【瀬戸内島旅】ローラさんおすすめの粟島観光スポットに行ってきました。

こんにちは。ガーハラダです。
最近、三豊市詫間沖に浮かぶ粟島が熱いとの噂を聞きつけ、さっそく行ってきました。

と言っても、まったくの予備知識もない状態なのでなんとも心もとない・・・
という事で、まずは三豊市詫間にある観光交流局をいきなり訪ねてみる事に。

 

 

三豊市観光交流局のローラさんと粟井さん。
いきなりアポ無しで押しかけたのにもかかわらず、お二人とも笑顔で迎えてくれました。
取材の主旨を伝えると、粟島に関するパンフレットや地図を手慣れた様子でテキパキと準備。

 

 

粟井さんは最近こちらにお勤めになられたそうで、粟島により詳しいローラさんからいろいろとおすすめスポットを教わりました。

あまりにも笑顔が素敵なお二人に、内心「一緒に来てくれたらめっちゃ楽しいやろなぁ」なんて思いつつ、でもいきなり来てそこまでは無理を言えないだろうという事で、本記事の中でローラさんのおすすめをシンクロさせながらレポートしたいと思います。

ええ、ガーカガワ初の試みです。

好評だったら特許を取りたいと思っております。

ちなみにローラさんは、日本語ばっちりなので、ぜひ三豊市の観光の事でお聞きになりたい人はお気軽に観光交流局まで遊びに来てくださいね~!
あなたの心が病んでなければ、きっと素敵な笑顔で迎えてくれる事でしょう。

 

 

 

 

粟島への行き方

粟島はウミウシのような香川県のちょうどツノにあたる部分、荘内半島のすぐ隣に浮かぶ「ん」のような形の島です。

 

粟島地図

手書きですが、なにか?

 

粟島へは三豊市詫間町の須田港から船が出ています。
それほど頻繁には出ていませんので、事前に必ず時刻をチェックしましょうね。

 

 

ローラさん
車でお越しの際は、須田港に約30台ほど駐車できるスペースがあるので、そちらをご利用ください♪

 

 

いや、、、いちおうローラさんなので・・・

 

ローラさん
休日等はいっぱいの時があるので、その場合は〇〇〇〇にも駐車できます。これ、内緒ですけど♪
ガーハラダ
内緒なので書けません。どうしても知りたい人は直接ローラさんに聞いてみましょう。あなたの心が病んでなければきっと笑顔で教えてくれる事でしょう。(もちろん違法駐車等ではありません。)

※電話より、直接伺ってくださいね。仕事とはいえ、そこはご配慮を。

 

 

駐車場の奥にかわいらしい待合所があります。

 

須田港

 

こちらに券売機がありますので、粟島まで(大人330円)購入します。帰りも同じように粟島港に待合所と券売機がありますので、同様に。

 

しばらくすると、離島感漂う小型の汽船がやってきました。

 

粟島汽船

 

ちなみに、自転車やバイクは乗せる事ができますが、車は無理です。
ペットも可ですが、クレートなどのケースに入れましょう(別途料金要)。

乗船時間は15分。あっという間に粟島です。

 

 

 

 

レトロな雰囲気の粟島海洋記念館

ローラさん
最初のおすすめは、粟島海洋記念館です。港から歩いてすぐですよ♪
ガーハラダ
ちなみに、島内の交通は徒歩以外で何かありますか?
ローラさん
港から海洋記念館に行く途中にレンタサイクルもありますよ。大口しま子さんに500円払って借りてくださいね♪
ガーハラダ
(大口しま子さん・・・ すげぇ名前だな・・・)

 

 

ここかな?

で、大口しま子さんはどちらでしょう・・・

 

 

しま子ーーーっ!

お釣りはどーすんねん!

 

小銭が30円足りなかったので、歩いて行くことにします。

 

5分ほど歩いたところに粟島海洋記念館がありました。

 

粟島海洋記念館

 

粟島海洋記念館は明治30年、国内初の海員養成学校として開校。以来、多くの外洋船員を輩出しました。
大正9年に建築された校舎は、昭和62年の廃校を迎えてからも大切に保存され、現在では昔の船舶機器や模型などの貴重な資料が展示され一般公開されています。

昔懐かしの校舎がいい雰囲気です。

 

粟島海洋記念館粟島海洋記念館

 

瀬戸内海を望む校舎からの景色もフォトジェニックですね。

 

粟島海洋記念館

 

レトロな建物独特の木の匂いがなんとなくノスタルジックな感情を引き出します。
ローラさん、さすがおすすめなだけあって、素敵な場所ですね。次回はじっくり展示物なども見て回ろうと思います。

 

施設名 粟島海洋記念館
所在地 香川県三豊市詫間町粟島1541
電話番号 0875-84-7884
営業時間 9:00~16:00
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始
入場料 無料

 

 

 

なめたらあかん!城山

ローラさん
次におすすめは城山(じょうのやま)山頂からの景色です。登山道入り口から30分ぐらいで登れますよ♪
ガーハラダ
山登りかぁ・・・ 今日は暑いし元気ないなぁ・・・
ローラさん
大丈夫、がんばれーっ♪
ガーハラダ
はーいっ♪

 

と、強がって登山道の入り口まで来たものの、すでにここまで来るのに汗だくです。

 

 

あらためて城山を見上げると、標高222mの威厳に身がすくみました。

 

 

 

めっちゃ、日照りやし!

 

ちなみに、ガースカウターで戦闘力を見てみると・・・

 

 

ご、、ごじゅうさんまん!!

フリーザーかっ!

まぁ、でも観光交流局でローラさんから元気玉もらいましたからね。
とりあえず、がんばるっ!

 

 

めっちゃ登ったはずなのにまだ1合目・・・

 

 

まじかっ!

 

 

もう、ピント合わせる余裕もないし・・・

 

 

なんとか頑張りましたが・・・

5合目で・・・

 

 

あえなく死亡!

 

若い人や普段鍛えている人ならラクに登れるのでしょうが、意外と登山道は急斜面で戦闘力もかなりのものです。体力に自信のない方は余程の覚悟のうえ登ってくださいね。
ましてやこの暑さでしたからね、ナメているとマジで死にます。

ちなみに、この記事は翌日に書いていますが、ふくらはぎから太もも、腰に至るまでサロンパス貼りまくっています・・・

 

 

 

カメラ女子たちの間で話題の漂流郵便局

ローラさん
本当は漂流郵便局もおすすめなんですが、今日はお休みなんですよね。
ガーハラダ
そこ知ってます。なんだか若い人達の間でひそかに話題みたいですね。

 

最近、インスタ等で話題になっている漂流郵便局。
センスの良いホームページやパンフレットが相乗効果を出しているようですが、残念ながら第2、第4土曜日しか開いてないんですよね。
ただ、外観だけでも良いフォトスポットのようですので立ち寄ってみました。

 

漂流郵便局

 

せっかくなので、写真も漂流郵便局のイメージに合わせましょう。
ここは、ホワイトバランスを蛍光灯で。

 

漂流郵便局

 

いつかのどこかのだれか宛
いまここにいるあなたまで

漂流郵便局は、届け先の分からない手紙を受け付ける郵便局であり、「漂流郵便局留め」という形で、いつか宛先不明の存在に届くまで漂流私書箱に手紙を漂わせてお預かり致します。

出典:漂流郵便局パンフレットより

 

つまり、架空の人や過去未来の自分、もう会う事ができない人・・・
そんな「手紙を送る事が出来ない人」に対しての手紙を預かってくれる郵便局といったイメージでしょうか。
なんとなく人生の機微が味わえそうな場所ですね。

 

漂流郵便局

漂流郵便局

 

営業日以外はこちらの郵便受けに投函しても良いそうです。

 

漂流郵便局

 

いろんな人間模様が集まりそうな場所なので、いつか営業日にお邪魔してじっくりお話を伺いたいと思いました。

 

漂流郵便局

 

 

ふと、漂流郵便局の先を見てみると、ご近所のおばちゃんたちがのんびり休憩されていました。
ニコニコとこちらを見ているので挨拶をすると・・・

 

ガーハラダ
こんにちは。暑いですね~

 

 

おばちゃん
今日は特別やな。こっちで休んでいき!うちわ貸したげるけん。
ガーハラダ
もう、暑すぎて、さっき城山に登ろうとしたけど途中で降参して帰ってきました(笑)
おばちゃん
まだ若いのにな。わたしらも若い頃はよう登ったわ
おばちゃん
よう登ったなぁ、ヒャヒャヒャ
ガーハラダ
もうそんなに若くないですよ・・・ つーか、おばちゃんたちも登ってたん?
おばちゃん
そら、若い頃は他になにもないから山しか行くとこないしな。この人は別嬪さんやったんやで。ヒャヒャヒャ♪
おばちゃん
そんな事ないわね、ヒャヒャヒャ♪
ガーハラダ
ヒャヒャヒャ♪
おばちゃん
写真撮るんやったら遠くから撮りな。その方が別嬪やからな。ヒャヒャヒャ♪

 

 

 

ガーハラダ
う、、うん、別嬪さんに撮れた(笑)
おばちゃん
あたしら遠くからがええからな、ヒャヒャヒャ♪
ガーハラダ
よーわからんけど、ヒャヒャヒャ♪
おばちゃん
そのひまわりも撮っときない。ヒャヒャヒャ♪

 

 

ガーハラダ
ヒャヒャヒャ♪
ガーハラダ
ところで、あの漂流郵便局って若い人たちに人気なんですか?
おばちゃん
なんやよー知らんけど、ようけ若い人が来よるなぁ。泣く人もおるしな。
ガーハラダ
えっ?泣くとこなん?!
おばちゃん
死んだ人に手紙出すとこやからなぁ
ガーハラダ
うそぉ?!

 

どうも、地元のおばちゃんたちの間では、亡くなった人に手紙を出す、イタコのような場所として認識されてるようです。
で、おばちゃんたちはそんな「泣いてる人」を横目で見ながらヒャヒャヒャ♪と、いつもと変わらずたわいもない話をしながらのどかに過ごしていると。

 

おばちゃん
まぁいっぱい人が来るからアイスでも売ったら儲かるわな
おばちゃん
でも売れへんかったら大損やな、ヒャヒャヒャ♪
ガーハラダ
いやいや、亡くした人を悲しんでる人にアイス売りつけるんかいっ! まぁ、ええわ。ヒャヒャヒャ♪
おばちゃん
アイスはな、そこの道ずっと下がったところのストアで売ってるわ

 

結局、売らんのかいっ!

 

まぁ、確かにこの暑さでアイスでも食べたくなりました。
あまりおばちゃんたちの憩いを邪魔してはいけないので、早々に退散したのでした。

 

施設名 漂流郵便局
所在地 香川県三豊市詫間町粟島1317-2
電話番号 非公開
営業時間 13:00~16:00
休館日 第2、第4土曜日のみ営業
入場料 無料

 

 

 

他にも何気に愉快な粟島の見どころ

◆武内商店

 

 

さきほどのおばちゃんが教えてくれたストアです(笑)
アイスクリームやビールの他、日用品なども売っている島のコンビニ的なお店でした。

 

 

 

◆ぶいぶい?

 

 

漁に使われたブイ(浮き)を再利用したアート作品が島のそこかしこに飾られていました。
こういうほのぼのとしたアート作品がなにげに和みます。

 

という事で、ローラさんから教えてもらったおすすめスポットを実際に行ってみました。
今回はあまり時間がなかった事もあり、じっくり散策できなかったのですが、島の至る所に粟島らしさを感じる本当になごやかな場所でした。

現実逃避して癒されたい人には特におすすめです!

 

 

取材協力:三豊市観光交流局

 

 

投稿者:ガーハラダ
兵庫県出身四国帰化人。爆笑よりクスッ笑いに使命を感じるギリ40代。明太子は心の友。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします