とあるサポーターです。カマタマーレ讃岐愛を語らせてくれ!

ひまつぶしにガーカガワ

はじめまして。
初めてガーカガワに執筆させていただくトランディです。
今回は、自己紹介代わりに私が愛するカマタマーレ讃岐について書いてみたいと思います。
サッカー好きの方もそうでない方も、ぜひ暇つぶしにご覧いただけると嬉しいです。

 

カマタマーレ讃岐

 

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、香川県は日本一狭い県です。
その狭い県にプロスポーツ団体が4団体存在します。

その内の一つ、我が家が熱心に応援しているチームの紹介をさせて頂きます。
それはJ2リーグに所属している「カマタマーレ讃岐」です。

チーム名を聞いてどう思いますか?
私がこのチーム名を聞いた時は、

「またうどんか。釜玉うどんでカマタマーレって!しかもJ2?弱いじゃん。誰が観に行くんな」

でした。
(Wikipediaではカマタマーレの由来は釜玉うどんとイタリア語で海という意味のマーレを合わせたらしい。)

 

 

観戦のきっかけ+思い出

 

2016年カマタマーレの戦績も気にする事もなく日々過ごしていると、ある日馴染みの居酒屋さんから「カマタマーレを観に行こう」と誘われました。
最初は断っていましたが、もう断る理由もなくなってきたので、スタジアムに行く事に。
J2は元より、Jリーグ自体見ないので対どこ戦を観に行くか家族会議を開きました。
調べると先の対戦相手にセレッソ大阪が。
私でも聞いた事あるチーム。
セレッソって今J2なの?じゃあ行ってみようか。みたいな。

スタジアムに着くとユニフォームを着た人がいっぱい。
あれ?讃岐って人気チーム?と思うくらい。
その日の観客は1万超。(後にも先にも1万超はこの日だけ)
観戦中自然と「あぁ~、うわ~」等の声が出ていました。
結果も伴い、何と讃岐の勝利。

 

面白いじゃん!

 

これが観終わった後の感想。
次はどこ戦を観に行くかと探す自分がいました。
今ではよっぽどの用事がない限り、ホーム戦は観に行く様にしています。

 

カマタマーレ サポーター

 

 

私の勝手なチーム紹介

 

・ホームスタジアムは丸亀のピカラスタジアム

収容人数はリーグトップクラスの2万人超。

 

・観客極少

昨年のセレッソ大阪戦はスポンサーの動員努力による奇跡。
いつもは1試合2~3000人。

 

・日本代表クラスの選手はいません。

ただ、元日本代表の我那覇和樹選手が所属しています。

 

・リーグ順位は下の方

毎年J3への降格争い実施中、最後まで気が抜けません。

 

・会いに行けるプロスポーツ選手

ホーム戦の何日か前にはJR高松駅で選手がチラシ配りをする時があります。
人当たりの良い選手ばかり。
練習の時の距離感も近い。
試合後の出待ちでも待っている人が少ないので、選手との距離が近い。

 

・相手サポーターへのおもてなし、温かさ

スタジアム広場でのおもてなしブースが    あったり、遠路来てくれた相手サポーターへのエールがあったりと、「皆んなで試合を盛り上げよう」感が素晴らしい。

 

 

はっきり言って弱いです。
下位チームなので勝つ事が少ないので、モヤモヤする事が多い事。
その分、点を取った時の嬉しさ、勝った時の喜びが半端ない。
母性なのか父性なのか、「私達が支えてあげないと!!」と思わせる連中。

眠たい試合もしますが、心踊る試合も出来るのです。
まだ見た事がない方、一度見てください。
前に見た事がある方、一回や二回では良い試合に当たる事は少ないですよ。何度も行かないと。

弱くても勝てなくてもスタジアムに行けば何故か高揚する自分がいます。

 

 

さぁ、みんなでカマタマーレを観戦しよう!

 

11/9時点で2017年シーズンも残り2試合。
11/19のシーズン最終戦はホームであの「名古屋グランパス」です。

昨年までJ1にいたチーム。
Jリーグが誕生した時からいた古豪、名門。
強いでしょう。負ける確率が高いでしょう。
でも戦う以上、勝つ可能性があります。
私が見に行ったセレッソ戦の様に。

グランパスの上手さを見に来るのも良し、讃岐の必死に負けに抗う姿を見に来るのも良し。
スタジアムならではの雰囲気、空気をぜひ味わいに来てください。

あっ、「カマロックフェス」なるものも行われます。
詳しくはカマタマーレ讃岐公式ホームページで。

 

 

 

 
投稿者:トランディ
スポーツ(カマタマーレ讃岐、プロ野球他)、飲食、犬、猫に興味があります。 このサイトを通じて色々な情報を共有できたらと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします