ガーカガワ

四国71番札所・弥谷寺の紅葉はもうちょい先。現在の様子など

紅葉の名所としても知られる四国八十八か所第71番札所・弥谷寺(いやだにじ)に立ち寄りました。紅葉はもうちょい先かな・・・

 

香川でも山間部ではそろそろ紅葉も色づいているという噂もちらほら届くようになり、カメラ片手にうずうずしている人も多いのではないでしょうか?
という事で、お忙しい皆さんのために、紅葉の名所でもある第71番札所・三豊市にある弥谷寺(いやだにじ)に立ち寄り、紅葉は現状どんな感じか見てきましたので、ざっと紹介しますね。

 

本堂まで540段の階段、さてどうする?

四国八十八か所のお寺の中には難攻不落な名刹も多いのですが、この弥谷寺もなかなかのものです。
駐車場から山道を登っていくわけですが、本堂までの階段はなんと540段!
普段の運動不足は言われるまでもなく自覚している僕としては、案内板を見ながらしばし呆然としておりました。

で、ふとあたりを見渡してみると・・・

バスがあるやん!♡

待合室にいたおじさんに聞いてみると、上りは400円、下りは200円との事。
「若いのに頑張らんかい」と笑われながらも(てゆうか、そんな若くないんですけど…)、無理して階段を登った日には、翌々日には筋肉痛確定なので、ここは無理せずバスを利用する事にしました。

乗車時間は5~6分ぐらいだったかな… マイクロバスに揺られてお寺の入り口に到着しました。

 

紅葉はまだまた。現状青々としてました…

バスが到着したのは、本堂まで140段を残した場所。まだ140段もあるのか…なんてヘタってましたが、ご年配の参拝者さんたちがシャキシャキ歩き出したので、気を取り直して進むことに。

まずは大師堂。

意外と余裕やん! とか言いながら階段を登りきったところで軽くけつまづきましたが、これがなんともいい雰囲気のお堂です。

大師堂の中は絢爛たる装飾や仏像などが佇み、たくさんのお守りやお札なども売られていました。
お堂の中でバシャバシャ撮影するのは憚りがあったので、ここは行ってからのお楽しみとさせてください。

そして、本堂へ向かう道々には多くのお地蔵さんが見守るように立っています。

そして、本堂の手前の階段。おそらくこのあたりの紅葉が一番綺麗なんだろうな。

まだ青々としていますので、紅く色づくにはまだまだかかりそうです。

根性で紅くなっているものを探すと、一枚だけかろうじて見つけました。

君、早熟だねぇ~(笑)

聞けば見ごろは11月末より12月始め頃だそうです。あと2~3週間で紅くなるという想像ができなかったのですが、紅くなりだしたら一気に見ごろになるんでしょうね。

ついでに本堂にもお参りして・・・

帰りは下りなので大丈夫だろうと、徒歩で頑張りました。

ていうか・・・

いきなり108段の階段とか・・・

延々登ってきた一番最後にトドメの一発的にこれがあると、きっとその場で死んでた事でしょう。

バスで良かった・・・

でも、階段を下りながら思ったのですが、これは意外といけるんじゃないかという事。

ところどころに立っているお地蔵さんを見たり、すがすがしい森の景色なんかも案外癒されますので、540段はあっという間かもしれませんね。

みなさんものんびり階段を登りながら弥谷寺の紅葉を楽しまれてはいかがでしょうか?
なかなか趣のある良いお寺でしたよ。

おしまい。

 

 

スポンサー・広告募集