ガーカガワ

私のお気に入り #04「宇多津古街(こまち)の古い町並み散歩」

地元のおすすめは地元民に聞け! 
ゲストがおすすめする「私のお気に入り」。今回はキックボクシングやチアダンスなどで活動する、たていしやよいさんのお気に入り「宇多津古街」を散策してきました。

 

やよいさん
「宇多津と言えば浜側が注目されがちですが、旧市街である古街も昔ながらの風情が残っていておすすめなんです!」

 

好評の「私のお気に入り」企画の第四弾。今回は、「おとなの旅」みたいなイメージで、地元を知り尽くす たていしやよいさんが宇多津町の古い町並みが今も残る古街(こまち)を案内してくれます。

 

1~2時間の散策にちょうど良い。古い街並みに癒される「宇多津古街」

宇多津古街は、宇多津町役場から南側一帯に広がる旧市街で、かつては塩の港町として栄え、現在も多くの町家が残っています。
その中でも象徴的な建物、倉の館三角邸から今回の散策をスタート。

三角屋根が特徴の倉の館三角邸(旧堺邸)は、この地の豪商が昭和初期に建てたもの。接客用として使われ、書院造の大広間や雪見障子がしつらえられた茶室などの純和風な佇まいに、ステンドグラスをはめ込んだハイカラな三角屋根という組み合わせに大正ロマンを感じる建物です。

いきなりのクライマックスにショートケーキの苺を先に食べちゃったみたいな流れですが、生クリームやスポンジにも美味しさがあります。それではゆっくり宇多津古街を散策してみましょう。

って、古い町並みちゃうやん!

というツッコミが聞こえて来そうですが、三角屋根ごしにアーチ状の良さげな橋が見えたのでちょっと寄り道。いささか強引ですが、古い町並みにはいい感じの川が付き物なのです。

それでは気を取り直して散策を再開します。目的地も決めず、地図も見ずになんとなく歩くと、なかなかこれが風情ある町並みである事に気づきます。

ふと見ると、八百屋さんかな? 生活雑貨なども売っている懐かしい感じの庶民的なお店を発見。

店番をされていたおばあちゃまに撮影許可をもらったら「いやもう~、こんなおんぼろな店やのに恥ずかしいわ~」と言われるのをやよいさんが「それがいいんですよ~(笑)」と返して「おいっ!」と思いましたが、にこにこ顔で快諾いただき撮影。
こういうお店ってなんだかほっとしませんか?

そして、ちょっとした公園でしばし休憩のフリ。

ふと見渡すと、これまた立派な建物が…

鎌倉時代に創設されたという浄土真宗本願寺派のお寺・西光寺さん。立派な塀に圧倒されます。

そしてさっきから気になっていたのですが、街並みを案内するかのように路地にはレンガが敷かれていたり、古い民家にはかわいい案内表示が飾られていたりで、観光地としてきちんと取り組まれている様子がうかがえます。

こういうひっそりとした町並みなどは、どうしても人様の生活空間にお邪魔するので遠慮がちになってしまうのですが、こういった歓迎ムードを感じると「ああ、ここは観光してもいいんだ…」と安心できるのが有難いですね。

さらに町並みを散策します。
古い町家と最近建てられたような民家、そしてお寺や神社などが混在する町並みは、生活感もあってどこかほっとします。

ひっそりとした町並みに突然ファンキーな建物が!

駄菓子屋菓楓(かふう)さん。
突然お邪魔しましたが、こちらもお店のおじさんが快諾してくれたので店内を撮影。ほとんど人通りのない路地なのに、子どもたちが次々と買いにやってくるのが微笑ましい。

この駄菓子屋さんはまたじっくり来ようと思いました。人肌を感じるいいお店。

そして、今回の散策の最後は宇夫階(うぶしな)神社に立ち寄って、今年一年無事で過ごせたことに感謝しながら参拝して締めくくりました。

来年もいい事がありますように…

という事で今回は たていしやよいさんのお気に入り「宇多津古街」を散策してみました。
全国には完全に観光地化された町並み保存地区や、小京都と呼ばれる場所も多いのですが、宇多津古街はそこまで観光地として完成された場所ではありませんでした。でも、良い意味で人々の生活感というか、日常感というか、すっぴんの良さを感じる素敵な町並みでした。

ほんの1時間ばかりの散策でしたが、意外と楽しかったですよ~!

 

案内人 = たていしやよい / Instagram @yayoitateishi
MST kickstyles GYM所属アマチュアキックボクサー。プロバスケットボールbリーグ香川ファイブアローズ専属チアダンスチーム
Sunny Arcs(サニーアークス)練習生として活動中。来春宇多津にprivate salon「Tresor」(トレゾァ)をオープン予定。