屋島が美しすぎるので、マニアに夜景撮影を教わってみた。

こんにちは。
今回はちょっと気合の入っているガーハラダです。

 

 

いつもなんとなく眺めている屋島ですが、ふと屋島山頂からの夜景が撮りたくなって思案しております。
なぜ思案しているのかというと、実は私、夜景を撮るのがめっちゃ苦手なのです。

落ち着きのない性格が災いしてか、気合を入れて撮影した写真が高い確率でこんな悲惨な状態になってしまいます。

 

 

そう、ブレブレですわ!(苦笑)

そこで、いろいろ調べてみると、どうも手ブレが原因らしく、それを解決するためには三脚が必要であるという事がわかりました。
という事で、今回は気合を入れて三脚を用意しました!

 

 

どうです?
気合が入ってるでしょう?

という事で、さっそく屋島ドライブウェイを走らせ、屋島山頂に向かいました。

 

屋島山頂

 

おっ!
いい感じに暮れてきました。

さっそく三脚をセットして、まぁせっかくだからと夕暮れの瀬戸内海を撮影していると・・・

 

 

わっ! すげーーっ! デスラー砲やん!!

そこへ現れたのは、でっかい望遠レンズを装着して意味があるのか不明なベストを着ているカメラマニアのおじさん!
もうね、シャカシャカシャカと軽快なシャッター音を響かせながら、手すりに身を乗り出して撮影されているのです。

気合を入れたはずの私は、あの巨大なデスラー砲に圧倒されて、つい、すごすごと後づさりしてしまいました。

 

それでも邪魔にならないように夕景を撮影していると・・・

 

 

写真おじさん
今日は曇り空で日の入りが撮れなくて残念ですね~

 

と、デスラー砲を片手に声をかけてくるじゃありませんか!

ちなみに、顔出しは恥ずかしいとの事でイラストで登場していただきました。

 

一瞬、誰に話しかけているのかが分からなかったのですが、近くには私しかいませんからね。
「そうですね~」なんて、適当な会話をしていたのですが、ふと名案が浮かんだのです。

それは・・・

 

デスラー砲を持っているくらいだから、なかなかのカメラマニアに違いない!
この際だから、夜景撮影のコツを聞いてみよう!

 

我ながらなかなかの名案です。

という事で、もし断られたらめっちゃ気まずいのですが、思い切って聞いてみました。

 

ガーハラダ
あのぅ、夜景って撮るのめっちゃ難しいですよね

ちなみに、おじさんがイラストなので私も合わせてみました。
おじさんには、きっとこういう美男子に見えているはずです。(キッパリ!)

 

写真おじさん
ああ夜景ですね。三脚持ってるならあとはカメラの設定だけですよ
ガーハラダ
設定って、オートじゃダメなんですか?
写真おじさん
オートでも悪くはないですが、あくまでもカメラまかせなので、思ったものとは違う写真になったりしますよ。

 

なるほど。
確かにカメラの設定をオートにすると、大きな失敗はない代わりに少し味気ない写真になる気がします。
今まさに目の前に広がっている美しい夜景、この肉眼で見る美しさをそのまま切り取って撮影できたら素敵ですよね。

 

写真おじさん
だからといってあまり凝りすぎても大変なので、最初は2つだけ設定をいじってみましょう。と、その前にシャッターはセルフタイマーに!
ガーハラダ
セルフタイマーですか?普通にシャッター押したらダメなんですか?
写真おじさん
手でシャッターを押すと、どうしても力が入りますから、微妙にブレるんですよね。

 

光の多い昼間だとシャッターが早く切れるので手ブレは出にくいのですが、光量の少ない夜景撮影はシャッターが極端に遅くなるので少しの振動でもブレにつながるそうです。
シャッターを自動で切ってくれるセルフタイマーを使用する事で、手ブレを無くす事が出来るんですね。
本当はレリーズといってリモコンでシャッターを切るパーツもあるそうなのですが、そこまで本格的に揃えている人は少ないでしょうしね。

 

ガーハラダ
なんだかすげーいい事を聞いた気がします。セルフタイマーにそういう使い方があるんですね。

 

 

カメラの設定はISOとホワイトバランスを抑えるべし!

 

ガーハラダ
ちなみに、その2つの設定ってどうやるんですか?
写真おじさん
最初はとりあえずISOとホワイトバランスだけでいいでしょう。
ガーハラダ
えっ?イソノさんってカツオとワカメですか?
写真おじさん
いえいえ、ISOと書いてイソと読みます。簡単に言えば光量に対する感度ですね。

 

デジタルカメラの場合、ISO感度とはデジタルカメラが光をとらえる能力を表す値です。
デジタルカメラは、撮像素子に当たった光を電気信号に変えて処理します。
ISO感度を上げることは、電気信号を増幅することです。ISO感度を2倍にすると電気信号は2倍になります。
ISO感度を2倍にすると撮像素子に当たる光の量が半分で適正露出になります。
つまり、ISO感度をISO100からISO200に上げると、同じ絞り値(F値)であれば2倍速いシャッタースピードで撮影できます。ISO200からISO400に上げた場合も同様です。
暗い室内などではシャッタースピードが遅く、手ブレや被写体ブレが発生してしまうことがあります。しかしISO感度を上げれば、シャッタースピードを速くしてブレを抑えることができます。「暗いシーンでISO感度を上げるとよい」と言われるのはこのためです。
ISO感度は撮影者が決めることも、カメラが自動的に決めるようにすることもできます。

出典:ニコン デジタル一眼レフカメラの基礎知識

 

写真おじさん
ISO感度を上げると暗くても撮れますが、その分ノイズが写真に入ってしまいます。くっきりとした夜景を撮るなら三脚でISO感度を下げて撮るといいですよ。

 

カメラのメニューを探したら「ISO」という項目がありました。
オート設定だとカメラがそのシュチュエーションに合わせて勝手にISO感度も調整してくれますが、これを手動で設定するわけですね。

手持ちで撮影する時は暗くても早くシャッターが切れるISO1600以上に設定するのがおすすめ。
ただし、おじさんが言ったように、写真全体にかすんだようなノイズが入りやすいとの事。
手ブレしない三脚だとISO感度を100程度に一杯に下げて、その分シャッターは開きっぱなしになるので、時間をかけて光を集めて撮るというイメージですね。

 

写真おじさん
次にホワイトバランスを設定してみましょう。
ガーハラダ
あっ、それは知ってます!晴天とか曇りとか蛍光灯とか、シュチュエーションに合わせて設定するんですよね。

 

ホワイトバランスとは、被写体に当たる光の種類に応じて変わる色味を調整して、白いものを白に近い色に仕上げる機能です。
被写体には太陽光や電球の光、蛍光灯の光などさまざまな種類の光が当たります。肉眼ではどの光も同じように無色透明に感じますが、実は光の種類によって色が着いています。
デジタルカメラの撮像素子はこの光の色の違いをそのまま出力するため、このままでは光の種類によって写真全体に色が着いてしまいます。
この余計な色(色かぶり)を取り除くように自動調整してくれるのが、ホワイトバランスの中のオートです。

出典:ニコン デジタル一眼レフカメラの基礎知識

 

写真おじさん
まぁ、これは実際に撮影して比べた方が早いでしょう。

 

いろいろ教えてもらっているうちにすっかり辺りが暗くなってきました。
そこで、まずはいつもどおりホワイトパランスをオートで撮影してみました。

 

 

ガーハラダ
これはこれで悪くはないのですが、もう少し透明感というか青みがかったイメージの方が見た目に近いかなぁ・・・
写真おじさん
じゃぁ、設定を「蛍光灯」で撮影してみましょう

 

 

ガーハラダ
どちらかというとこちらの方が好きですが、ちょっと青すぎる気もします。
写真おじさん
今はまだ少し明るいので。もう少ししてさらに暗くなるとちょうどよくなりますよ

 

ホワイトバランスには他にも種類があって、おおよそこんな感じに撮れるそうです。

設定の違い
  • 晴天・・・・・赤みが増す
  • 曇天・・・・・さらに赤みが増す
  • 蛍光灯・・・・青みが増す
  • 電球・・・・・さらに青みが増す

 

 

最初は何度か試し撮りをして、好みに合ったホワイトバランスを設定すると良いでしょう。

 

実際に夜景を撮影してみました。

 

では、おじさんから教わった事をもう一度おさらいすると・・・

三脚を使って、シャッターはセルフタイマーで。
ISO感度は低く、ホワイトバランスはお好みで設定する。

となります。

では、以上を踏まえて実際に撮影した写真がこちらです。

 

 

サンポート高松方面です。
次は、木太町から栗林方面ですね。

 

屋島山頂夜景

 

イオン高松東店付近

 

 

そして、サンポート高松を望遠で撮影してみました。

 

サンポート高松 夜景

 

いかがでしょうか。
一番最初のブレブレ写真から比べると格段の進化ですよね。

昼間の屋島山頂も絶景ですが、あなたのカメラの設定を少しいじって夜景撮影にもぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
また違った世界が広がりますよ~!

 

 

 

 

投稿者:ガーハラダ
兵庫県出身四国帰化人。爆笑よりクスッ笑いに使命を感じるギリ40代。明太子は心の友。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします