ガーカガワ

和三盆作りに挑戦!香川大学生のワークショップ、栗林公園にて今日まで開催

6月4日、5日に栗林公園日暮亭にて開催されている、KAGAWA Maker の和三盆づくりワークショップの様子をお伝えします。

 

香川大学の学生の皆さんが「香川大学×地域×お菓子」をスローガンに、地域のお菓子屋さんとコラボして、香川の銘菓を作る、香川の地域ブランドを作る、そして、香川の未来を作る事を目的として活動するKAGAWA Maker。

今回は、栗林公園日暮亭さんで香川の伝統的な干菓子、和三盆づくりのワークショップが行われるという事でお邪魔しました。

日暮亭周辺は秋になると紅葉の名所になるのですが、この時期の青紅葉(青もみじ)も本当に綺麗。秋はしみじみとした趣きがあるのですが、陽の光に照らされた青紅葉は若々しい躍動感に満ちています。

江戸時代初期に建てられた日暮亭は、茅葺き草庵型の茶室で、武者小路千家の官休庵の茶室の姿を保つ貴重な茶室です。現在の日暮亭は、明治期に旧藩士より譲り受けた「旧日暮亭」を模して建てられたそうですが、当時を偲ぶ大変貴重な建物なんだそう。

茶室から眺める庭園が美しい。風雅の道を極めた、この時代の人たちの感性の良さが感じられます。

 

お好みの木型でつくる、愛らしい和三盆

さて、そんなとっても素敵な日暮亭で行われる和三盆づくりワークショップ。さっそくお好みの木型を取り、和三盆づくりがはじまりました。

あらかじめ下準備を施された和三盆糖を木型に押し込みます。

体重をかけて、思いっきりグイグイと力を入れましょう。
ある程度押し込んだら、さらに和三盆糖を追加してグイグイ。

さぁ、そろそろ固まってきたかな?

いちにのさんで、ひっくり返すと…

いい感じに出来上がってる!

みなさん、角が欠けたりする事なくしっかり固められていて、上手に出来上がっています。
参加者された数名の方にお聞きしましたが、皆さん和三盆作りは初めてだったそうですが、思ったより簡単で楽しかったそうです。
KAGAWA Makerの控えめな教え方もなかなか良かったと思いますよ。

箱に入れてくれると、なんだかお店で売っている和三盆みたいですね。

扇子の木型を選ぶとはセンスがいいですね~! と言ったら「オヤジギャグや」とマダムたちにツッコまれました(笑)

「KAGAWA Maker×豆花 和三盆ワークショップ in 栗林公園」は、今日6月5日も開催。空きがあれば予約なしで参加できますので、風雅な茶室で和三盆作りを体験してみてはいかがでしょうか?

おしまい。