ガーカガワ

道後温泉本館が改修工事中なのにあえて行ってみた。混雑状況、鯛めし情報など

道後温泉本館

今年の1月から約7年の予定で始まった道後温泉本館の保存修理工事。工事によって景観がどう変わったのかが気になったので、松山に行ったついでに道後を巡ってきました。

 

こんにちは。
元関西人のくせに、実は松山にはのべ8年弱住んだことがあるガーハラダです。
その証拠に「愛媛の歌」を知ってます。ふるさとふるさーとー わーがーえーひーめ~♬

というわけで、道後温泉にはそこそこ愛着を持っているのですが、この1月から保存修理工事が行われていると聞き、いつもと違う表情の道後温泉本館を見たくなって松山に行ってきました。
「道後温泉に行きたいけど、今は工事中だから別の所に行こかな・・」なんて思っている人こそ、ぜひご覧くださいね。

お盆期間中の割には混雑してない?

道後温泉駅

伊予鉄の路面電車でやってきたように見せかけたいので、お決まりの道後温泉駅からスタートします。

実は車でやって来たのですが、お盆休み期間中の8月12日にもかかわらず、ちょっと中心から外れるとすぐに空きの駐車場が見つかりました。大きな駐車場はあまりないのですが、数台止められるコインパーキングがちょこちょこあるので適当に止められると思います。

で、その道後温泉駅なのですが、もうお馴染みの坊ちゃん列車より驚いたのがこちらの車両。

なんか松山っぽくない!

松山と言えば、レトロな路面電車がゴーーッと音をたてながら街を進む風景が好きだったのに・・・
郊外電車も以前はオレンジとアイボリーのツートンカラーが良かったのに、ビビットなオレンジ一色になっていました。このオレンジは温州みかんの色じゃないと思うんですけどね。ちょっと残念。

と、松山はいつまでも田舎っぽさを残してほしいと勝手な事を思いながら道後温泉駅に背を向けると、いきなり歩き始めて数秒で休憩できる魅力的な場所が!

道後温泉足湯

足湯があるやん♡

まだぜんぜん疲れてないけど、足湯を見たら条件反射的に足をつっこみたくなってしばし休憩。
「僕、どこから来たの?」と、隣で足湯に浸かっている少年に声をかけるとガン無視されたので「ニーハオ」と言ったら「アンニョン」と返してくれました。こんな時なのに韓国から観光に来てくれてありがとう・・・

ちなみに道後温泉街にはホテルの入り口などに数か所足湯があるのですが、僕のおすすめは道後温泉本館をさらに坂を上がったところにある大和屋本店さんの足湯です。

大和屋本店 足湯

無料で、誰でも自由に利用できるんですよね。比較的広くて風情があるのでゆっくりできますよ。

大和屋本店 足湯

そして、道後温泉駅から商店街をすすんで道後温泉本館に向かったわけですが、確かに人で混雑してはいるのですが、お盆休みと考えたらむしろ少ない印象です。
やはり修理保存工事の影響で、客足も少し鈍いのかな・・・

道後商店街

人混みが苦手な人には、むしろ好都合かもしれませんね。

道後温泉本館は部分営業中

そして商店街を抜けると、正面にはお馴染み道後温泉本館が堂々と佇んでいます。
正面入り口は閉鎖されて、アートな幕が張られていました。

道後温泉本館

と言っても、一見、本館正面は特に変わった様子はありません。
人力車が並んでいるのもいつもの光景です。

まだ本格的な工事は始まってないのかな?
なんて、建物をぐるりと回ってみると・・・

道後温泉本館 改修工事

なんか、映画の特設セットみたいになってる!

本館建物の後部半分ぐらいが、すっぽりと素屋根に覆われています。
その巣屋根には、無機質なシートで景観を壊さないよう火の鳥をテーマとしたラッピングアートが書かれていました。
こういう風景もなかなか貴重なので、この写真は永久保存版にしておこう。

ちなみに、工事中も温泉は部分的に営業が続けられています。(今のところ神の湯のみ営業中)
正面玄関から向かって左手に回り込んだ場所が入り口となっていました。

さすがにここは結構人が並んでいたので、時間は余裕を見ておいた方がいいと思います。
僕は足湯で満足したので、また別の機会にでも。

宇和島鯛めしはここが穴場!

道後温泉街を歩いてて妙に目に付いたのが「宇和島鯛めし」の文字。
最近は松山でも宇和島の鯛めしが食べられるのか・・・ なんて感心するうちにだんだんと鯛めしの口になってきました。

でも、さすがにお昼時はどこも長蛇の列、しかも軒並み2,000円以上するという価格設定は、ふらっと立ち寄った身には少々敷居が高い。
さてどうしたものかと考えながら商店街から外れると、なんかド派手なお店が!

瀬戸内料理 金兵衛

瀬戸内料理金兵衛さん。

商店街から外れているからか、はたまたたまたま運が良かっただけなのか、人が並んでいる様子がない。
しかも、店先にはメニューと価格が書かれているのですが、他店に比べるとお値段もリーズナブル。

1,280円なら行くよね~! って事でさっそくお邪魔しました。

ひとりという事もあってすぐにカウンター席に案内されて待つこと数分、活気のある店内の雰囲気の良さを感じながら汗も引いたところで、タイミングよく料理が運ばれてきました。

※宇和島鯛めし 1,280円(税別)

鯛めしと言えば、鯛をご飯と一緒に炊き込んでいるというイメージなのですが、宇和島の鯛めしは刺身として出て来る漁師めしのようなイメージです。
ブリップリッな新鮮な鯛が食欲をそそります。

おもむろに鯛の切り身をご飯にのせて、生卵が入った特製のタレと薬味を豪快にかけると・・・

宇和島鯛めし

やばい! 旨すぎる!!

なんか究極の玉子かけごはんやん!

暑さのあまりヘビーなものは勘弁してほしかったのですが、このあっさりとした鯛めしならいくらでもイケます。
多分、道後温泉に来るたびに通ってしまうんだろうなぁ~
そんな確信さえ持ってしまうほど病みつきになる美味しさでした。

こちらは結構穴場なんじゃないでしょうか?

店名 瀬戸内料理 金兵衛
所在地 愛媛県松山市道後湯之町14-17
電話番号 089-993-5511
営業時間 ・平日
11:00~15:00(L.O.14:30)
17:00~25:00(L.O.24:30)
・土日祝日
11:00~25:00(L.O.24:30)
定休日 年中無休
駐車場 なし

 

と、改修工事中の道後温泉本館と、その混雑ぶりなんかをざっとお届けしました。
香川県民の皆さんにとって、道後温泉は「ちょっと遠出をしたいな」と思った時に必ず候補に上がるほど知られた存在だと思います。思い立てば案外気楽に行ける場所ですが、あえて改修工事を行っているこの時期に行ってみるのも話のネタに良いのではないでしょうか?

おしまい。

 

スポンサー・広告募集