ガーカガワ

【7/22】滝宮で竹あかりの祭典「みんなの想火」開催!ワークショップを覗いてみました。

7月22日に全国47都道府県と世界8ヵ国(予定)で一斉に竹あかりが灯るイベント「みんなの想火」。香川会場である綾川町の滝宮天満宮で行われているワークショップの様子を覗いてきました。

 

東京オリンピックが開幕されるその前夜(7月22日)、世界最大の竹あかりの祭典「みんなの想火」が全国各地と世界8ヵ国で開催されます。
ここ香川では、綾川町にある滝宮天満宮の境内が幻想的な竹あかりに包まれるそうで、今回はその告知ついでにワークショップの様子をお届けします。

 

世界を照らす竹あかりの祭典「みんなの想火」

「みんなの想火(そうか)」は、人とつながりの輪を作ろうと実行委員会が発足し、全国各地の「サムライ」と呼ばれる有志たちが中心となり地域の活性化をはかるイベント。竹害とさえ呼ばれ、環境問題になっている竹の有効活用を行う事によって、自然との共生や地域活性、またSDGsの目標達成にも繋がり、循環型・持続可能な社会実現へのきっかけになればという思いがあるのだそう。

イベントの当日には、オンラインで全国を繋ぎトークイベントを行ったり、全国で作られた竹あかりを1か所に集めて1つの象徴的な作品を作る想火リレーなども行われるそうです。

そんな「みんなの想火」を盛り上げようと、竹灯籠作りのワークショップが行われているというので、ちょっと覗いてみました。
場所はイベントの会場でもある綾川町の滝宮天満宮。

この境内がたくさんの竹あかりに照らされるのかと思うと、今からワクワクします。
ワークショップの会場にお邪魔すると、すでに有志の皆さんが参加者たちに丁寧に竹灯籠の作り方を指導されていました。

竹に貼り付けられた図柄を元に、皆さん真剣な面持ちでドリルで穴をあけています。

親子で工具を使って何かを作る事なんてそうそうないからか、子どもたちは真剣な顔つきの中にもどこか楽しそう。

「みんなの想火」プロジェクトの香川県代表・TEAM YURINの渡辺さんは、長年福祉事業に携わって来られた中で東日本大震災や中四国大洪水での障がい者たちの混乱を目の当たりにされたそう。例えば被害が甚大だった真備町では「亡くなった方の80%近くが要介護者だった」という報告を受け、有事の際、私たちにできる事は何かと考えた末に、結局は隣近所や地域の方との繋がりに頼るしかないと感じるように。
竹あかりを通じて、誰とも垣根のない中で一緒に作り一緒に灯す。そこから人と人の繋がりを生み出し、地域の連帯を高める事に繋がるのではないかと、この活動を始めたそうです。

せっかくなので、編集部からエージェント・ミナミも竹灯籠作りに参加させていただきました。

相変わらず服装は菊リンっぽいけど、工具を使う手はなかなかサマになっています。
気を良くして、ガーカガワの文字も入れるという愚行に走り出す…

でも、いちおうちゃんと読めるやん!

イベント当日にはどこかで光っているかもしれませんので、ぜひ探してみてください(笑)

ついでに幼女隊がお手伝いして出来上がった灯籠も。

上手にできたね!

みんなの想いを繋ぐ竹あかりの祭典「みんなの想火」。
7月22日のイベントに向けてワークショップも何度か開催されるそうです。また、当日はオンラインでも配信されるので、いろんな形で楽しんでみられてはいかがでしょうか?

 

イベント名みんなの想火
開催日時2021年7月22日
18:00点灯~21:00
開催地滝宮天満宮境内
綾歌郡綾川町滝宮1314
入場料等なし
主催者合同会社ゆうりん
お問合わせ087-813-5375