やわらかめに炊いた玄米と相性バッチリな日替わりランチ ~ 鞠屋 ~

こんにちは。
「むつごい」が香川弁だったと最近知ったガーハラダです。
関西のお客さんに通じませんでした・・・

 

お盆休みも終わって、連日の暴飲暴食で胃が「むつごい」読者さんも多いと思います。
こんな時はヘルシーな料理が欲しくなるのですが、だからといって、あまりにもヘルシーすぎるのも暴飲暴食を反省しているようで癪に障る・・・

という事で、ヘルシーだけどヘルシーすぎないランチを食べさせてくれると聞き、高松北高そばにある鞠屋(まりや)さんに行ってきました。

 

鞠屋鞠屋

 

字が似てますが「こうじや」ではありません、西内まりやの「まりや」です。
「まりや」と言えば私の世代は竹内まりやなのですが、ガーカガワの読者層をちょいと意識してみました。

これでみなさん覚えましたね?(笑)

 

で、その鞠屋さんなのですが、店内は明るく居心地の良い空間になっています。

 

 

ほど良くおしゃれなので、幅広い世代にウケそうです。
お店の人も明るく応対してくれて、ますます心地よくなりました。

本日いただいたのは日替わりランチ。
他にも、朝9時から食べられるブランチ的な食事もありました。

 

 

そして、それほど待たされる事なく運ばれてきたのが、こちらの日替わりランチ(ドリンク付き900円)。

 

 

私はお膳はお味噌汁から手を付けてしまうのですが、関西風の薄めのお出汁でした。
体にやさしい玄米ごはんは、少しやわらかく炊き上げています。玄米ご飯はちょっと硬めに炊いている所が多い印象なのですが、「むつごい」胃にはむしろこちらの方が胃にもやさしい。
そうでなくても、やはり消化に良いので、これくらいのやわらかさもアリだと思いました。

 

そして、本日のメインは「豚肉の竜田揚げ」。

 

 

一瞬、トンカツかなと思ったのですが、確かに竜田揚げでした。
同じ揚げ物なのに、少し醤油が入っているのと、しょうがにネギが振りかけられているからか、これも見た目ほどむつごくなかったです。

最近流行りの薬膳料理では物足りないと思われる人にはちょうど良いヘルシーさですよね。

ほかにも、やわらかめの玄米ご飯に合う、ちょっとしっかり味付けされている小鉢や、底にチーズの入ったびっくり仰天な茶わん蒸しなど、全体のバランスを考えられたおいしいランチでした。

 

私は抹茶が苦手なので今回は遠慮したのですが、ランチにプラス300円でちょっと凝ったデザートが付くそうです。

 

 

胃が「むつごい」人もそうでない人も、ヘルシーだけどヘルシーすぎないランチをぜひお試しください。

 

 

店名 鞠屋(まりや)
所在地 香川県高松市牟礼町牟礼字仲代152-20
電話番号 087-845-4150
営業時間 9:00~18:00
※ランチ11:00~14:00
定休日 月曜日・第3日曜日
駐車場 有り

 

 

 

投稿者:ガーハラダ
兵庫県出身四国帰化人。爆笑よりクスッ笑いに使命を感じるギリ40代。明太子は心の友。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします