「ドルフィンセンター」のイルカにヒーリングされてみた。

こんにちは。
香川県民なのに、いまだにiruCaを持っていないガーハラダです。
なぜかSuicaは持ってます・・・

ここのところ、複数サイトを立ち上げたり、コンサルの仕事やペット関連の仕事でポンコツ頭をフル回転させています。
頭を酷使しすぎると「糖分が取りてぇ~」なんて、キャラメルコーンをホホーホホホーと言いながらほおばっているのですが、それも限界になると、

「あーっ、、柴漬け食べたい・・・」

となるわけです。(古すぎるわ!)

 

はい。
「そんなしょーもないネタなんかイルカ!」
という声が聞こえたところで、「日本ドルフィンセンター」をリポートしたいと思います。ほんと、ここに数時間いるだけで心身ともに疲れた体が癒されますよ~!

 

イルカ

 

いけすで泳ぐ、自然に近い環境

イルカを見るなら水族館・・・という人が多いと思いますが、この「日本ドルフィンセンター」は景勝地・津田の松原近くの瀬戸内海にいけすを設け、限りなく自然に近い環境でイルカが飼育されています。
水槽や人工的なプールとは違い、場合によっては数十センチの距離でイルカを感じられるのが大きな魅力です。

ただし、これから夏場にかけては照り返しも強く、陰になる場所がないので日傘をもって行かないと死にます。

 

 

日がな一日、イルカをぼーっと見るのも良いですが、こちらではイルカへの「エサやり体験」や一緒に泳げる「ドルフィンスイム」、トレーナーさんと一緒にイルカと遊べる「トレーナー体験」などのアクティビティも用意されています。

 

 

参加人数に限りがありますので事前予約をされる方が無難ですが、「ただイルカを見るだけでは物足りない!」という超わがままな人にはおすすめです。

 

やっぱり、ぼーっとするのがおすすめ!

今回のテーマはずばり「ヒーリング」なので、いかに日常から逃避して、心身ともに癒されるかを追求したいと思います。
と言っても小難しい事は何もしません。いけすの適当なところに座って、ただぼーっとするだけです。

そう、この瀬戸内海の心地よい潮風に身をゆだね、頭の中をからっぽにするのです。

「きゃーっ!イルカさーん、こっちきてぇ~!」

なんて、キャピキャピしてはいけません。イルカさんも、そんなあなたを「こいつ、うぜぇ~っ」と思って近づいてきませんので。
本当に自然にぼーーーっとするのです。

するとイルカさんの方からチラ見してくるようになります。
水面からぬぼーっと頭を出して、こちらの様子を見ては、また静かに沈んでいきます。

 

 

この時、慌てて近づいては行けません。
まだイルカさんは警戒心を解いていませんからね。

あなたは、イルカさんを気にしつつも気づかないフリをして、

「あーっ、今日の夜ご飯は何にしようかなぁ」

なんて、つぶやきつつ、周りの景色をご堪能ください。

 

 

やがて、頻繁にイルカさんがあなたの元へ来てくれたり、何か言いたげにじーっと見てきますので、そうなったらいろいろ話しかけてあげましょう。

 

 

もーちょい、もーちょい♪

慣れてくれば手が届きそうなくらい近づいて来てくれますが、触れるか触れないかの微妙な距離を保ってきます。

 

 

ここで、聡明なあなたは気づくはずです。
人間関係もこれぐらいの距離感が一番いいのだという事を。

まさに、心が洗われる瞬間ですね。(なんのこっちゃ)

そして、瀬戸内海の心地よいそよ風と、距離感の良い愛らしいイルカさんに癒されたら、トレーナーさんによるイルカの曲芸を楽しみましょう。

 

 

いかがでしょうか?
普段、お仕事や子育てなどで慌ただしく動かれている皆さんこそ、たまにはぼーっと心身の疲れを取りたいもの。
遠くに旅行に行くのも良いですが、案外それも変な疲れが残ったりしますよね。
「日本ドルフィンセンター」へは高松市内から車で40~50分、日常から離れるには良い距離ですし、思いのほかヒーリング効果も感じます。

定期的にぜひ訪れていただきたいスポットです。

 

施設名 日本ドルフィンセンター
所在地 香川県さぬき市津田町鶴羽1520-130
電話番号 0879-23-7623
営業時間 10:00~17:00
(夏季は18:00まで)
定休日 水曜日
(4~9月は無休)
駐車場 有り

 

 

投稿者:ガーハラダ
兵庫県出身四国帰化人。爆笑よりクスッ笑いに使命を感じるギリ40代。明太子は心の友。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします