ガーカガワ

レオマリゾートの大バラまつり開催中!甘い香りに包まれてみた。

レオマリゾート

レオマリゾートで6月30日まで開催されている「大バラまつり」に行ってきましたよ。

 

こんにちは。
ローズと言えばサワデーを思い出すガーハラダです。

さて皆さま、3月の終わりにレオマリゾートさんの「チューリップがめっちゃ綺麗やでぇ~」という記事を覚えていますか?
ちなみにこちら。

この取材の際は、いちめんのチューリップをたっぷり堪能させてもらったのですが、ひとつだけ心残りがあったのです。
そう、バラの咲く予定のローズガーデンを広報の佐竹さんにご案内いただいたのですが、当たり前ですが3月末では時期が早すぎる・・・

※3月末に取材に伺った際に撮影したローズガーデン。

それからずっと、トイレに入ってサワデー香るstickスウィートローズの匂いをかぐたびに「ああ、レオマ行きてぇ・・・」と思っていたのです。

という事で、サワデー香るstickスウィートローズでは飽き足らず、ついにガーカガワ2度目の訪問と相成った次第でございます。

おおっ! 世界のバラ展やってる!!

四国最大10万本のバラの祭典

今回は2度目の取材という事で、広報担当の方も2人体制というなんともゴージャスな待遇でした。(いや、たまたまか・・・)

前回お世話になった佐竹さん(左)と、今回はじめましての松本さん(右)。
両手に花で・・・ なんか、すいません。。。

前回の記事がそこそこ好評で、特にYahoo!ライフマガジンの記事の完読率が高アベレージだった事などをフィードバックしつつ、まずは前回心残りだった「アリスイングリッシュローズガーデン」それと「レオマローズガーデン」へ向かいました。

ちなみに6月30日まで開催されている「大バラまつり」期間中、園内には四国最大10万本のバラがあちこちに咲き誇っていて、その美しい多様なバラの花と、そこからの香りに包まれ、すでにうっとりとしております。

相変わらず「ホワイトガーデン」は、まるでどこかの国のリゾートにでも行った気分になれます。

前回まだ咲いてなかったホワイトローズがこの空間に見事にマッチしています。

この場所だけでもインスタ映えするポイントが10カ所はありますね。

そして、「アリスイングリッシュローズガーデン」

不思議の国のアリスに出て来るキャラクターもちょいちょい顔を見せてくれます。
さて、何人見つけられるかな?

ローズでできたアーチも綺麗に咲いています。
6月30日までの期間中、次々とバラは咲くそうですが、このアーチは今がまさに見ごろなんだそう。

この記事を見て、猛烈にバラの中をくぐりたくなった方は、秒でレオマに行きましょう!

「アリスイングリッシュローズガーデン」は、他のさまざまな花や植物とのコラボも見逃せません。

庭園を見ながらベンチに腰掛けて、うっとり見惚れるのもいいですね。
せっかくなので、今だけ限定のバラのソーダ水をいただきました。

薄いローズピンクのソーダ水は、ほのかにバラの香りがしてきます。
しかも、ぷかぷか浮いているのはバラの形をした氷!

※バラのソーダ水(450円)

どう? バエるっしょ?

それほど甘くないので、これからの季節はあっさりして美味しいかも。
今日は真夏日だったので、ほのかなローズな香りを感じつつゴクゴクと一気に飲み干しました。

バラの茎だけで寂しかった「レオマローズガーデン」もこのとおり!

いろんな品種のバラがカラフルに咲いていますので、ぜひじっくりご覧いただきたいですね。

風の道からオリエンタルトリップまでのエリアはバラでいっぱい!

オリエンタルトリップには、このモスクがあるエリアだけでなく、ご存知アンコールワットのような巨大な建物「プラサット・ヒン・アルン」がありますよね。
この周辺にも圧巻のバラたちが咲き誇っています。

建物を取り囲むように「大バラ庭園」がありますので、ぐるりと周りながらお腹いっぱいになるまでバラを愛でる事ができます。

ここもぜひうろうろしてみて!

そして、後先になってしまったのですが、オリエンタルトリップに向かう道すがら通る「風の道」
えーっと、ホテルレオマの森の前、風車なんかがあるエリアですね。こちらも道沿いにたくさんのバラが咲いています。

もうバラすぎてヤバい・・・

バラもそうですが、やっぱり花は晴れた日に見たいし、写真だって明るく撮った方が綺麗に見えます。
梅雨に入る前にぜひレオマリゾートに行ってみてはいかがでしょうか?

【おまけ】パレード見たら、みんな優しかった♪

せっかくなので、14時から始まるパレードも見てきました。
2回目だからか(だからたまたまやし!)、カメラを構えたら、ダンサーの皆さんはじめキャラクターたちがカメラ目線でにっこりしてくれましたので、そのにっこりをおまけとしてご覧くださいな。

いや、もう、完全に自己満やし(笑)

おしまい。

 

◆入園情報等はオフィシャルサイトでご確認ください。

 

スポンサー・広告募集