ガーカガワ

まるがめチャコリスタンド ~丸亀の魅力とスペインの空気を感じる立ち飲み店~

すっかりシャッター街となってしまった丸亀市の通町商店街におしゃれな立ち飲みスタンドがあると聞き、さっそくお邪魔しました。

 

 

丸亀市通町商店街の通り沿いにあり、丸亀の食品や工芸品などを通じて地域の魅力や作り手の想いを発信するOIKAZE SHOPさん。
毎週水・木・金曜日の夕方からは、丸亀市の姉妹都市であるサン・セバスティアン市(スペイン)があるバスク地方のワイン「チャコリ」を楽しめる「まるがめチャコリスタンド」として営業されています。

最近ではすっかり外飲みをしなくなった事もあって実は僕も知らなかったお店なのですが、丸亀市観光親善大使でもある篠田綾香さんがおすすめするので、「じゃあ綾香さん、連れてって~!」という軽いノリでいそいそとお邪魔したのでした。

 

立ち飲みの気軽さで軽く一杯が楽しい、人と情報も集まるスタンド

最初、篠田さんからお店の事を聞いた時は、「丸亀の魅力を発信するお店がなんでスペインのワインなの?」と思ったのですが、丸亀市の姉妹都市と聞いて納得。逆にスペインには丸亀の名産品などを扱うお店もあったりするのかな…なんて想像すると楽しくなります。

昼間(11:00~17:00・火曜日定休)営業しているOIKAZE SHOPさんがそのままスタンドになるので、よくある居酒屋やショットバーとはまるで趣が違います。お酒を飲みながら丸亀のギフトやおみやげを眺めるという楽しい体験ができるのです。

商品代金にプラス100円を払えば、その場で缶詰も食べられるというアイディアも食欲をそそります。篠田さんもいろいろ物色していました。

メニューは、スペイン・バスク地方の伝統的なワインである「チャコリ」をはじめ、ビールや焼酎、果樹酒、ノンアルコールドリンクも豊富。おつまみやデザートも、それほど種類は多くはないけど厳選した逸品ばかりという印象です。
オーダー時にその都度支払うキャッシュオン形式なので、いちいち計算しながら飲まなくていいのも嬉しいところ。

そうこうするうちに店内もお客さん達で賑ってきました。

実は別のロケで車で観音寺まで行った帰りだったのでお酒は飲めません。かわいくオレンジジュースを飲みながらお客さんたちと談笑していると、おつまみ代わりにオーダーした「小エビのアヒージョ(800円・税込)」が出来上がりました。

これがなんと、めちゃウマ!
ほど良くにんにくが効いたオイル感は、エビだけにやめられないとまらない。添えられたバゲットを浸して食べるとさらに美味しくて、これはおすすめ! ほんと、なんで車で来たかなぁ… ビールが飲みたい!

篠田さんが物色したお煎餅や生キャラメルも美味しかったです。

ふと「こんばんは~」という声に振り返ると、以前取材でお伺いした旅籠屋Tonbiiiの清水さん!

関連記事 旅籠屋Tonbiii(とんび)で手軽に本藍染体験!めっちゃなごんだ。

実は、こちらのお店にもTonbiiiさんのうちわが販売されていて、清水さんがさりげに目くばせするのでパシャリ。

清水さん、これでいいっすか?(笑)

ついでにご紹介すると、つい今しがた知り合ったミロクビールの岩城さん。丸亀の地で醸造したビールにめっちゃ興味が湧いたので、近々取材したいと思います。

他にも野菜コーディネーターをされているという美人マダムや地域おこし協力隊の方にもお知り合いになれました。
こういう、気軽にお客さんたちと話が出来るのも立ち飲みスタイルの良いところですよね。人が集まれば自然と情報も集まってきますしね。

にこにこ笑顔のマスターをはじめ、地元のお客さんたちが集うあったかい雰囲気のお店。
仕事帰りに軽く一杯いかがでしょうか?

 

店名まるがめチャコリスタンド
所在地丸亀市通町35-2
電話番号0877-58-1088
営業時間17:30~20:30
定休日水~金曜日のみ営業
駐車場なし