ガーカガワ

いまどき安兵衛 ~土佐の魅力が凝縮!高知はりまや集合酒場(仮)~

香川県からふらりと行けるところにある、素敵なお店や場所。”落ちてるぴえん”のぶらり旅シリーズ第三弾、高知編。2018年末ごろからオープンした集合屋台「高知はりまや集合酒場(仮)」にある「いまどき安兵衛」さんを取材して来ました。

 

語れども語れども、語り尽くせぬほど魅力的な土佐の夜。
その中でも安兵衛の屋台餃子は特に有名ですよね。ひろめ市場にも出店しているので、夜の街を知らない方でも安兵衛は知っている!って方は多いんじゃないでしょうか?

飲み屋のある繁華街からは少し離れた、はりまや通りを挟んで東側にある「高知はりまや集合酒場(仮)」。魅力的なお店が4店舗集まった、まさに集合酒場。そのテナントに「いまどき安兵衛」という店名で出店されていました。

 

言わずと知れた高知名物。安兵衛の屋台餃子はやっぱり旨い!

ついつい夜深くまで飲み歩いてしまう土佐の夜。
ふらりふらりと次の店を探しながら、飲み屋街から外れてみると何やら賑やかそうな場所を発見。煌々と輝く店舗の看板を見ると、焼き肉・バル・海鮮酒場。そして遠慮がちに「高知はりまや集合酒場(仮)」の文字。

(仮)こみでのテナント名のようです(笑)。
そして、一番奥には高知名物の屋台餃子が食べられる安兵衛さんも。

高知へ来たなら、食べなくちゃ!ということで、入店。
店内は昭和の屋台にタイムリープできるようなレトロな内装。テーブルや椅子のあえての簡易的な感じも統一感があって良き。

お品書きも潔し(笑)。
カウンター側にも一品料理が掲示してありますが、そもそもメニュー数は多くありません。屋台ってそんなもんですよね。
いろんな人に来てもらいたい。みたいな媚びてない感じが素敵。しっかり統一されたコンセプトで屋台の良い雰囲気が演出されています。

まずはドリンクを注文。筆者はいつも通りハイボール。相方さんはビールです。ジョッキには、名言?が。

そして安兵衛に来たのなら、当たり前ですが餃子の注文は必須。
しかし、ここに来たのが3軒目。ずいぶん腹パンなのですが、頭の悪い相方さんは2人前を注文(他にもおでんや一品など)。おいおい、食べ切れるのか…

と思っていましたが、酔っ払い二人で完食。相変わらず、旨い!
ニラと生姜がしっかり効いた餡、小ぶりであげたかのように全体がサクサクしている皮。ウェブサイトにも書いてある通り、アテにも〆にもなる。別腹があるかのように食べ切れますね。

特徴的な味わいに関しても、しっかりと意味合いがあるようで。
ニラ・生姜がしっかり効いてるのは、どちらも高知県が収穫量日本一を誇る名産品であることから由来するようです。この小ぶりな一個にいろんな意味での高知が凝縮されているのですね。
そりゃ旨いはずだわっ!と改めて感動しました。

 

店頭で藁焼く鰹にクギヅケの魚酒場

「いまどき安兵衛」の横で営業されている「高知魚酒場 魚卓」では、藁焼き実演を店外の通りから見ることができます。

目の前で轟々と立ち上る炎は迫力満点。

って、いや… おいっ!相方さんよ。近づきすぎっ!邪魔!邪魔!!(笑)

しかし、慣れたもので。こんな酔っ払いの乱入にも、丁寧に対応していただきました。申し訳なくもありがたい限りです。
飲兵衛の多い高知の夜の方々は酔っ払いのあしらいも上手ですね。

 

高知の街をこぢゃんと元気に!!する集合酒場

「高知はりまや集合酒場(仮)」さんには、「いまどき安兵衛」・「高知魚酒場 魚卓」の他にも焼き肉「肉処でべそ」・バル「KOCHI STAND」という2店舗が営業されています。
壁面にも書かれている通り、この4店舗は同じ志で集まったお店のようですね。

KOCHI SPIRIT KOCHI STYLE! 
コヂャントタベテ コヂャントノンデ コウチノマチヲ コヂャントゲンキニ

※高知はりまや集合酒場(仮)のFacebookページから拝借しています。
※こじゃんと・・・高知の方言で、たくさん・とても等々の意味で使われる言葉。

この場所から土佐のうまいもん・ほんまもんを発信し、高知の街をもっともっと元気に。そんなメッセージを読み取ることができました。素敵な取り組みですよね。

さて、「いまどき安兵衛」の記事を書く予定が魅力的な店舗ばかりで触れずにはいられませんね。改めて来県して、他の店舗お邪魔したいと思います。
カップルのデートにもぴったりな高知はりまや集合酒場(仮)。独り身の筆者も誰か探して再訪したいですね〜

 

店名いまどき安兵衛
所在地高知県高知市はりまや町2丁目7−6
電話番号088−885−7762
営業時間16:00~24:00
休業日無休
駐車場なし