ガーカガワ

【OPEN】スープで食べるハンバーグが絶品!’99 BABY’s CAFE 円座にオープン

【4/10 OPEN!】高松市円座町におしゃれなハンバーグスープ専門店「’99 BABY’s CAFE(ナインティナインベビーズカフェ)」がオープン! ひと足お先にプレオープンにお邪魔しました。

 

高松市円座町、高い煙突が目印の「’99 BABY’s CAFE(ナインティナインベビーズカフェ)」がオープン!
築100年以上にもなる酒蔵の古き良き時代の雰囲気を残しつつおしゃれにリノベーションした建物は、その佇まいだけでも迫力があります。

この画像を見て「あれ? ここってクローバーカフェじゃないの?」と思われた方、正解です。実はこのたび若い2人の女性に営業を委ね、新しく生まれ変わったのです。店名の由来はその女性たちの生まれた年にちなんだものなんだそう。

さっそく店内にお邪魔すると、居心地の良かった内装はほとんどそのまま。元が良かっただけに、変にいじってアンバランスになることを考えればこれで正解、むしろ安心感があって僕は好きですね。

ただ、よく見ると所々にポップな飾りつけがされていて、思わずクスッとなりました。

ちょっとカジュアルに、さりげなく個性を出しているところがいいですね~!

 

ハンバーグをスープで食べるという、ありそうでなかなかない新感覚な食感!

さて、ひととおり店内を拝見したところでテーブルに腰かけます。
コロナ禍もあって密を気にされる人も多いと思いますが、この広い空間にたっぷり間隔を空けて各テーブル席が配置されているので安心。

気になるメニューはこちらのとおり。
ハンバーグとスープをそれぞれ好きなものを組み合わせて自由にカスタマイズできるのが特徴。セルフ方式なので、カウンターで注文します。

ハンバーグはそれぞれ150gと200gの2種類の大きさが選べるのが嬉しい。ハンバーグスープというものが初体験だったので、おすすめのこちらをチョイスしました。

オリジナルハンバーグ+日替わりスープ(900円)。

ハンバーグはしっかりとした食感で、それでいて嫌な肉肉しさがない。ハンバーグスープというイメージから煮込んでいるのかな…と思ったのですが、しっかりグリルで焼いた香ばしいハンバーグをスープに浸しましたという感じです。
クリーミーなスープとの相性も良く、予想していた5倍美味しかったです!(笑)

ちなみに、賄いで食べる時に後で食器を洗うのが面倒でハンバーグとスープを同じ器に入れたら思いのほか美味しかった… という体験から着想したメニューなんだそうで、この辺りの発想も面白いですね。

パンかライスが選べるので、今回はパンをチョイス。

ライスとの組み合わせも魅力的ですが、やっぱりスープなのでパンにしたらこれが正解でした。
トーストってお店によって焼き加減が違ってたりするのですが、こちらは軽く焼いてる感じなので少しサクッとしていてもっちりが残っている。スープと合わせるならこれしかないという焼き加減で、しっかり考えてるなぁ~とまたまた感心しました。

食後の珈琲も、クローバーカフェさんの頃と同じ味でとっても美味しゅうございました!

ハンバーグって、何気に病みつきになりやすい料理だと思いませんか? 美味しいお店には本能的に通いたくなるみたいな…
「’99 BABY’s CAFE」さんのハンバーグスープは、沼落ちしそうな予感がする絶品ランチでした。

 

店舗名'99 BABY's CAFE(ナインティナインベビーズカフェ)
所在地高松市円座町979-1
電話番号087-814-6711
営業時間月・水・木曜日 11:00~16:00
金・土・日曜日 11:00~16:00、17:30~22:00
休業日火曜日
駐車場あり