ガーカガワ

木更津発!仏恥義理アイドル「C-Style」は讃岐うどんがお好き?

県民ライター”落ちてるぴえん”です。スーパージャンピング湯切りで有名な千葉県木更津のラーメン屋。西山家の店主に連れて行っていただいた、アイドルが店員さんというちょっと変わったフードトラックを取材しました。

 

 

良いのか悪いのかはさておき、木更津と聞いてヤ◯キーとかツッ◯リとかを想像する人が多いのではないでしょうか?氣志團なんかのイメージありますよね。

今回は、そんなイメージそのまんまのアイドル。いや、愛怒流がおもてなしをしてくれる「キッチンカー房総族」さんに伺ってきました。夜露死苦!!

どうやら、その愛怒流のお二人は西山家さんの影響で香川県にすごく興味があるのだとか。千葉県も瀬戸内海と同じ遠浅の海が多く、親近感を感じるそうで。何よりうどんが好きで、本場の讃岐うどんをぜひ食べたいとの情報をキャッチし、「これは取材をせねば!」と感じた次第です。

この日は、西山家近くのパチンコ店駐車場に出店しているとのこと。今回もお笑い芸人ガリベンズ矢野さんも御同行いただいて、3名でそちらまで。筆者含めて3人は同郷(同じ中学)なのです。
しかしながら、パチンコ・キッチンカー・アイドル・ヤ○キー。。。単語だけを吸い上げると、どうにも関連性が見られず、ドキドキしながらの訪問。

近づいてみると、黒を基調とした外観で、英語でなんか色々書いてておしゃれな感じ。店員さんも若く可愛らしい女の子です。若い時は陰キャ寄りで、ヤ○キーな方々とご縁がなかった筆者は少し安心しました。

のぼりの房総族という漢字は店名として受け入れますが、トラックのドア部分に書いてある不穏さを煽る漢字や、それとなくそれ系(どれ系?)を想起させる薄紫に違和感を感じつつ、それを上回る興味が湧いてきた筆者。

まずは、ファーストコンタクトです。

店内には朗らかで可愛らしい2名の女性が笑顔で「いらっしゃいませ〜」とお出迎えしてくれます。事前情報で仕入れていたイメージの風貌ではなく、至って普通の可愛い二人。
髪が若干パンキッシュな風合いだなぁと思っていたら、このお二人が木更津発仏恥義理アイドルC-Styleのお二人でした!

左が潮干狩 鯏(しおひがり あさり)さん、右が八剣 咲羅(やつるぎ さくら)さん。

しかし、漢字多いな!(笑)
筆者と同じ「疾風伝説 特攻の拓」「湘南純愛組」世代や、それより前の方々なら、さらりと読めるかもしれませんね。

 

愛怒流(アイドル)が笑顔で出迎えてくれるキッチンカーで絶品クレープを食す

聞きたいことはたくさんありますが、まずは礼儀として注文です。女の子らしいタピオカドリンクや、お二人のテーマに即した?木刀フランク(25センチある長いフランクフルト)なんてのもありましたが、ここは素直におすすめのクレープを注文。

味云々の前に、おじさんたちは若い子が頑張ってるのをデレデレしながら待つだけで、お腹いっぱいなのですが。。。

あ、デレデレはガリベンズ矢野さんだけでした(笑)
そして、僕もいただきます。

うん、美味しい!チョコとバナナ・生クリームの愛称は言わずもがなですが、生地が旨い。もっちりふわっとした生地で、これだけ食べても幸せになれそうです。しかも、300円!

やすぅーーーーーっ!!安い。上記のメニュー表では500円だったけど、なぜか300円(店頭POPに表記されてました)。プライスレスのスマイルまでついて300円だなんて。。。

そして、やはり愛怒流ですね。トラックの脇には今までリリースしたCDも販売していました。

可愛い二人が作ってくれた美味しいクレープで大満足したおっさんども。もうこれで今日1日終了でいいよね。
と、なりかけてたけどアカン! そもそも、お二人が香川県に興味を持っていただいてるってとこから始まった記事でした。
何より、どのような活動をしているのか興味津々なのです。

 

木更津LOVEな愛怒流の香川LOVEを応援したい!

現在は二人で活動されているC-Style。二人とも、まだ20代前半にもかかわらず長らくアイドル活動を続けられています。2013年、6名からスタートしたグループが紆余曲折を経て現在9年目。

「木更津発」を標榜しているのが見た目だけではなく、その行動にも現れています。9年間の軌跡を辿っていても、本当に地元愛あふれるエピソードが多数あるんです。

木更津での表現の場を復活させる「木更津ライブハウス復活プロジェクト」を立ち上げ、ライブハウス復活に寄与。木更津市の公認アイドルにとして、さまざまなPR大使になり広報に励み、友好協力関係にあるベトナムのダナン市にも表敬訪問しています。

そして、令和元年に発生した「房総半島台風」では、被災を受けた各地での炊き出し活動や復興応援を祈願したMV「新・餡掛肉御飯」を公開したり。

新・餡掛肉御飯。めっちゃ美味そうやん(笑)。ってか、二人とも素敵やんっ!!

しかも、いじめ反対運動(ピンクシャツデー千葉)や木更津市内の定期的なゴミ拾いしたりと、木更津LOVEのエピソードは枚挙にいとまがありません。

めっちゃ、えぇ子達やんっっ!!!

なんだろう。頑張っている姪っこをみる親戚のおじさんの気持ちなのか?推しを見つけたときのヲタクの気持ちだろうか??

なんだかよく分からないけど、無性に応援欲が湧いてきた筆者。おそらく、私のような人間も含め木更津をはじめとする様々な人に応援されているのではないでしょうか?
ベトナム・モンゴル・台湾などでの海外公演やコロナ禍においてのワンマンライブも満員御礼で成功させ(コロナ対策・ソーシャルディスタンスを万全の上で開催)、冠ラジオ(C-Styleのぶっちぎりナイト!)やレギュラー番組(踊るチバテレYAGURA・千葉テレビ)など、幅広く活躍されています。

他にも、キー局の様々な番組にも出演されているようですね。

そんなお二人の目標は、地元の先輩である氣志團と同じステージに立つこと。ファンとの合言葉は「武道館ではなく氣志團万博の大舞台に立つこと」。なんとも”らしい”エピソード。あくまでご当地アイドルとして発信し、活動を続けるという決意を感じます。

その上で、色々な地域にも遠征に行きたいそうでして。すごく行きたい県の一つが香川県とのことです!嬉しいですね!!ぜひ、西山家さんとセットで来ていただきましょう(笑)。

そんなお二人。6月に新曲『命懸け』をリリースしており、8月15日には富津公園 野外劇場でライブを控えてるのだとか。

これからもどんどん活躍して、香川の地に来ていただけることを楽しみにしてます。

関連記事 テレビ出演多数!香川県出身の麺ターティナーが木更津の地で飛び跳ねる。〜ラーメン西山家〜