ガーカガワ

5千円で新型コロナのPCR検査ができる施設が高松に近日オープン

 

合同会社Setolaboは、2020年10月に、新型コロナウイルス(SARS-Cov-2)のPCR検査が行えるSetolabo衛生検査所(別名:中四国PCR検査センター)を完成。現在、高松市保健所の最終認可待ち状態となっており、認可後は即日で1日最大約3500検体の処理能力を誇る中四国最大規模の検査体制を確立する。

認可後は、香川県を中心とした中四国・関西地方のPCR検査を担い、PCR検査を通じて、withコロナ下での感染症に強い経済基盤を作っていく。香川県民向けにはPCR検査が保険適用(3割負担)より低価格の5,000円で受けれるようにしており、逼迫した発熱外来や救急医療の緩和が期待されます。

通常、自費でのPCR検査は2~3万円しますが、Setolabo衛生検査所(中四国PCR検査センター)では5,000円(香川県民以外は7,800円~)と、比較的少ない負担で検査を受けることができます。
また、通常結果が出るまで1~2日かかるところを最短で2~3時間で判明するそう。

現在、高松市保健所の最終認可待ちのようですが、認可後には即日検査を開始するそうです。
認可が年末までに間に合えば、例えば東京や大阪から帰省される際、帰省後ただちにPCR検査を行えば安心してお正月を迎えられますね。「コロナ禍なので今年は帰省するのをやめよう」なんて思われている方には朗報かもしれません。

◆Setolabo衛生検査所(別名:中四国PCR検査センター)
香川県高松市牟礼町牟礼249番地5

 

※プレスリリース提供:PR TIMES