ガーカガワ

まちフォトvol.03「女木島アートを巡ってインスタ映えを狙ってみた」

女木島

香川のフォトジェニックを求めてぶらつく「まちフォト」第3弾は、アートなインスタ映えを狙って女木島をぶらついてみました。

 

お天気を狙って女木島をぶらついてみました。

 

高松港から女木島まではフェリーでたったの20分。そんな、ちょっとそこまで感覚で行ける距離なのに、なかなか行けなかった瀬戸内の島です。
女木島と言えば夏の海水浴場というイメージを持たれている人も多いと思いますが、瀬戸内国際芸術祭が3年ごとに開催されるようになってからは、アートな島という魅力も加わりました。

瀬戸内の島特有の景色とアートの融合は、きっとインスタ映えするフォトスポットの宝庫に違いない! そんな期待を抱きつつ女木島に行ってきました。

 

鬼ヶ島大洞窟あたり

 

狭い島の山道を、道路すれすれで走るバス。

洞窟の入り口はかがんで入らないといけないほど低かったです。

鬼瓦アート

幻想的というより、なんだか不思議な感じです。

人工的に切り出した跡

洞窟の出口付近にある柱状節理

男木島が見えます。

洞窟近くの休憩所から。何気に絶景でした。

 

女木港周辺にて

 

おなじみのアート「カモメの駐車場」

こっちも。

さて、このアートは何でしょう?

路地に入ると落花生が天日干しされていました。

小学校の壁もアート?

「オーテ」と呼ばれる、強風から家を守る女木島独特の石垣。

港でぼーっとしていると時間を忘れる…

楽器の演奏が聞こえて来たのでふらっと立ち寄ると、学生さんたちが練習していました。明日本番なんだそう。

島猫たちが集まってきました。

子猫ちゃんは、元気にぴょんぴょん跳ねていました。めっちゃ可愛い~!

帰りのフェリーを待つ間、いろいろ話してくれた島のおばあちゃま。

 

 撮影メモ 高松市女木町(女木島)

◆高松港~女木島 運賃 往復740円(大人)
◆フェリー時刻表

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

投稿者:萌えガー子

ガーカガワの萌えキャラ・萌えガー子でーす♬
☆18歳 ☆乙女座 ☆カガワ女子大学1回生
☆カメラ女子 ☆好きな食べ物は和三盆ロール