ガーカガワ

カガワスイーツ部#05 ~ サンファソン ~

KAGAWA Maker が香川のスイーツを食べつくす企画「カガワスイーツ部」。今回は、高松のおしゃれ女子に好きなパティスリーを聞くと必ずと言っていいほど候補に挙がってくる人気店「サンファソン」を紹介します。

 

香川大学の学生の皆さんが「香川大学×地域×お菓子」をスローガンに、地域のお菓子屋さんとコラボして、香川の銘菓を作る、香川の地域ブランドを作る、そして、香川の未来を作る事を目的として活動するKAGAWA Maker

そんなKAGAWA Makerとガーカガワが香川のスイーツを食べつくす「カガワスイーツ部」。今回は、KAGAWA Maker のメンバーであるこの人たちと、高松市松縄町にある「サンファソン」さんをお届けします!

※左から、りん、ゆうしん、ゆかり、美里

 

あらゆる洋菓子スイーツが揃う、高松の人気店

サンファソン

高松市の住みたい街ランキングというものがあれば必ず上位に入るであろうレインボーロード界隈。ハイセンスなマダムや都会的なファミリー層が多いこのエリアにあって、そのアイコン的な存在のひとつが今回訪れるサンファソンさんです。

いつも多くのお客さんで賑わっているのですが、この日は焼き菓子のフェアーを開催しているとの事でさらに混雑している様子。なるべく邪魔にならないよう撮影を始めましたが、それでもクリスマスシーズン特有のわくわく感に包まれた店内でした。

クリスマスケーキの予約もすでに始まっていました。
僕も娘が子供の頃に何度かサンファソンさんのクリスマスケーキをお願いしたことがあるのですが、シックでいて可愛らしさもあるホールケーキは、ホームパーティーで並べると、それほど大した事のない料理もゴージャスに見えてくるから不思議です。
家庭に笑顔を届ける、実は個人的にも思い出深いクリスマスケーキなのです。

毎年かなり人気があると聞くので、ご予約はお早めに!

 

ひと口で幸せな気分になれる、工夫を凝らしたスイーツたち

混雑が落ち着くまで少し待ち、KAGAWA Makerのメンバーそれぞれに気になるスイーツを選んでもらいました。
毎回あれこれ悩むのはもはや想定内、優しいスタッフさんにおすすめなども聞きながらようやく決まり、併設するカフェでさっそく実食です!

女子3人に男子1人という微妙な空気感の中、それぞれがチョイスしたスイーツはこちら。

 

ゆうしんくんチョイス「シュバリエ」

※シュバリエ(450円・税別)

ゆうしん
まるで雪が積もったかのような美しさに直感で選びました。
レアチーズの酸味と甘さがめっちゃ美味しかったです!

男子1人という事もあり、照れ隠しなのか感想は控えめ。
でも、ケーキを覆うフィルムのはがし方に分かりにくい自己主張を感じました。

フォークで巻くんや…(笑)

この「シュバリエ」は、レアチーズケーキとNYチーズケーキを組み合わせたWチーズケーキなんだそう。2つの違った味や食感がうまく溶け込んだ大人の味です。

 

りんちゃんチョイス「しっとりチョコデザート」

※しっとりチョコデザート(400円・税別)

りん
今日はチョコの気分だったのと、クリスマスはチョコというイメージだったので。
ガトーショコラのような生地は濃い味だけどまろやかで美味しかったです。甘酸っぱい苺とのバランスも最高!

ああ、りんちゃんは左利きなんや…
と、変なところに感心しながら感想を聞きましたが、

ショコラ生地の上にたっぷりな生チョコクリームが美味しそう。
チョコ尽くしでもいいのですが、そこに果汁たっぷりな苺が加わると、さらにチョコの甘さが引き立ちますよね。

 

美里ちゃんチョイス「苺のプディング」

※苺のプディング(400円・税別)

美里
お店の人が個人的におすすめだと聞いて、おいしそう!と思いました。
苺のプチプチ、下のタルト生地のサクサク、それにプリン生地のもっちり感が口の中に合わさってすごく美味しかったです!

今日のムードメーカー。関西人気質もあってか、盛り上げようと頑張ってくれた美里ちゃんチョイスはちょっと欲張りなスイーツ。

でも、いつもケーキにするかプリンにするか迷う僕には共感です(笑)
プチプチ、サクサク、もっちりな、一見相反するような食感が実はバランスが良くてとっても美味しいんだそう。

 

ゆかりちゃんチョイス「芋・栗・なんきんタルト」

※芋・栗・なんきんタルト(500円・税別)

ゆかり
秋っぽくて季節を感じたのと、栗とお芋が好きなのでチョイスしました。
ちょっと野菜っぽくてケーキとして合うのかな?と思いましたが、意外とスイーツっぽくて驚きです。大きくボリュームもあって食感も良く、とっても美味しかったです!

3年生のゆかりちゃんは、お姉さんらしくちょっとシブいチョイス。

そもそも、お芋や栗は和菓子によく使われるほどですし、南瓜も甘味のある野菜ですから、そう考えるとケーキとの相性も抜群なはずです。
あるようであまり見かけない野菜がのっかったケーキは、季節感もあってお土産などにも喜ばれそう。

 

4人とも県外出身者という事もあり、今回サンファソンさんに来たのははじめてだったそう。
実は高松では知らない人がいないくらい人気のお店なんだよと伝えると、「なんかわかる~」との感想。

クリスマスのキラキラな電飾やディスプレイで飾られ、わくわくするような商品もたっぷり並べられた店内。なんとかハラスメントになってもいけないと思いつつ、つい「クリスマスは彼女彼氏と過ごすの?」なんて聞くと一瞬空気が固まりました…

しまった、地雷かっ!

クリスマスは何も幸せな恋人たちだけのものではありません。家族と過ごすクリスマスも素敵だし、なんならクリぼっちでも!
あっ…さらにドン引きされそうなのでこのあたりでやめておきます。

皆さんも、サンファソンさんのスイーツで思い思いの楽しいクリスマスを過ごされてください!

おしまい。

 

モデル=KAGAWA Maker(ゆかり、美里、りん、ゆうしん)/instagram @kagawa.maker

店名パティスリー サンファソン
所在地高松市松縄町1003-7
レインボータウン1F
電話番号087-867-7790
営業時間・店舗 10:00~19:00
・カフェ 11:00~17:00(L.O.16:00)
定休日無休(臨時休業有り・カフェは月曜日定休)
駐車場あり