

生みたて卵

 

木下さん
せっかくなので、いろいろ見繕ってみました。お好きなものをどうぞ。
ガーハラダ
やっば、、身もだえるわ。
ガーイシダ
割るぞ! つまむぞ!

 

 

ぷるんぷるんやん!

 

 

卵黄がつまめる~っ!!

 

木下さん
これだけ新鮮だと指でもつまめるんですよ。

 

 

ガーハラダ
これ、本当に卵黄っすか?!
ガーイシダ
生ではじめて見た!

 

もう、待てません!

さっそく持参したご飯をレンジをお借りしてチンして・・・

おもむろに・・・

 

玉子かけごはんだーっ!

 

玉子かけごはん

 

 

ガーハラダ
ごめん、先にいただくわ!

 

 

以前、取材でお世話になったマルシマさんの醤油をかけて・・・

 

 

うひひ・・・・・。

 

 

うますぎ~っ!

もう死ぬる~~っ!!

 

ガーイシダ
「死ぬる~!」って大げさすぎやろ! 実はそうでもないというオチちゃうの?

 

 

・・・・・。

 

 

ガーイシダ
ほんまや!!
ガーハラダ
いや、これマジうまいなぁ。

 

新鮮という事もあるのか、卵特有のくさみがまったく無くて、なんというか濃厚なんですよね。
レンジでチンしたご飯でこれだけ美味しいのですから、炊き立てのご飯だと多分気絶するでしょう。

当たり前ですが、スーパーで特価で売られている卵とは別次元の美味しさです。
最近ではスーパーでもヨード卵などのちょっと良い卵も売られていますが、本当の生みたてじゃないとこの味は出ないでしょう。

 

木下さん
よかったらおかわりしてください(笑)

 

 

まさに至福のひと時でした!

 

どうです?
読者の皆さんもこのマジモノ生みたて卵を食べたいと思いませんか?

木下さんの生みたて卵は、県内の一部のスーパーや産直市場でも入手できますが、事前に木下鶏園にお電話くだされば個人の方にも1パックから販売していただけるそうです。

 

木下鶏園さん、本日は私たちの我がままにこころよくお付き合い下さり、本当にありがとうございました。

 

店名 有限会社 木下鶏園
所在地 香川県綾歌郡綾川町千疋1614
電話番号 087-877-1108
営業時間 8:00~17:00
定休日 日曜日
駐車場 有り

 

 

投稿者:ガーハラダ
兵庫県出身四国帰化人。爆笑よりクスッ笑いに使命を感じるギリ40代。明太子は心の友。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします