ガーカガワ

WEBde地域創生プロジェクト・エリア運営者募集(詳細資料ページ)

募集の経緯について

 

ガーカガワの運営者、オフィス・ブランシアンの原田伸一と申します。
これまで、地元の地域情報サイトさんと3年ほどお付き合いがあり、そのうち約1年間はメディア運営のコンサルタントとして取材やコンテンツ制作、広告企画立案、営業社員育成等どっぷり業務に携わり、その後、この「香川のあれこれweb ガーカガワ」を運営しております。

ガーカガワについては先の地域情報サイトさんとの棲み分けを考慮しながらの運営ですので、出来る事も限られているのですが、そんな中でも、取材等を通じて多くの地元の人たちとの出会いがありました。
それは、100枚印刷した名刺があっという間に無くなるほどで、中には取材記事によって集客がはかれたという嬉しいお声もいただきつつ、私自身にとっても新たなビジネスチャンスとしての人脈が拡がった事が大きな収穫となっています。

さて、そんな中、地域情報サイト運営に興味を持っていただく人もちらほらおられ、それならば一層の事、全国の皆さんにこれまでのノウハウをお伝えし、各エリアと連携した相乗効果を出したいという思いで、今回「WEBde地域創生プロジェクト」としての運営者を募集する運びとなりました。

地域創生や地域情報サイトの運営にご興味のある方は、ぜひ読み進めていただけると嬉しいです。
尚、本ページの後半部分には、実際に私がガーカガワを運営してどう変わったのか? お金には代えられないセルフブランディングの経験談も紹介しています。ぜひ最後までご覧ください。

 

運営パートナーの内容

 

地域情報サイトとは、地元のイベント情報やグルメやレジャー、生活に関する事からおもしろネタまで、その地域のあらゆる情報を読者に提供するwebメディアです。
ただし、我々が目指しているのは単なるガイドブック的な無機質なメディアではなく、「ヒト、モノ、コト」に焦点を当てた、運営者の個性を生かした面白いサイトです。人は、面白いもの、楽しいものに敏感に反応します。運営者も取材を受けた人も、そして読者の皆さんも楽しくなるサイトが、これからの地域情報サイトの姿だと認識しております。

いたずらにPV(ページビュー)だけを追いかけるのではなく、生きたファン層の獲得と人脈を拡げながら、地域に必要とされるメディア。実は取材記事に対するダイレクトな反応(お店の顧客が激増したなど)が高いのも私たちが展開するメディアの特徴です。

 

 

あなたの趣味や興味のあるものを活かしてみよう!

 

地域情報サイトの運営と言っても、最初から大きな事を考えなくても良いです。

 

「カフェ巡りが好きなので、ついでに写真とレビューを書いて記事にしたい。」

「写真が好きでインスタ投稿をしているが、もっと何らかの見返りが欲しい。」

「面白い人たちがまわりにいるので、その人たちを紹介したい。」

 

そんな、些細な事から始めても良いのではないでしょうか?

また、実際に地域情報サイトを運営する事で、お金になる文章の書き方やwebマーケティングの知識、対人スキルなども身に付きますので、ご自身のスキルアップとしての位置づけで始められても良いと思います。
実践に勝る学習方法はないと言われています。ヘタな学校や通信教育を受けるよりかなり効率的にスキルが身に付くはずです。

 

広告収入で安定的な事業化を行う。

 

地域創生が主たる目的と言えども、できれば自らも収益をあげたい!
社会事業とは言えまったくのボランティアではありませんので、当然欲を持っても良いと思います。

webメディアの直接的な収益は広告収入からとなります。
ただし、地域情報サイトのウイークポイントとして、どうしても対象エリアの人口にアクセス数が影響されますので、日本全国を対象にしているメディアに比べると、アクセス数には限界が出てきます。
反面、アクセス数の大半が地元の人達あるいは地元に興味のある人達であるという強みもあるわけですね。(仮にエリア人口50万人でPV10万件なら、全国規模のサイトだと人口比で2,400万PVと同等の広告効果が期待できます。)

そこで、地域情報サイトの強みを生かした広告商品の提案等が必要となってくるのですが、手法としてはサイトの成長に合わせて段階的に行っていく事をおすすめします。以下、モデルケースを策定してみましたのでご参考になさって下さい。

 

① サイト開設から黎明期にかけて

まず、1クリックいくらというGoogleアドセンスや各種アフィリエイトプログラムの広告リンクからの収益をはかります。
ただし、当初はアクセスも少ないため、収益面ではそれほど期待できません。ガーカガワの場合だと、月10万PVでアドセンスからの収益は月1万円程度でしょうか。
この時期、広告営業を行ってもそれほど広告主に魅力が伝わりませんので、とりあえず上記の広告を設置するに留め、コンテンツの充実に力を注ぎましょう。(想定期間:開設から6ヵ月程度)

※広告資金をお持ちの場合は、コンテンツを充実させながら短期間で多くのアクセスを獲得する手段もございます。運営される皆様の状況に応じて事業計画を組ませていただきます。

 

② それなりにアクセスが集まるようになったら

地域にもよりますが、月間のPVが2~5万を超えたあたりから、ストック型の広告営業を行うのも良いでしょう。
ストック型とは月額契約の広告により、安定的な収益を積み上げていく手法を言いますが、例えば広告主のショップページを作って定期的に広告主のニュースを配信していく費用として月額数千円いただくという広告のしくみです。
営業については、この頃になると取材を行った先もすでにそれなりに有ると思いますので、一般的な飛込営業ではなく、少し提案するだけで比較的広告は取れやすいはずです。仮に月額5千円で設定すれば、例えば100件で月50万円の安定的な収益となります。

また、サイト全体のPVを売りにしている他媒体とは違い、記事自体のPVやダイレクトな反応が高いのも特徴です。広告主にとっては、どちらが魅力的に映るかはお分かりですよね。
ガーカガワについてはストック型の広告まで手が回っておりませんが、1記事数万円といった仕事が入ってきています。

 

③ ある程度認知度が広まれば

月間PVも数十万から百万単位になってくると、リアルな世界でも割とサイトが認知されている事でしょう。
この段階になるとタイアップ広告記事と言って、広告主の商品を紹介する記事から1記事数万円といった収益をいただいたり、例えばクリスマスケーキ特集などの記事に有料でケーキ屋さんからそれぞれの商品を紹介したりという広告商品の展開ができます。
当然、②で始めた月額契約は単価も上げる事が出来ますし、①のクリック型広告もPVの増加に伴って収益も付いてくるようになります。また、そもそも認知度が上がれば、特別な営業はしなくても広告主さんの方からお問合せが来るようにもなります。
ここまで来れば従業員を数人雇うレベルになるでしょう。

 

④ 何らかの事情で事業継続が困難になった時

あまり考えたくないでしょうが、何らかの事情で事業継続が困難になる事も当然考えられます。
ネガティブな要因だけでなく、次のステップとして事業を切り捨てる場合もあるでしょう。
こんな場合もただサイトを閉鎖するのはかなり勿体ない事です。最近では、サイトの売買ができるしくみも整っていますので、ある程度育ったサイトでしたら相応の金額で譲渡できるかもしれません。
私自身もサイト売買の経験はございますので、万が一の際にはご相談ください。

 

新たな人脈が拡がり、ビジネスチャンスにつながる。

 

前の項目で広告収入について書きましたが、いろんなネットの情報を見てみると「当初は赤字でなかなか広告利益は上がらない。だから地域メディアはうまくいかない」という記述が多く見られます。
確かに、どこかのフランチャイズに入ると加盟金だけで数百万円、月ごとのロイヤリティーが数十万円なんて事もありますので、まったくアクセスの来ない運営当初から無理な営業を行って苦労する事になります。目先の利益を取らざろうを得ませんから、営業に時間を割くあまりコンテンツがなかなか育ちません。結局は本部だけが儲かるしくみとなっています。

これが、例えば初期投資やランニングコストが最小限に抑えられたらどうでしょうか?

当初は副業としての位置づけで始められますし、ある程度生活できる貯えがあるのなら、じっくりサイトを育てる事もできますよね。

 

さて、そのサイトを育てていく段階で、あえて営業しない事で得られるものがあります。

それが人脈です。

いきなり営業でアポイントを取っても、ほとんどが門前払いだと思います。
これが「取材にお伺いしたいのですが」なんて話になると、特に小さなお店や会社などは大喜びで歓迎してくれるんですよね。

この違いはとっても大きな違いですよ。

私は基本的にランチ特集などで取材にお邪魔した際にはちゃんとランチ代は払いますが、多くのお店さんでは「お代は結構ですから」なんて言われるほど有難がられます。
そりゃそうですよね。タダで宣伝してくれるんですから。

当然、取材に伺えば、いろんなお話が聞けます。中には仕事上で困っている事なども話してくれる場合もあります。
そういった中には必ずビジネスチャンスが隠れていますから、例えば、あるお店さんがホームページを作りたいなんて要望があれば、誰かを紹介して仲介料を取ったり、あるいはすでに何か本業をされているのでしたら、さりげなく自社製品をアピールしてみたり、いろんな展開が拡がってきます。

また、それとなく「取材ネタがなくて困ってるんです」なんて事を言っておくと、いろんな人を紹介してくれる事もありますので、そこからさらに人脈が拡がるわけですね。

先に「取材をして宣伝する」という利益を与えますので、当然それなりの見返りが出て来る事もあるわけです。
もちろん、それを最初から期待してしまうと見透かされますので、欲をかくのはいけませんけどね。お忙しい中、取材対応いただく感謝の気持ちは当然必要ですし、地場の産業を盛り上げるという高い志もぜひ持っていただきたいと思います。

先に営業で断られて相手先を潰してしまうのか、先に利益を与えて人脈を拡げていくのか、これは大きな差になりますよ。

 

地域情報サイトを単なる広告収入だけの狭い捉え方をすればネットで書かれているような魅力のない仕事になるかもしれません。
でも、もっと立体的にとらえてみると、無限の可能性が拡がっているわけですね。どうせやるなら、拡がりのある手法を皆様に提供したいと思っています。

 

自己や会社のブランディングがはかれます。

 

実は私自身、10年ほど前より複数のホームページを運営したり、他社さんのコンサルティングも行っています。
それらの経験から言いますと、一般認知度が高い大きなメディアを運営する事は、ブランディングの観点から言うと、かなりインパクトのあるやり方だと思います。
大手の企業では、新たなブランディングのためにオウンドメディア(地域情報サイトもこの部類に入ります)を運営するケースも増えていますよね。

例えば、まったく知らない会社が売っているAという商品と有名企業が売っているBという商品があります。品質や価格が同等なら、当然Bの商品が売れるわけです。
この差は、言うまでもなくブランド力、つまり一般認知度の差ですよね。

これは何もモノを売るだけではなく、いろんな事業活動に有利になります。それは個人レベルだって変わらないですよ。芸能人がブログで商品を紹介するだけで数十万円の報酬がある事は有名な話しですしね。

ただし、皆さんブランディングの大切さは分かっていても、なかなか思うように知名度が上がらないという悩みを抱えているのではないでしょうか?
大きな会社ほど広告予算があるわけでもない、何か話題になるような特徴があるわけでもない。自社のホームページやSNS等で一生懸命情報を発信しているのにほとんど効果が出ない・・・

ここ数年、商用目的のサイトやSNSはますます見られなくなって来ています。
反面、第三者的な観点で書かれたクチコミサイトやキュレーションサイトなどが信用され、見られている状況です。地域情報サイトはまさに見てもらえやすいサイトとなっていますので、商用サイト等に比べると拡散力も高く、認知度も上がりやすいと言えます。

昨今では、自社の知名度を上げるために、まったく違ったwebメディアを運営している企業も見られるようになりました。また、個人レベルでも「有名なあのサイトを運営している人」というだけで、やれる事も多くなってきますよね。

 

地元では、ちょっとした有名人になっています。

 

私自身の事で恐縮ですが、ガーカガワの認知度が上がって来ると「ガーカガワ見てますよ」なんて初対面の方から言われたりしますし、当然まったく知らない人とは違う親しみを最初から持っていただけます。
また、Yahoo!さんからお声がかかって、現在記事提供も行っているのですが、「Yahoo!に記事を書いている人」というだけで、かなり良い思いもしています。これらは、地域情報サイトを運営したからこそ得られたメリットですね。

他にも、まったく人脈も知名度もない状態からスタートし、ガーカガワ開設2年でこんな状況になっています。

  • SmartNewsをはじめ、大手や中小のさまざまな媒体からお声がかかり、各社へ記事配信。強力なインフルエンサーとして周囲には認知されています。
  • 地元の国立大学の教授や学生さんたちのプロジェクトと連携。メディアとして広報に携わっています。
  • ある自治体の町会議員さん複数と仲良くなり、官民一体となった企画も進行中。
  • 地元のタレント事務所さんから無償で多数のモデル派遣の申し出、おかげでサイトが華やかになり、綺麗なお姉さんとたくさん仲良くなりました(笑)。また、映画出演もしました。
  • シュールに観光案内する隊員の募集、おもしろい地域ビジネスを創出する地下研究会の立ち上げなど、メディア企画を読者さんへ募集したところ人気コンテンツに。大勢でワイワイやってます(笑)
  • 地元からガチでなでしこリーグを目指す女子サッカーチームからお声がかかり、公式メディアとして立ち上げからプロ化までを密着取材する事が決定、告知記事等にはイタリア・セリエAのプロ選手も拡散するなど、かなり反響をいただいています。
  • 無償でガーカガワの活動に参加したいという有志も自然と増えています。また、ガーカガワと関われる事、取材に来たことが、ちょっとした自慢になる雰囲気になっています。
  • メディア公式SNSや個人のSNSにもフォロワーさんが増えました。先日、ある資金が欲しくてフリーランス向けの「ガーカガワがプロデュースします!」という有料企画を流したら、ちょっとしたボーナス程度のお金が入ってきました。いただいた資金は、ありがたくガーカガワの活動資金に充てさせていただきます。
  • 取材がきっかけで、ある企業さんと広告企画のタイアップが進行中、新たな収入源の確保もできそうです。

などなど、たかだか月間10万PVそこそこの媒体なのに、始めた当初には想像できなかった事が次々と引き寄せられてきます。
私は何も考えず成り行きに任せていますが、皆さんなりにうまくコントロールすれば、もっと面白い事が起きるかもしれませんよ(笑)

 

未経験者やwebの知識があまり無くても大丈夫です。

 

今回の募集に関しては、まったくの業界未経験者からの応募を想定したものとなっています。
具体的なパッケージは下記のとおりとなりますが、地域情報サイトを運営していくうえでの知識はすべてお教えしますし、その後のフォローも可能な限り行いますので、どうぞご安心ください。

 

① 地域情報サイトのプラットフォームはこちらで作成します。

今ご覧のガーカガワのようなサイトになりますが、基本的な部分はすべてこちらで作成いたします。
システム的には、今もっともSEO的に有利と言われているWordPressを使いますので、あとはブログ感覚で記事を書くだけです。

外部の業者に依頼すると、これだけで数十万円はかかってしまうのですが、最初からパッケージに含まれていますのでご安心ください。

 

② 運営するために必要な知識は個別研修にて取得いただきます。

原則として、弊社にお越しになるかご自宅等へ出張(交通費等別途負担要)、あるいはどうしても対面が難しいようならskypeや電話にて個別研修を行います。
あらかじめヒアリングのうえ、皆様のレベルに応じたカリキュラムを組みますので、受講後はすぐに行動に移せる知識が身に付きます。

< カリキュラムの一例 >
・地域メディアの概要
・中期的運営計画の立案
・メディアサイトの使い方(記事の書き方・マニュアル付き)
・ライティングテクニック(タイトルや文章のまとめ方など)
・読者受けする取材ネタの探し方
・見栄えの良い写真の撮り方
・取材の行い方(アポイントから取材終了までの流れやコツなど)
・アクセスアップのための有効的な手法
・拡散されるSNSの活用方法
・Googleアドセンスや各種アフィリエイト広告の運用について
・広告営業手法の基礎
・派生するビジネスチャンスをどう生かすか
などからピックアップ。

※本事業に直接かかわる人なら何人出席されてもかまいません。
※基本的に午後から半日程度お時間をいただきます。
※ご希望により実際の取材に同行してもらう事も可能です。(別途相談要)

 

③ 運営上のさまざまなご相談も可能な限りお受けします。

研修で学んだ事を元に業務を行っていただきますが、当然ですが教科書通りに行かない事も多いですし、業務に対する具体的な相談も必要になってくるでしょう。
また、取材先等でのご相談は、マーケティング等の知識も必要ですので、ご自身では対応できない事もあるでしょう。

そういった、さまざまなご相談や記事のチェックなどを6ヵ月に渡ってフォローさせていただきます。(6ヵ月以降は任意)

 

地域情報サイト活用例

 

ケース① 時間を自由に使い、楽しい仕事でパート以上の収入を得たい。

子育て中の女性や本業をお持ちの皆さんにとって、長時間拘束されるパート・アルバイトはご苦労も多いのではないでしょうか?
地域情報サイトを運営する事で、隙間時間を有効活用しながら広告収入を得る事をめざしてみませんか?

取材内容も、例えばカフェ巡りがお好きならグルメ記事から始めてもいいですし、インスタグラマーのような写真が趣味なら、画像にこだわった地域情報を配信したり、あなたの楽しめる記事から始めてみるのが成功するコツです。

 

ケース② これまでの自社のリソースを新たな視点で活用したい。

長年事業を営んで来た会社であれば、業界内でのつながりや取引先、社内の人材等の資産がすでにある程度整っていると思います。
現状の業務を伸ばしていく事ももちろん必要ですが、視点をずらして考える事でうまく活用できる事もあるかもしれません。

また、営利を前面に出した営業活動では限界を感じていても、メディアを運営する事で新たなビジネスチャンスや自社製品の自然なプロモーションによる収益面での積み増しがはかれるかもしれません。

地域情報サイトは人とのつながりです。まったくゼロから始めるより、これまでのリソースを活用する事で軌道に乗せるスピードも違ってきます。長年事業を行ってきたリソースがあるという事は、思いのほか有利な事なのです。

 

ケース③ 組合や商工会のプロモーションや地域振興の場として活用したい。

小さなお店や事業所の悩みとして、十分な広告費をかける事ができない、広報にかかわる人材を確保できない、マーケティングのノウハウが確立できないなどの問題があり、せっかく良い商品やサービスを扱っているのに売り上げが思うように上がらないといった点があるのではないでしょうか?

そういった事もあって、組合や商工会などの組織が共同で広報活動を行ったりするわけですが、これも広告色が強すぎるあまり、消費者になかなか受け入れられないケースも多いものです。
組織団体が地域情報サイトを運営する事で、自然な形でプロモーションを行う事ができます。

また、地域振興をはかる場面では、地域情報サイトの運営は最も力を発揮する部分でもあります。
ありきたりなガイドブック的なサイトが多い中、ネットユーザーに面白いと思ってもらえる媒体を運営する事で、地域のファンになってもらえる事を目指していきます。

 

ケース④ 高額なロイヤリティが収益を圧迫している。フランチャイズから独立したい。

フランチャイズに加盟して地域情報サイトを運営するのもひとつの方法ですが、これには大きなデメリットが存在します。
現に加盟されている事業者さんなら身に染みてお分かりだと思いますが、あるフランチャイズでは、せっかく月額の広告クライアント様を集めても、最初の100件程度までは、そのほとんどがロイヤリティとして取られてしまいますよね。
また、システム的にクリック連動型広告やアフィリエイト広告が使えなかったり、広告料も本部から固定されているため、収益化の裁量も限られています。

もちろん、ネームバリューがある事は心強いとは思いますが、結局は任されたエリアではすべてゼロから始めないといけませんので、数百万円の加盟金に見合ったものかは判断が分かれると思います。

フランチャイズとの契約内容にもよりますが、基本的には御社が作成したコンテンツの著作権は法的には御社にありますし、これまで開拓した広告クライアントさんも御社との契約のはずです。
自社で独立して地域情報サイトを運営する際は、すべて新しいサイトに移行すれば高額なロイヤリティはほぼすべて御社の収益として残ります。

 

募集からサイトオープンまでの流れ

 

※各項目をクリックすると詳細説明が表示されます。

 Step.1 資料請求にてご検討
本資料ページをじっくりご覧のうえ、ご検討下さい。

 Step.2 無料ご質問・相談会の開催
ご希望により、電話やSkypeを使ったご質問・相談会を個別に開催いたします。
本資料ページをご覧になり、ご不明点などをお聞きいただいたり、地域サイトを運営するための個別のご相談をいたします。

今回は運営パートナーとしての募集ですから、当然ご応募者様の意志を尊重いたします。
無理な勧誘行為等は一切行いませんので、どうぞお気軽にご相談ください。

※スケジュールの調整を致しますので、あらかじめお電話またはEメールにてお申し込みください。

 Step.3 初期費用のお支払い
お申込みの意志が固まりましたらお電話またはEメールにてお知らせください。追って、請求書等を郵送いたします。
請求書等の内容をご確認いただき、書面到着後3営業日以内に初期費用を指定口座へお振込みください。

 Step.4 個別研修開催
お申込金の入金確認後、こちらから事前の打ち合わせのお電話をいたします。
個別研修の日程調整や、カリキュラムを組むための事前ヒアリングを行いますのでご協力願います。

個別研修はカリキュラムにもよりますが、標準的な内容で午後から半日程度の開催予定です。

※本事業に直接的に携わる方なら何人出席いただいてもかまいません。

 Step.5 ホームページ制作事前準備
個別研修の際にホームページ制作についての打ち合わせを行いますが、まずは御社にてレンタルサーバー・ドメインの手配、各SNSアカウントの開設等の事前準備を行っていただきます。

 Step.6 ホームページ制作・完成
事前準備が整いましたら、こちらでホームページのプラットフォームを制作いたします。
事前準備の進捗にもよりますが、完成まで約1ヵ月程度いただければ幸いです。

 Step.7 地域情報サイト運営開始
ホームページ開設後は運営パートナー様での運営開始となります。
その後6か月間のフォロー期間を設け、実際に業務を行いながら運営スキルの向上をはかります。また、共同企画へのお誘いなど、相乗効果の出る施策の提案も行う予定です。

 

運営パートナーお申込みについて

 

 お申込みについて

● 個人・法人・本業・副業は問いませんが、本事業には向き不向きはあります。
個人の資質や御社の体質等ご不安な場合は、ぜひ事前にご相談ください。

● 運営エリアは、原則としてパートナー様の居住地や勤務先所在地のある市町村単位(あるいはエリア)となります。
人口規模や距離的なものを勘案して対象エリアのご相談をさせていただきます。

● 他の業務等もございますので、当方のキャパシティーの範囲内で募集いたします。
予告なく募集を中止したり、数か月お待ちいただく場合もありますので、お早めにご検討下さい。

● 本プロジェクトは運営パートナー様の収益を確約するものではございません。当然、収益については運営パートナー様の才覚によりますのでご注意ください。

 

 費用等について

初期費用 300,000円(税別)

【初期費用に含まれるもの】
・個別研修開催費用(午後から半日の予定)
・地域情報サイトプラットフォーム作成費用

※個別研修時の交通費・宿泊費は別途ご負担ください(skypeや電話での受講も可能です)。

コンサルタント費用 月額10,000円(税別)

※当初6か月間は必須。以後任意契約となります。
※記事の文章や写真画像等のチェック、取材や編集についてのご相談など、実際に運営しながらのフォローをいたします。

 

その他必要な費用 

・レンタルサーバー使用料、ドメイン管理料ほか、別途画像やデザイン料等の実費はご負担ください。
※初期費用1~2万円程度、月額1千円程度です。

 

 お申込み・ご相談はこちらまで

TEL 087-816-4225

【受付時間】9:00~21:00 年末年始のみ休業

 

運営者概要

 

オフィス・ブランシアン
代表 原田 伸一

〒760-0080
香川県高松市木太町2734-2-704
TEL 087-816-4225

 

代表者の経歴

・大手金融会社15年勤務後独立(最終役職:支店長)
・2007年1月 インターネットによる子犬仲介販売業創業(フランチャイズ加入)
・2007年6月 上記フランチャイズにて加盟店向けコンサルタント就任
・2008年3月 フランチャイズ脱退、同業者の組合組織として日本ペット通販振興会立ち上げ
・2008年4月 一般事業者向けwebコンサルタント開始
・2017年5月 地域情報サイト「ガーカガワ」運営開始
・2018年7月 Yahoo!ライフマガジンへ記事提供開始
・2018年12月 Googleニュースへ記事提供開始
・2019年11月 SmartNewsへ記事提供開始

【主な活動実績】
・子犬仲介販売(webによる集客)
・ドッグフード通販サイト運営
・会員制によるペット事業者向けコンサルティング
・各種ペット事業者向け研修会講師
・飲食店、IT事業者、中古車販売店などへの専属個別コンサルティング
・商用ホームページ制作
・地域情報サイト専属個別コンサルティング
・地域情報サイト運営
・地元の複数団体で役員等就任

など