ガーカガワ

三吉 木太店 ~結局は基本に忠実な焼き鳥が一番美味しいと思うの~

ずーっと気になっていた焼き鳥屋さん「三吉 木太店」さんにとうとう行ってきましたので、サクッと紹介します。

 

高松市木太町の旧道沿いにひっそり佇む三吉 木太店さん。

実は以前からお店の前を通るたびに気になっていました。でも、見た感じ駐車場がなさそうだし、そもそも焼き鳥食べるならビールが飲みたいから車では行けない…
そんな事を考えつつ、とうとう10年ぐらい懸案事項だったのですが、今日はどうしても焼き鳥が食べたい口になってしまったので、意を決して自宅から延々歩いて行ってきました。

結論から言うと「なんでもっと早く行かなかったんだろう。僕のばかばかばか~!」と思わず叫びそうになる美味しさでしたので、さっそくほろ酔い気味ですがレポートします。

奇をてらわない普通の焼き鳥がこんなに美味しいのか!

高松市の郊外なのに駐車場がない、JR木太町駅からは徒歩圏内だけどわざわざ列車に乗ってまで行くようなお店でもない。
必然的に地元のお客さんで回っているんだろうなと思われる焼き鳥屋さん。
立地的にはかなり不利なはずが、少なくとも僕が知っている限り10年以上も続いているんだから、きっと何かあるはず。

【追記】
読者さんからの情報で、30メートル東くらいにあるデイパーキングに三吉さんの駐車スペースがあるとの事です。情報ありがとうございます。

そんな事も気になって夕方6時すぎに暖簾をくぐったのですが、テーブルが3席とカウンターのみのこじんまりとした店内は、すでに多くのお客さんで賑わっていました。

すでに炭火で焼く焼き鳥の匂いにお腹が鳴る鳴る(笑)

「はい、喜んで!」みたいな威勢の良いお店もいいけど、時としてその元気なテンションに合わせるのがしんどかったりする事もありますよね。
三吉さんはご夫婦で切り盛りされている、どちらかというと寡黙に近い接客。これが下手に干渉されず心地いいんです。

今日は、うちのマダムと2人でお邪魔したのでカウンター席。
はやる気持ちを押さえて、とりあえずビール!

メニューは定番の物がずらりと並び、奇をてらわないオーソドックスな感じが逆に嬉しい。

焼き鳥の注文単位は1皿(3本)ごと。
とりあえず本能に任せてオーダーすると、焼きあがった順に次々と運ばれてきました。

かわ

こころ(ハツ)

そして、定番のはさみ(ねぎま)

ちょっと焦げ気味かなとも思ったけど、このタレがうまい!
このコクは営業が長いお店ならでは、きっと継ぎ足し続けたタレの味。焼き加減も、ぼどよく火が通りほくほくの柔らかさです。

焼き鳥が美味しいと、ビールも会話も弾む弾む(笑)
勢いに乗って、ひさっしぶりのハイボールに手を出しました。

タレものが続いてお腹が落ち着いた頃にやってきた、ピーマン。
このタイミングでの焼きピーマンはマジで神!

そして塩ものの手羽先

ふつーに塩をかけただけの手羽先がこんなに美味しいなんて…

肉厚な、しいたけ

メニューの中で唯一、高松らしいなぁと思った親鳥

むしろ親鳥と一緒に食べる玉葱が絶妙でした。

で、なぜか仕上げは、うちのマダムが大好物な豚バラ

ほんと、焼き鳥は余計な事しなくていいんです。
変にアレンジする店も多いですが、やっぱり普通の焼き鳥を普通に焼いた、その「普通」が美味しいお店が三吉さんなんだなと感心しました。

やっぱり長年続いているお店にはそれなりの理由があるもんだと納得です。
近隣の人以外はちょっと不便な場所にありますが、三吉さんはおすすめですよ~!

【追記】
読者さんからの情報で、30メートル東くらいにあるデイパーキングに三吉さんの駐車スペースがあるとの事です。情報ありがとうございます。

 

おしまい。

 

店名三吉 木太店
所在地高松市木太町3137-1
電話番号087-837-1740
営業時間17:00~24:00
定休日日・月曜日
駐車場近隣にあり

 

スポンサー・広告募集