撮影・広告のご案内

ひまつぶしにガーカガワ

撮影・広告のご案内

 

あなたのお店を有名店に!
ガーカガワをお店や企業の広報担当者としてご活用ください。

 

香川県の「ヒト」「モノ」「コト」にスポットを当て、自分の足で取材し、クスッ笑いを交えながら一次情報を読者の皆さまにお届けするガーカガワ。
広告を募集しておいて矛盾があるかもしれませんが、2017年5月のスタートからあえて広告宣伝には1円も使わず、コンテンツ力のみで運営してきました。その理由は、生きたアクセス(=画面の前の『人』)を集めたかったからです。

おかげさまで、取材先等で「この前の記事笑いました」「次の記事が楽しみ!」といった声や、「記事を見たお客さんからいきなり予約が入りました」「やたらとランチのお客様が増えた」などの直接集客に貢献した事例など、濃い読者さまに支えられております。

 

現在の媒体データー
● 月間ユーザー数 17,702
● 月間ページビュー 33,900
● Facebookページ いいね数 579
● Twitter フォロワー数 22,607(運営者個人アカウントからの移行)
● 読者層は男性4対女性6、年齢層は25~44歳が最も多い。
※ともに2018年3月31日現在

 

人口約100万人の小さな香川県という事を勘案すると、全国規模のサイト換算(人口比)で約440万ページビュー相当となります。
また、ゆったりではありますが、月を追うごとに増加しておりますので、コンテンツ勝負の媒体としてはそう悪い数字でもないと考えます。
また、自然検索からの流入が約8割となっており、検索キーワードが上位に表示されやすいサイト構成ともなっております。

ただし、広告出稿を考える時、サイト全体のアクセス数より個別記事の流入が大切なのは言うまでもありません。
数百万ものアクセスがあるサイトさんは記事数も膨大ですので、案外ひとつの記事だけを見てみるとそれほどアクセスがないという事もあるわけです。

本誌ガーカガワについては、「SNS受けする記事」と「検索キーワード狙いの記事」、それと、「アクセスは二の次のとにかく面白い記事」に分けられますので、当然記事によりアクセス数のバラツキはあります。
そんな中で、読者様の反応から逆算した記事の書き方を意識しております。(1万のアクセスで10人の反応を得るか、100のアクセスで10人の反応を得るのかを考えた時、現状では後者を目指す記事の書き方です。)

ただ、これだと何だかよく分からないと思いますので、検索キーワード狙いの記事での平均的な目安をお伝えしますと、

 

1記事あたりの標準的なページビュー
● 記事掲載後最初の1週間で約200~400(SNSからの流入と常連層からの流入)
● その後は主に検索エンジンからの流入で月間400~800
● そこそこヒットした記事で、月間1,500~2,000がちらほら。中には驚異的なアクセスを集める記事もありますが、広告を考えるうえで上に極端なものは評価外とします。
● ちなみに、ダメダメな記事だと月間50件くらいです(涙)

 

というイメージです。
ちなみに、月間1,000件をリスティング広告に換算すると、キーワードにもよりますが月間30,000円~50,000円相当でしょうか。
(数円からの低単価のキーワードで月間1,000件の流入は相当なテクニックが必要なので、結局は人件費に持って行かれます)

以上をふまえていただいて、以下の撮影・広告メニューをご案内いたします。

 

ガーハラダ
広告出稿を考える時、サイト全体のアクセス数も大事ですが、読者層や1記事あたりのアクセス数を見る事をおすすめします。

 

 

撮影+広告記事によるブランディング

 

ガーカガワも開設から1年が近づき、広告のお問合わせも若干出てきました。
また、クスッ笑い至上主義と言いつつ、実はメディアとしてのクオリティーは一定のレベルを保ちたいという考えから記事に使われている写真画像にはそこそここだわっています。

 

 

記事をご覧になって編集部の方に写真撮影のご依頼もいただくようになり、実はこちらに関しては内々にお仕事をお受けしています。

そこで、媒体としての広告を募集するにあたって、ついでに広告主様のブランディングにも寄与しようという事で、以下のメニューをご用意いたしました。
インスタグラムの人気と共に、ここ数年、一般の人たちの写真に対する目も肥えてきており、写真のクオリティーが売り上げに直結する時代となりました。ぜひご検討下さい。

 

イベント撮影+レポート記事

セミナーやお教室、マルシェなどイベント主催者様は写真どころではなく、終わってみればたいした写真が撮れてなかった・・・という事も多いですよね。
そして、次回のイベントを告知する際に「ちゃんとした写真を撮るべきだった」と後悔する・・・

本企画は、実際に編集部があなたの主催するイベントに訪問し、お手軽価格で写真撮影を行います。
写真画像データー納品と、ガーカガワ上でのレポート記事を掲載するパッケージです。

詳しくはこちら

 

店舗・商品撮影+ダイジェスト記事

webやSNS、クチコミサイトやショッピングサイトなど、店舗や商品、サービスのイメージ画像を使用する頻度も多くなってきました。
webマーケティングにおいては「写真の出来映えが売上に直結する」というのはもはや常識、多くの事業所さんでプロのカメラマンに撮影を依頼するシーンも増えてきました。

本企画は、編集部があなたのお店に訪問し、キャンペーン価格で写真撮影を行います。
写真画像データー納品と、ガーカガワ上でのダイジェスト記事を掲載するパッケージです。

詳しくはこちら

 

 

商用ポートレート撮影

ポートレートとは肖像写真、つまりあなたの顔写真の事。
webでの情報発信においては「お店の人ってどんな人?」が分かる媒体はお客様が安心される要因となります。
ただし、適当な顔写真を出していると、かえって逆効果になる事も多いのです。
本人が気づいてないだけでイタい写真が多く露出しているのが現状だと思います。

本企画は、webマーケティングに精通する編集者が、あなたのイメージやお店のイメージに合った、印象の良いポートレート撮影を行うサービスです。

 

ガーハラダ
webマーケティングのコンサルタント経験10年以上の僕が、あなたを美男美女に撮影します!(笑)

詳しくはこちら

 

 

定期的な情報発信によるブランディング

 

お店の親しみやすさをお伝えして「こんなお店に行ってみたい」と思わせる広告は誰しもが一度はやってみたいと思われるはず。
でも、それを一回の広告で完璧にお伝えするのは至難のワザです。

そこで、各社さまざまな接点を増やそうと努力されているわけですが、単純接触効果(ザイオンス効果)と言って、接触する頻度を上げると人は好意を持ってくれる事は心理学の分野ではすでに実証されている事なんですね。

この企画は、月額契約であなたのお店のニュース配信とともに、月1度の編集部記事によりお店の事を多く知ってもらう広告となります。
月1度の訪問の際には、マーケティング関係のさまざまなご相談により売上アップをはかれるのも利点です。

 

広告定期契約(ニュース配信)

月額契約で、月4件までのお店からのニュース配信と、月1回の編集部による取材記事を行うパッケージです。
また、これまで10年以上のマーケティングコンサルタント経験をふまえた豊富な事例により、あなたのお店の売上アップに関するさまざまなご相談に対応いたします。
また、広告定期契約をお申込みいただいた方には、特典としてホンマルラジオさんの番組にゲスト出演していただけます。ぜひ有効な宣伝にご活用ください。

尚、編集部のキャパシティーもございますので、当面は10店舗様限定とさせていただきます。

詳しくはこちら

 

 

通常の取材と広告記事の違いは?

 

これまでプレスリリースや取材のご依頼をお受けしておりましたが、それらと広告記事との大きな違いは確実に記事にされるかどうかという点です。

従来のブレスリリースや取材のご依頼も継続いたしますが、一般的なメディアと同じで、媒体として面白い記事のみ掲載しています。
もちろん広告記事だからといってつまらないものは採用しませんが、広告主様の読者受けするテーマを探し出し、楽しく読んでいただく事でほぼすべての情報を発信する事ができます。

ただし、読者様に広告記事である事が分かるよう、記事本文最下部に表示させていただきます。
また、ガーカガワとしての信頼性を維持するために、提灯記事のような極端なプロモーション記事はご遠慮いただいております。昨今は、web上でも「売り込み」は嫌われる傾向にありますので広告主様のためにもなりません。あらかじめご了承ください。

 

従来通り、プレスリリースや取材のご依頼もお受けしております。
ぜひご活用くださいませ。

取材のご依頼はこちら

 

 

 

 

投稿者:ガーハラダ
兵庫県出身四国帰化人。爆笑よりクスッ笑いに使命を感じるギリ40代。明太子は心の友。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします