ガーカガワ

女木島の海が美しすぎるので、ユーチューバー女子にただついて行った件。

高松市近郊で美しい砂浜と言えば女木島! 天気も良いので、ユーチューバー女子の撮影に同行してビーチでぼーっとしてきました。

 

突然ですが、皆さんはユーチューバーって知ってますか?(知ってるわ!)
では、女木島って知ってますか?(それも知ってる!)

そう、高松港より船でわずか20分の瀬戸内海に浮かぶ小さな島、別名鬼ヶ島とも呼ばれる女木島。
特にこの時期の晴れた日は太陽の光の加減が絶妙で、「海が好き!」という竜之介でなくても透明度の高い美しい砂浜に惚れてしまう事でしょう。(昭和のアニメのキャラなんて若者は知らんやろ!)

そんな女木島でとあるユーチューバー女子たちが動画の撮影を行うというので、何食わぬ顔でついて行く事にしました。

 

高松港からわずか20分!気軽に行ける瀬戸内海の島

※左から石川ひかるちゃん、静凛羽(せりは)ちゃん、涼ちゃん

それではさっそく新しくなった船「めおん」に乗って女木島へ向かいます。
そして、気になるそのユーチューバ女子とは、県内のあれこれを配信する「ぴっぴチャンネル」のちゃんと石川ひかるちゃん、善通寺のダイシモチ麦を布教する「むぎゅーガールズチャンネル」から静凛羽(せりは)ちゃんです。

3人とも、のっけからテンション高すぎ!

誰に手を振っているのかと思ったら…

港の職員さんもノリが良すぎ!

そして…

テンションアゲアゲのまま、あっという間に女木島に到着しました。
実は船酔いしやすいという涼ちゃんも、たった20分なら酔うヒマもなかったようです。潮風も心地よいですしね。

今回の目的は、冒頭から書いてる通りベストシーズンの女木島ビーチを堪能する事。
個人的には高松市近郊で一番綺麗なビーチだと思う女木島ですが、特にこの時期、GWから梅雨入りまでの間は気候も良く、また、太陽の光が絶妙で、透明度の高いまるで南海の孤島にでも行ったかのようなリゾート感なのです。
これが夏になると海水浴客で賑わうし、やっぱ夏の暑さは結構きつい。秋は気温がいいのでおすすめっちゃおすすめなのですが、どうしても気分的に「夏が終わったビーチ」は寂しさを感じてしまうのです。なので、女木島ビーチに行くならこの時期なんですよね。

そして、そろそろツッコまないと読者のみなさんも違和感がぬぐえないと思うので軽くふれると…

女木島(別名鬼ヶ島)なので、節分みたいになっています…
さすがユーチューバー女子は撮れ高も意識してみるのです。(笑)

そんな彼女たちを女木島の自然も歓迎してくれているかのよう。

って、めっちゃ強風やし!

 

ベストシーズンの女木島ビーチでただぼーっと過ごす贅沢

女木島の船着き場から歩いてすぐ、高松市内の自宅からわずか1時間ほどで得られるこの景色!
元関西人の僕としては、こんなに気軽に島旅が味わえるなんて、ほんと香川に住んでよかったと思える瞬間です。こんなの日本中探してもそうそうないですよ。船賃(ひとり分往復)とサンポート高松の駐車場代を入れても2,000円ほどですからね、幸せすぎる。

相変わらずテンションアゲアゲ継続中のユーチューバー女子と、グアムか沖縄にでも行った気になる美しいビーチを眺めていると僕の脳も完全にオフ。あまり文字をつらつら書いてもアレなので、ここからは画像中心でお伝えします。

ちなみに最後の画像、若者のテンションについて行けず、成り行きで荷物番になってしまっているのが、ユーチューバーの監督兼カメラマンのおじさんです。

僕はまだ若いので(?)まだガールたちのノリについていけます(笑)

遊んでばかりもいられません。彼女たちには動画を撮るという大事なミッションがあるのです。

どんな動画になるのか楽しみですね。

撮影の合間に海沿いで食べるロケ弁も最高!

今回はいつもの取材というより完全なオフなので、何の狙いも計算もなくただ写真も撮りまくっています。カメラの設定や構図なんかも適当ですが、たまにはこういうのもいいなと思いました。

気がつけば女木島に来て早や4時間。寄り道しながらぼちぼち帰る事にしましょう。

皆さんも、女木島ビーチで何も考えずにぼーっと過ごす贅沢な時間を楽しまれてはいかがでしょうか?

彼女たちのYouTubeチャンネルもよろしければチャンネル登録してあげてください!
⇒ ぴっぴチャンネル
⇒ むぎゅーガールズチャンネル

 

おしまい。