ガーカガワ

山野上葵 chill out オキオリーブ

meets AOI YAMANOUE

テレビや雑誌などで活躍されているモデルの山野上葵さん。
最近、オリーブ推しが強い本誌ガーカガワですが、県木であるオリーブの収穫時期なんだからしょうがない!
そんな実りの時期に、「実は食べるの大好き」という葵さんに、食欲の秋だからとこじつけてオリーブ園でチルっていただきました。 

meets OKI OLIVE

高松市西植田にあるオキオリーブ高松農園さん。
神内池を見下ろす一枚バーンのオリーブ農園は今が摘み頃。収穫したオリーブはその日のうちに搾り、緑色が鮮やかな高級レストランご用達のオリーブオイルに加工されます。
11月には青空レストランも完成予定、素晴らしい景色を見ながらのんびり過ごすのに最適です。

SNSでインフルエンサーとしても活躍中の葵さん。カメラ片手にオリーブ農園を散策いただきました。

この日はあいにく雨が降ったりやんだりの空模様。少しがっかりしながらオリーブ農園を散策したのですが、雨露がキラキラ光るオリーブの実や雨上がりのやわらかい光が、いつもとは違った農園の表情を見せてくれました。
SNSでインフルエンサーとしても活躍している葵さんは、さすがにSNS映えする被写体を見つけるのがうまい!
さて、葵さんのハイセンスな選美眼はオキオリーブ農園のどこに注目したのでしょうか?

透き通った空気の中を歩く、レイン&ツリーな風景

この日は朝からあいにくの雨模様。本当なら賑やかにオリーブの収穫イベントが催されるのですが、残念ながら今日は中止となりました。
それが良かったのか悪かったのか、思わぬ形でオリーブ農園を独り占め。雨上がりの透き通った空気の中、被写体を求めて散策してみました。

 

 

さて、葵さんの目にはこの景色がどう映っているのでしょうか?
雨露に濡れたオリーブの実がかわいい! なんて連発しながら、オリーブの木立を進みました。

 

 

何を撮ったの? って聞くと、華のある笑顔を返すだけ。
きっと、内緒にしたいくらいかわいいオリーブの実が撮れたのでしょう。

 

※編集部撮影

 

オキオリーブ農園さんでは、品種ごとに固めるのではなくランダムに植えられています。
素人目にはどれも同じオリーブに見えるのですが、品種によっては自家受粉しないものがあると聞いた事があるので、品種ごとの相性なども考えて植えられているのでしょう。

 

 

 

ハートリーフがお気に入り

また雨が降り出したので、農園内にあるゲストスペースでしばし休憩。
農園のオーナーである澳さんよりオリーブについてのレクチャーがありました。(ほぼ雑談ですけど…)

 

 

話の流れで、やっぱSNS映えするのはハートの形をした葉っぱでしょう~!
となって、雨が止んだのを見計らって、今度はハートリーフを求めて散策する事になりました。

 

 

これが、探すと意外と無くて、微妙な感じの葉っぱを見つけてはダメ出しされるという事の繰り返し。
聞けば、四つ葉のクローバーを見つける事に比べたらめっちゃ簡単らしいので、葵さんと二人でほっつき歩きました。

 

 

そして!

ようやく見つかった見事なハートリーフにこの笑顔です。

 

 

さっそくいろんな角度での撮影がはじまりました。
光の加減とか、周りのボケ具合とか、いろいろこだわりがあるようです。

 

 

いい画が撮れたでしょうか?

 

 

読者の皆さんも、奇跡のハートリーフを求めてオリーブ農園を散策してみてはいかがでしょうか?

オキオリーブ高松農園では、さまざまなイベントや間もなくレストランもオープンします。
この日はあいにくの天気でしたが、晴れた日にオリーブ農園を散策して、青空の元オキオリーブさん特製のランチをいただく。お腹いっぱいになったら、しばしお昼寝タイムもいいですね。そんなリラックスした気分でまったりする、Chill outな一日を過ごしてみませんか?

 

 

山野上葵さんもChill outな一日を満喫できたようで、終始楽しそうでした。
ランチタイムはまだ早いのに「お腹がすいた~!」と、何度も口にしたのは内緒にしておきます。(って、書いてるし!)
収穫で滞在されているダイちゃんの豚汁がめっちゃ美味しかったです(笑)

 

山野上葵

 

モデル= 山野上葵 /instagram= @aoinoue_y
取材協力= オキオリーブ高松農園
取材・撮影= 原田伸一(ガーハラダ)

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

投稿者:ガーハラダ

兵庫県出身四国帰化人。爆笑よりクスッ笑いに使命を感じるアラフィフ。明太子は心の友。たまにガー子♡