ガーカガワ

Setouchi-i-Base ~ おもろい人・情報が集まるコワーキングスペース(セトウチ・アイ・ベース)~

2020年11月にオープン以来、各種イベントや動画配信など精力的に活動されているコワーキングスペース「Setouchi-i-Bace(セトウチ・アイ・ベース)」さんにお邪魔しました。

 

こんにちは。
取材は好きだけど、原稿を書くのは実はあまり好きじゃないガーハラダです。
なので、日常的に原稿が溜まっています…

本業も含めて、そんなデスクワークに苦痛を感じている僕のような人間には、手っ取り早く職場環境を変えてみるのもいいかも… という事で、前から気になっていたコワーキングスペース「Setouchi-i-Base」さんにお邪魔しました。

 

おもろい情報・おもろい人たちが集まる、サンポート高松にあるコワーキングスペース

と、いきなり僕の無茶ぶりでパンダに応対されるというシュールな展開になっていますが、今回アテンドいただくのはこちらの方。

大阪出身、実家は酒屋さんなのに下戸という、コーディネーターの池嶋亮さんです。

あれっ、池嶋さん?

ひたすらカメラ目線をくれない…

実は池嶋さんとは、Setouchi-i-Baseさんの動画「キニナルせとうち」にゲストで呼んでいただいたのがご縁で、生配信中に、ほんと数年ぶりに大阪人の濃い「なんでやねん!」というツッコミを浴びせられたのが思いのほか心地よく、さらにガチなんでやねん!を浴びたくて今回お邪魔したという次第です。

⇒ 「キニナルせとうち」原田出演の回はこちら

「キニナルせとうち」ではさんざんイジってくれたので、そのお返しとばかりにちょこっと無茶ぶりも発揮しながらレポートしたいと思います。

池嶋さん、なんかやってっ!

意外とはにかみ屋さんでした(笑)

さて、そんな池嶋さんをはじめとする多くのコーディネーターやアドバイザーが在籍するSetouchi-i-Baseさんですが、まずは簡単に施設紹介をしたいと思います。

Setouchi-i-Baseは、新たなオープンイノベーション拠点として県が整備したもので、情報通信関連分野の人材を育成する講座を実施するとともに、活動・交流の場として、コワーキングスペースや3Dプリンター等を共同利用できる創作工房、5G通信などを提供しています。

若者世代から地元には働き口もあまりなく、力を発揮しずらいといった声や、働きたいと思える企業や仕事が増えれば県内に就職したいといった声を受けて、その中でも情報通信関連業は若者にとって魅力的で、将来的にも成長していく分野である事から、同分野の育成・誘致に取り組み、若者の働く場の創出による本県経済の活性化を目指す事が目的なんだそう。

ふと見ると、そんな県の思いにドンピシャな若者を発見しました。

本誌ガーカガワでもお馴染み、香川大学生の瀬戸くんやん!(ヤラセでもなんでもなく、ほんと偶然)

瀬戸くん「なんで編集長がここにいるんですか!」

なんでて、取材やがな。
ついでに、なんかおもろい事して!

瀬戸くん「平行…」

平行…

……。

瀬戸くんにはSetouchi-i-Baseさんでどんどんスキルを上げていただきたいものです。

さて、次に進みましょう。
こちらはミーティングルーム。

打ち合わせや商談にいいですね。

周りを遮断して集中したい時に良さそうなプライベートブース。

そして、テレワークブース。

創作工房では、3Dプリンターやレーザーカッターなどの創作機器を共同利用できるそうです。

コワーキングスペースは110席と広々としているので、自分の仕事に集中したり、あるいは他の人と協業や交流する場としても使えそう。

また、ドリンクコーナーや卓球台をモチーフにしたテーブルなど、リラックスできるスペースも完備。ふと気を緩めた時に案外良いアイディアは生まれるものなので、こういう設備はぜひ積極的に使いたいところです。

なお、先ほどからちょいちょいおふざけさんがいますが、初対面なのにチャラけた事を快くやってくれる愉快な人たちが多く利用されているのもSetouchi-i-Baseさんの特徴。コワーキングスペースも場所によっては近寄らないでオーラ全開の人たちだらけの所もありますからね、おもしろい人が集まるという事は、おもしろい情報や仕事も集まってくるという事ですから、やっぱり場所選びは大切だと痛感しました。

人見知りの人もちゃんとコーディネーターさんが仲を取り持ってくれるので安心。日々新しい出会いが生まれているそうです。

まるで神父さんのようです。(なんでやねん!)

 

という事でざっくりと紹介しましたSetouchi-i-Baseさん。
まずは自分自身のスキルを上げていく場として、でも、一人では時間的にも技術的にも金銭的にも限界はありますので、そこはうまく人と人が繋がっていく場としても存在価値が高いと思います。そして、多くの人が相乗効果を出していくことで若者たちの働く場も生まれていく…
まだまだこれからですよと謙遜する池嶋さんですが、こういったひとつひとつの積み重ねが5年後10年後に繋がっていくと思えばワクワクしてきますよね。

Setouchi-i-Baseさんはおもろい!

総括するとこのひと言につきます。

おしまい。

 

⇒ Setiuchi-i-Baseホームページ

施設名Setouchi-i-Bace(セトウチ・アイ・ベース)
所在地高松市サンポート2-1 高松シンボルタワー棟 4・5階 情報通信交流館(e -とぴあ・かがわ)内
電話番号087-822-0111
営業時間平日10:00~21:30
平日以外10:00~18:00
休館日月曜日、年末年始
入場料月額制ほかビジター利用も可