旨い料理は醤油にこだわれ! 小豆島の老舗、丸島醤油をガチ取材してみた。

ある日のこと。

すっかりうどん県民になってしまったガーハラダがいつものように生醤油うどんを食べている姿を想像してみてください。
「そんなおぞましいもの想像したくないわ!」
なんて拒否されると話が進まないので、ここは大人になりましょう。

 

生醤油を軽くうどんに流して・・・

 

 

いつものように、ちゅるっと食します。

 

さぬきうどん

 

ん?

なんかいつもと違うやん・・・

 

 

やばいやん!

 

わかりやすく表現すると・・・

 

 

めっちゃうまーーい!!

 

えーっ、なになに?

いつもと変わらないうどんのはずですが、何が違うのか・・・

 

 

これはもしかして・・・

 

 

醤油がうまいんやん!

もう一度いいます。

 

マルシマの醤油が旨いんやん!

 

 

マルシマ~!!

 

 

という事で。

 

 

あらためまして、ガーハラダです。

こんなゴージャスな場所におりますが、決していかがわしい「20歳未満お断り」なお店に来ているのではありません。
ましてや、隣に座っているおじさんは、いかがわしいお店のエロ店長でもありません。

実は、冒頭の半分ヤラセっぽい前フリをしたのには理由があって、ある使命感から小豆島行きのフェリーに乗っているのです。

 

 

というのも、
ここ1年ばかり、私のマイブームなのが生醤油うどんなのですが、お店によってほんと微妙に味が違うんですよね。
これは、うどんのコシとか太さとかの問題ではなく、もっとリアルでダイレクトな味の違いなんです。

そう、まさに醤油の違いです。

醤油の味は、当たり前ですがメーカーや製法によってそれぞれ違います。
だから、例えば何かのレシピで「醤油大さじ2杯」とか書いていても、その大さじ2杯の醤油の良し悪しや食材との相性で出来上がる料理は格段に違ってくるんですよね。

意外とここは盲点だと思うんです。

という事で、読者のみなさんの料理の腕を劇的に上げるべく、今回は醤油の聖地でもある小豆島で「こだわりの醤油」をレポートしたいと思います。

 

 

本物の味にこだわる老舗メーカー 丸島醤油さん

紹介が遅れましたが、今回同行してくれるのが、私の十数年来の友人であり、丸亀町グリーンにある「お野菜食堂SOHSOH」さんで長年重要なポストをになっている石田さんです。

今回は、そのSOHSOHさんで製造販売されているドレッシングの原材料にもなっている醤油を製造している丸島醤油さんに取材を行います。

 

 

手土産も抜かりなく。

尚、肩書がめんどくさいので、以下ガーイシダとさせていただきます。(笑)

 

という事で、フェリーに揺られる事1時間、いかがわしいお店ならまだまだ宵の口なのですが、真面目なフェリーはきっちり草壁港に到着いたしました。

 

 

朝から降り続いていた雨もフェリーに乗っている間にすっかりあがって、その代わりやってきた蒸し暑い天気・・・
タクシーかレンタカーでも借りようと言おうとした瞬間、

 

 

ペダル漕ぐんかいっ!

 

すでに半分萎えながら港にあるレンタサイクルの窓口に向かったのですが・・・

 

 

おっ!

電動アシスト自転車があるやん♪

 

 

いいね~!

 

 

ペダルが軽~いわぁ~♪

 

 

ペダルが軽~いわぁ~♪

 

 

軽~いわぁ~♪

 

 

という事で、あっという間に到着しました。

 

丸島醤油さん。

 

 

丸島醤油さんは、昭和25年創業の老舗メーカーさん。
江戸時代から小豆島に伝わる伝統的な職人技を継承し、以来、無添加にこだわる醤油を製造して来られました。

まさに、こだわりの醤油を知るには打ってつけの醤油メーカーさんです。

ガーイシダいわく、このマークを見れば香川県人ならピンとくるそうですが・・・

 

 

いかがでしょうか?

 

勝手に取材するわけにはいきませんので、まずは社長さんにごあいさつです。
ここで要領の良いガーイシダがおもむろに手土産であるSOHSOH特製ドレッシングを差し出しました。

 

 

はい。ニコニコニッコリ取材許可いただきました~!

山西社長さん、ありがとうございます!

 

そして、今回ご案内いただくのがこのお二人。

 

工場長の壷井さんと、営業部の山西さん。

 

ガーハラダ
それではさっそくですが、よろしくお願いします。
山西さん
よろしくお願いします。では、まずは醸造所をご案内しますね。

 

 

壷井さん
醤油の製造過程は、簡単に言うと原料の下処理・加工、混合、製麹、仕込み、醗酵、圧搾、澄まし、火入れ、検査・梱包、という工程になります。ここでは、厳選した材料の下処理から製品の火入れまでの工程を行います。
ガーハラダ
なんだかいきなりモビルスーツでも出てきそうな大きな機械が並んでますね。

 

 

ガーハラダ
ちなみに原材料ってどんなものなんですか?
壷井さん
今では希少な有機栽培で作られる国産丸大豆です。あとは、小麦、種麹、塩などとなりますが、弊社では添加物を一切使用せず、時間をかけてじっくり製造しています。
ガーハラダ
最近は、食品添加物に関する体の悪影響もいろいろ指摘されているみたいですものね。
山西さん
体に対する悪影響もそうですが、あえて時間をかけてじっくり昔ながらの製法にこだわる事で、何とも言えない深い味わいが出てくるんですよね。

 

 

 

年代物の醸造樽に歴史の重みを感じる。

そして、次に案内されたのが醸造蔵です。

 

 

壷井さん
ここが古式製法にこだわった醸造蔵です。さぁ、どうぞ。
ガーハラダ
なんか、しれーっと案内されましたが、ここってすごい場所じゃないんですか?とりあえず記念撮影しておきます!

 

 

ガーイシダ
手先がおネェっぽいぞ。

 

つーか、すげぇーっ!

 

 

ガーハラダ
すげぇーっ、肥溜めっぽい。
山西さん
はははっ・・・ 肥溜めとは心外ですが、でも落ちたら助けられませんので気を付けて下さいね。携帯とかカメラとか落としたら、まず見つかりませんから(笑)
ガーハラダ
まじっすか!
ガーイシダ
落ちろー 落ちろー
壷井さん
この柱や壁一面に着いているのが醸造菌です。あまり見栄えの良いものじゃないんですが、この醸造菌が醤油造りの命なんです。

 

 

山西さん
この醸造菌はすぐにどうこう出来るものではなく、ここまで来るのに相応の長い年月がかかっています。この樽にしても150年物ですからね。
ガーハラダ
150年前というと、坂本龍馬が近江屋で暗殺された頃じゃないですか!
山西さん
大変貴重なものですし、先人たちの英知が詰まった場所ですので、ここは本来お見せできない場所なんです。今回は特別ですよ(笑)
ガーハラダ
すげーっ!ここまで来た甲斐がありました!
壷井さん
せっかくなので、ぜひこの醸造樽の下側もご覧になって下さい。

 

 

山西さん
ほら、これを見て下さい。この樽は明治に作られたものです。

 

 

ガーイシダ
明治38年というと、日露戦争の頃じゃないですか!
ガーハラダ
愛は死にますか♪山は死にますか♪
ガーイシダ
二百三高地!
ガーハラダ
てへ♪
山西さん
ちなみに、もうこの樽を作る職人さんがいないので、どれくらい価値があるのか想像できません。
ガーハラダ
わっ、、鼻歌なんか歌ってる場合じゃないですね・・・

 

昨今は効率化の名のもとに、多くのメーカーが短期間で醤油を製造する中、丸島醤油さんはなぜ時間をかけて手作りするのか。そこには、先人から伝わる伝統を守り、本物の味にこだわる心意気がある事がよく分かりました。

その後、熟成したものを絞り出す「圧搾」という工程も実にスリリングでした。

 

 

そして、最終的に火入れからふたたび濾過を行い検査、瓶詰めされて出荷されます。

 

 

 

丸島醤油の思いとは?

ひととおり工場を見学した後で、丸島醤油さんの醤油に対する思いなどを聞いてみました。

 

ガーハラダ
ちなみにですが、山西さんはどうして丸島醤油さんに就職されたのですか?
山西さん
実は、私の祖父がこの仕事に携わっておりまして、小さい頃からずっと醤油に囲まれて育ってきました。
ガーハラダ
あれっ?そういえば社長さんと同じ苗字ですよね?
山西さん
はい。実は社長は私の叔父にあたります。
ガーイシダ
つーか、名刺渡された時に気づけよ!
山西さん
で、もちろんずっと醤油LOVEだったわけでもないのですが、この辺りってほんと醤油の町なので、家に居ても外に出ても醤油だらけなんですよね。もう、生活の一部というか・・・。
山西さん
私はこの町が大好きなので、その象徴たる醤油をしっかり守っていかないといけないと、ちょっと真面目に考えています。

 

 

ガーハラダ
そういえば、小豆島って醤油製造所の密度が高くて、日本でも屈指の醤油の聖地だと聞いた事があります。
山西さん
現在、このあたりだけでも20社あります。これでも少なくなりましたけど。それぞれにこだわりのある製造所さんばかりなのですが、弊社は醤油は生活に欠かせない食品だからこそ、「安心、安全、信頼」の製品を消費者の皆様にお届けすべく頑張っております。
ガーイシダ
うちのドレッシングも無添加にこだわっていて、そういう意味では丸島醤油さんの醤油がベストマッチだと思っています。体に良いだけじゃなく、醤油ひとつでこうも美味しいドレッシングに変わるのかと最初は驚愕しましたね。

 

やっぱり料理の基本は、塩、砂糖、醤油。
美味しい料理を作る要素は他にもたくさんありますが、いくら新鮮で高級な食材を使っていても、その味付けとなる醤油に手を抜くと、すべて台無しです。
逆に言えば、醤油にこだわるだけで、いつもの家庭料理が劇的に変わる事もあるかしれません。

だからといって、醤油自体それほど高額な商品でもありませんからね。
ものは試しに、こだわった醤油をご家庭で使ってみてはいかがでしょうか?

 

 

というところで、綺麗にオチがついた事だし、そろそろ帰りましょうかガーイシダさん。

ん?

・・・・・。

 

 

ペダルが軽~いわぁ~♪

 

もう、ええっちゅーねん!

てか、工場長~~っ!!

 

 

◆取材協力 丸島醤油株式会社さん

 

 

投稿者:ガーハラダ
兵庫県出身四国帰化人。爆笑よりクスッ笑いに使命を感じるギリ40代。明太子は心の友。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします