ガーカガワ

和食職人が作る「えびす」の海鮮キーマカレーは瀬戸内の香りがする!(詫間)

三豊市詫間町にある「えびす」さんで、瀬戸内の海の香りがする海鮮キーマカレーをいただきました。

 

父母ヶ浜の人気がエライ事になっていて、その周辺にはここ数年でいろんなおしゃれなカフェなどがオープンしましたが、既存のお店も黙ってはいません!
ここ、三豊市詫間にある和食居酒屋さんが本気で作った「海鮮キーマカレー」が只者じゃないという噂を聞き、さっそく行ってきました。

詫間のレディ薬局の隣にある、えびすさん。

居酒屋というより料亭っぽい外観が風情があっていいですね!

 

瀬戸内の海産物や地元食材をふんだんに使った海鮮キーマカレー

高級料亭にでも来てしまったのかと一瞬戸惑いながら暖簾をくぐると、店内は和風の品を保ちながらも、どこかカジュアルな親しみを感じる空間。ひとりで来てもちゃんと寛げるカウンター席のほか、ご家族やグループには半個室のテーブル席もしっかり備わっています。

「へぇ~っ、こんなお店があったんだ…」と初めて知った方も多いと思いますが、その存在があまり知られなかったのは、居酒屋的な位置づけで地元の人たちに愛されてきたお店だからでしょうか。
三豊市内には最近モダンでおしゃれなゲストハウスなども増えてきたので、夕食需要も当然増えて来そうですし、もっとこういったお店が注目されてもいいんじゃないかな… と、ふと思いました。

と言いつつ、今回はランチ取材です。
この道30年の和食職人であるオーナーさんが作るランチメニューは、なんとカレー!

地元の食材をふんだんに使った「瀬戸内SPICE CURRY」と名付けられた3種類のカレー。中でも、海老ジャコをベースに旬の魚介で作る「海鮮キーマカレー」が人気なんだとか。
時期によって使われる食材も変わり、この日は「アオリイカ&枝豆のイカ墨」「サザエ&タコ」「ハモカツ」「ワタリガニ」というラインナップです。いやもう、これはかなり迷う!

さんざん迷った挙句、今回チョイスしたのはワタリガニの海鮮キーマカレー(1,400円)。

ワタリガニが丸ごと1杯使われているとか、なんて贅沢なんでしょう!

とりあえず最初のひと口をいただくと…

へぇ~っ、しっかり魚介類の旨味を出すと、こんなカレーになるんや…
海老ジャコをベースにしていると聞いてブイヤベースっぽいのかなと想像していましたが、それにあっさりと和風のお出汁が効いている感じ? 
もちろんカレーのスパイス感はしっかり出ているのですが辛さで言えばそれほどでもない。むしろ、魚介類の旨味を味わうために確信犯的に辛さを抑えているのでは? と思うバランスの良い美味しさです。

辛いのが苦手な僕にはちょうど良い塩梅なのですが、物足りない方はテーブルに置いてあるスパイスをかけてくださいとの事です。

そして、いよいよワタリガニ。

ちょっと食べにくいかもね… と笑いながらオーナーさんはおっしゃってましたが、食べやすくちゃんと包丁が入れてあって、このあたりはさすが和食のベテラン。こういうちょっとした気遣いってほんと嬉しいですよね。

ブイヤベースとかだと出汁を取るあまり煮込みすぎてしまうのですが、このワタリガニにはちゃんと身の中にも旨味が残っていてめっちゃ美味しい! というか、和食職人だからこそ出せるカレーの味だと思った。

コロナ禍にあってランチメニューを充実させたいという思惑と、50歳になって何かまた新しいチャレンジをしたいと知り合いのお店で修業し直したという、オーナーさんの意気込みをたっぷり感じる海鮮キーマカレー。
後からやってきた4人グループは、海鮮キーマカレーを全種類オーダーされていましたが、一度食べたら次々と欲が出てしまう病みつきの味がこんなところに(失礼!)埋もれていたなんて、本当に今日はいいものを食べさせていただきました。

マジで、ごちそうさまでした!

 

店名えびす
所在地三豊市詫間町詫間6784-84
電話番号0875-25-2745
営業時間・ランチ11:00~14:00(L.O.13:30)
・ディナー17:30~21:00
※コロナ禍による時短営業中
定休日火曜日
駐車場あり

 

食事の後は、ちょっと足を延ばして絶景カフェでのんびり過ごしては?
関連記事 絶景カフェ!荘内半島オリーブ農園(オリカフェ、一棟貸しゲストハウスKanran)