ガーカガワ

スーツ隊が行く!#03「塩飽本島でただただポーズをキメまくってみた」

スーツ隊 本島

丸亀市の沖合に浮かぶ塩飽諸島の本島(ほんじま)で、島民の皆さんに奇異の目で見られながらキメまくってみました。

 

どうもスーツ隊です。
わけあって笑顔は見せませんが、いきなり島旅っております。

スーツ隊 本島

ガー子も笑顔は見せませんが、なにげに前髪いっぱいに潮風を感じて、やりすぎたツケマのようになっております。

前回の綾川スペシャルですが、忘れた頃に町会議員さんなどがシェアしていただいたようで、思いのほか好評のようです。
わけあって笑顔は見せませんが、この場を借りて心より御礼申し上げます。

 

という事でスーツ隊も第三弾を迎え、お陰様でエージェントも地下メンバーを合わせ総勢9体となり、ますます気になる存在化しておりますが、そんな中で今回のAチームはこちらでございます!

この画像1枚作るのに1時間かかった・・・

スーツ隊では、引き続きエージェントの募集と、スーツ類を提供いただけるアパレル関係者さんのスポンサーも募集しております。ぜひぜひご応募をお待ちしてます。

まずは、本島行きのフェリーでキメてみた。

今回はなんと!!

ただただ塩飽本島でキメポーズをひたすらやってみるという、マニア垂涎の企画でございます。(って、マニアっておるん?)
ガイドブック的な要素はまったくなく、スーツ隊を通じて本島の魅力を読者の皆さんが勝手に、いや、思い思いに感じていただくという無責任な試みなのです。
本稿をご覧になり、「本島に行ってみたいなぁ~」と思われた方は、どうぞ勝手に調べて行ってください。

本島 フェリー

という事で、冒頭に話を振ったきり放置しておりました船旅です。

丸亀港からフェリーで35分、本島は瀬戸大橋のすぐ隣にある島なので、フェリーは瀬戸大橋と並行して進みます。
エージェント達も笑顔は見せませんが、その圧巻の景色にうっとりとしている様子。

うっとりするあまり、お互い見つめ合ったり、

今回デビューを飾った新人#006に、早くもカツアゲを試みたり、

和気あいあいとしているうちに、あっという間に本島に到着しました。

本島

いきなり中身がないとか言わないで・・・

本島を自転車で回ってみたよ!

本島にはコミニュティーバスがありますが、本数も少ないのでレンタサイクルを借りました。
みんな何年かぶりの自転車らしいので、クールな顔をしていますが内心ドキドキ・・・

そんなチキンな時は虚勢を張って、夜になるとブンブンしている某チームっぽく。

不慣れな新人#006が手下みたいになっているのは、きっと時間が解決すると思われます。

では、さっそく本島を颯爽と行きましょうか。

海沿いの道を走ると気持ちいいですね~!
晴天なので暑いかなと思っていたのですが、潮風が心地良くて案外そうでもない。

これなら快適にツーリングできます。

楽しいなぁ~~!

ふと見ると、瀬戸大橋が真正面にどーんと見えるスポットを発見! これはイキりポイントやね。

#003のコロッケパンがカラスの襲撃を受けて無残な姿になり果てた図は撮り忘れましたが、きっとエージェントたちの心のフィルムにはしっかりおさまった事でしょう。

しょうがないので、近くのコロッケみたいな岩に埋もれてみた。

きっと、場違いなスーツ姿にカラスが縄張りを荒らす敵だと思ったのでしょう、なおも遠巻きにアホアホ言ってました。
読者の皆さんも、本島にスーツで行かれる方はどうぞご注意ください。

歴史ある町並みでキメてみた。

そして、本島港から自転車で約15分位かな、笠島まち並み保存地区にやってまいりました。

本島

国の重要伝統的建造物群保存地区の選定を受けている笠島の集落は、またの名を城根と呼ばれるとおり、塩飽水軍の根拠地でもあります。
集落内を通る小路沿いには、本瓦葺きで土壁を厚く塗った町家がひしめき、往時を偲ばせる見事な町並みを形成しています。

 

という、歴史ある町並みなのですが、ほんとタイムスリップしたかのような景観が残っています。

いやぁ~、雰囲気いいですよね~~!

当然ここでキメないと意味ないっしょ!

という事で。

平日という事もあってか、まったく人影はなし。
ごくたまに住民の方が歩いているのですが、皆さん「なんかの撮影な?」と奇異の目で見られます。
きっと観光客には挨拶しよう運動の一環だと思うのですが、中学生たちから「こんにちは~!」と元気よく挨拶された後に、不思議な生物を見るかのようなキラキラとした眼差しを向けられました。

猫様にも・・・

せっかくなので、無料公開されている真木邸にお邪魔しました。

邸内には塩飽水軍ゆかりの船(小早かな?)が展示されていました。

往時は、きっとこんな感じに車座になって寄り合いが開かれていたのでしょう。

というより、密談っぽい?

日本全国には町並み保存地区みたいなところがあり、僕も京都をはじめ妻籠や川越、四国では大洲や脇町など結構こういう場所には行きましたが、それらと比較してもかなりのレベルだと思います。
変に観光地化されすぎず、素朴な形で残っているのがいいですね。

マジなごむわぁ~っ!

という事で、今回の「スーツ隊が行く!」は、塩飽本島の絶景瀬戸大橋と、今もひっそりと残る笠島まち並み保存地区を中心にシュールにお届けしました。

ちなみに・・・

ひとりだけマシーンにこだわっているエージェントがおりまして、どうしてもというので安全装備付きのものを1台だけチョイスしておりました。

密かにツッコんでた方、見る目あるね~!

 

おしまい。

 

◆「勝手に調べろとか無責任すぎるやろ!」と思われた方はこちら

◆スーツ隊の過去記事はこちら

 

スポンサー・広告募集