ガーカガワ

盆栽ガールズレポ#12 ~ 栗林公園の紅葉がそろそろ見ごろです! ~

Bonsai☆Girls Project がおすすめのお店や施設をレポートする「盆栽ガールズレポ」。今回は、紅葉が綺麗な栗林公園にお邪魔してきました。

 

香川大学の学生の皆さんが、高松市の盆栽を全世界にPRしようと結成されたBonsai☆Girls Project(以下、BGP)。
毎回盆栽ネタでお騒がせしておりますが、今回は、BGPメンバーのやまむぅまりりんが、そろそろ紅葉の見ごろを迎える栗林公園を案内してくれました。盆栽ガールズらしく、松情報も小ネタで盛り込みますのでお楽しみに!

やまむぅ(左)、まりりん(右)

 

晩秋の栗林公園を彩る、鮮やかな紅葉

ミシュラン三ツ星を誇る特別名勝栗林公園
その歴史は16世紀後半にさかのぼります。当初は、地元の豪族・佐藤氏の庭であったものが、その後、この地を治めた生駒家の家臣・西嶋八兵衛により広大な庭園の基礎が築かれました。
庭造りは1642年から高松藩を治める事になった高松松平家にも代々引き継がれ、1745年、5代藩主・松平頼恭の時代に完成されたと言われています。

「一歩一景」の多彩な造形美は、侘び寂びにも通じる四季折々の美しさがありますが、特にこの時期は色鮮やかな紅葉に包まれ、訪れる人たちを心ゆくまで楽しませてくれます。

さっそく私たちも晩秋の美しい栗林公園を散策することにしましょう!

県外出身のやまむぅとまりりんは、3年生にして今回が初めての栗林公園。
早くも「こんなに広いとは思わなかった!」と驚きの様子。さっそくスマホ片手に紅葉を撮り始めました。

ちなみに僕は「こんなにまりりんの髪がスーパーになってるとは思わなかった!」と驚きました。
以前の金髪から、また戦闘力を上げたようです。

栗林公園は、ご存じの通り約1千本とも言われる手入れ松が主体となる庭園ですので、園内全域が紅葉に包まれるわけではありません。圧倒的な紅葉を期待すると少しがっかりするかもしれませんが、松の緑の合間にところどころ見られる紅葉の紅がひと際鮮やかに映るのです。
栗林公園の主役はあくまでも松かもしれませんが、この時期だけは、紅葉の彩をさらに引き立ててくれる、計算された美しさすら感じます。

その、この時期だけは引き立て役になっている松たち。

よく見るといろんな立札があって、中には皇族の方々が来園し植えられた「お手植松」や、亀のような石組みから鶴が舞うように植えられた松が美しい「鶴亀松」など、由緒ある松も多く点在していることが分かります。

盆栽ガールズだけあって、むしろ松の形に興味がある様子。
松の鑑賞ポイントは「幹の模様」「枝ぶり」「樹そのものの形」の3つと言われていますが、さてBGPの2人にはどう映ったのでしょうか。

 

紅葉ポイント「旧日暮亭」周辺

そして、商工奨励館を背にしてさらに園内の松林を進んでいきます。

この辺りは「箱松」と呼ばれる、まるで芸術作品のような箱型に整えられた松が続く小道。

そして、いかにも日本庭園的な朱色の橋に差し掛かります。

鮮やかな錦鯉たちも必要以上に元気です(笑)

そう言いながらも実は栗林公園にはおすすめな紅葉スポットが何か所かありまして、ひとつは今回のスタート地点となった商工奨励館の西にある川面に広がる紅葉。そして2つ目は、これから向かう「旧日暮亭(きゅうひぐらしてい)」周辺です。

日暮亭は1700年前後に建てられたと言われる、江戸時代初期の大名茶室。
やまむぅが「なんかここだけ京都みたい」とつぶやくほど、茶室と紅葉の雅な姿が楽しめるおすすめスポットです。

栗林公園はじっくり見て回ると1~2時間なんてすぐ経ってしまうので、あまり時間の無い人は、ピンポイントで旧日暮亭の紅葉を目指しても良いと思います。

 

紅葉ポイント「掬月亭」~「飛来峰」

ここからは栗林公園の黄金ルート、掬月亭(きくげつてい)から飛来峰(ひらいほう)にかけてのルートに進みます。
旧日暮亭周辺ほど紅葉は密集していませんが、松の緑の中にバランスよく紅葉が配置され、ところどころ足を止めては鑑賞するという散策するのが楽しいルートです。

ここでやまむぅが楓の木と書かれた木札を発見、モミジと楓はどう違うの?みたいな話になりましたが、その違いが分かりますか?

うろ覚えで恐縮ですが、楓(かえで)もモミジも分類上は同じカエデ科の植物。
楓の語源は蛙の手に似ている事からカエデと呼ばれるようになったそうで、葉の切れ込みが浅いのが特徴。それに対して、葉の切れ込みが深く、色も紅く染まるものがモミジなんだそう。

という健全な話をしながら大きな池沿いをさらに進んでいきます。

そして、スーパーまりりんお待ちかねの吹上亭です。
ここでは、西湖と呼ばれる大きな池沿いから広がる庭園を眺めながら、ゆっくり休憩する事ができます。

お待ちかねの団子。花より団子、いや紅葉より団子!(笑)

美しい紅葉を堪能した後は、こういうのも大事。美味しい焼き立ての団子を食べながらだと、さらに会話も弾みますよね。

そして、最後は栗林公園のハイライト。飛来峰と呼ばれる小山を登ると、栗林公園随一のビューポイントとされる美しい景観が見られます。

緑、紅、黄色の鮮やかな景観が楽しめるのもこの時期ならでは。こちらもおすすめですよ!

その後、エサを持ってないのに呼び寄せて錦鯉たちをがっかりさせたり、

どうしても赤くむき出しになった松の幹が忘れられないというスーパーまりりんのために寄り道したり…しながら栗林公園を後にしました。

11月20日~29日までは夜間のライトアップも開催されます。
美しい紅葉が見ごろ迎えている栗林公園にふらりと立ち寄られてはいかがでしょうか?

おしまい。

 

モデル=Bonsai☆Girls Project(やまむぅ、まりりん)/instagram @bonsai.girls.project