ガーカガワ

海上自衛隊・掃海母艦「うらが」でオヤジギャグを連発してみた。

掃海母艦うらが

サンポート高松に海上自衛隊の掃海母艦「うらが」と掃海艇「あいしま」が来ているという事で、さっそく見学してきました。

 

こんにちは。
小学生の頃、長さ1mぐらいある巨大な「空母信濃」のプラモデルを作った経験のあるガーハラダです。
軍オタではありませんが、今回は国防に関する事なので少々真面目にやりたいと思います。

 

 

女子のみなさん、僕の右側あいてますよ(笑)

と、言ったそばからふざけてます・・・

 

さて、海上自衛隊と言えば「伝統墨守・唯我独尊」と呼ばれるほどお堅いイメージがありますが、最近はいろんな広報活動にも熱心で、広く国民に親しみを持ってもらおうという思惑もヒシヒシと感じたりしますよね。

そんな事をチラリと思っているところにちょうど海上自衛隊の艦船がやってくると聞き、さっそくサンポート高松に向かいました。
せっかくなのでどの程度親しみがあるのか、ワールドクラスのオヤジギャグも入れつつサクッとリポートしたいと思います。

 

 

迫力の掃海母艦「うらが」

 

掃海母艦(そうかいぼかん)なんて余程の軍事オタクでもない限り耳にしないと思いますが、簡単に言うと海中にある機雷を除去する役割を持った艦船です。

 

 

太平洋戦争後、旧日本海軍解体後も戦時中に設置された日本近海の機雷を除去するために特別に掃海部隊の存続が認められました。
その後の過酷な任務や、のちに起こった朝鮮戦争への派遣等により、世界の中でも海上自衛隊の実力が特に高い分野なのだそう。

という豆知識を頭の隅に入れつつ、受付を済ませて掃海母艦「うらが」に足を踏み入れました。

 

 

自衛官の皆さんも愛想よく「おはようございます!」と声をかけてくれます。
僕もあいさつ代わりに、なんとなく目が合ったハーフっぽい顔立ちのイケメン自衛官さんに声を掛けてみました。

 

ガーハラダ
さすが掃海母艦だけあって、眺めも爽快ですね~

 

 

自衛官さん
(苦笑)

 

いきなりのオヤジギャグに面食らったのか、それともお決まりの業界標準ネタだったからか、イケメン隊員さんは愛想笑いだけで軽くかわされてしまいました。

そーかいそーかい!

 

 

と、仕方がないのでまるで工場地帯の中に入ってしまったような艦内を進むと、ふいにただっ広い甲板に出ました。

 

 

ここはヘリコプターが発着できる甲板なんだそうです。
来艦者に楽しんでもらおうと、ラッパの体験コーナーや、

 

 

いろんな展示物が飾ってありました。

 

 

軍事オタクみたいな人ばかり来ているのかなと思っていましたが、ちびっこやお年寄り、カメラ女子なんかもたくさん来ていて、思いのほか賑やかです。

 

 

掃海部隊の天敵、機雷も展示されていました。

 

 

話し上手な隊員さんが機雷についての説明をしてくださいました。
すごく分かりやすい説明で僕も納得だったのですが、どうしても聞いてみたい事があったのです。

それは・・・

 

ガーハラダ
隊員さんは、これお好きです?
自衛官さん
キライです(笑)

 

おーーっ! ナイス!

 

なかなかのノリに気を良くして、次に向かったのが「うらが」の中枢、CICなどがある艦橋です。

 

 

こちらには何やらわけの分からないいろんな計器類がたくさんありました。

これは羅針盤かな?

 

 

船を制御するための機器類や、

 

 

面舵いっぱーい!

よーそろー!

なんてかっこよく叫んでしまいそうなハンドルなんかも雰囲気があります。

 

 

ここでも隊員さんがいろいろ説明してくれました。

それにしてもかなりな数の計器類です。
たまたま女性の隊員さんがいらしたので、ちょっとお聞きしてみました。

 

ガーハラダ
こんなにたくさんのスイーツに囲まれるとか、ほんと幸せですよね。

 

・・・・。

 

計器に囲まれてるでしょう?

ケーキに囲まれてるでしょう??

 

あかん・・・
めっちゃスベったーーっ!

 

 

僕の右側あいてます・・・

 

 

実はフォトジェニックだった掃海艇「あいしま」

 

ギャグがスベって、思わず急な階段までスベってスネをしたたかに打ってしまった僕ですが、気を取り直して掃海艇「あいしま」に向かいました。
きっと、こちらにはノリの良い隊員さんがいるに違いない。

 

 

「うらが」に比べるとかなり小ぶりな艦艇ですが、意外と見るものがありました。

変すぎるダンスを踊っている少女を横目に見ながら甲板を進んでいくと・・・

 

 

おおーっ! JM61-M 20mm機関砲じゃないかっ!

軍オタかっ!!

 

 

これって、最新鋭の機関砲でしょ!
電子制御で百発百中! アニメの「ジパング」で敵機をバタバタと墜落させたやつじゃないですか!!

もう、「!」マークの大盤振る舞いです!

最新鋭の機関砲感動~っ!

 

と思ったら・・・

 

 

えっ?

 

 

命中精度は射撃手の腕しだいです。(^o^)

 

絵文字で誤魔化すなーーっ!!

励まんかいっ!

 

と、僕がオヤジギャグで盛り上げなくとも海上自衛隊の皆さんは自己解決でクスッ笑いの道を唯我独尊のようなので、ここからはちょっとフォトジェニックだった設備の数々をダイジェストでお届けします。

 

 

こちらもスイーツ類・・・ もとい、計器類がたくさんありました。

 

 

僕のような関西人のノリでオヤジギャグを連発してもスベる事が分かったので、こちらの艦橋ではスイーツは封印しました。
どうも関西人はなかなか受け入れてくれないようです。

どうしても・・・

 

 

関西人は・・・

 

 

って、広島かいっ!

 

先に言ってほしかった・・・(笑)

 

という事で、海上自衛隊の皆さんに親しみを持っていただけたらと、ちょっとワールドクラスのオヤジギャグを入れつつリポートさせていただきました。
まぁ、かなり失礼な紹介の仕方となりましたが、普段我々の気づかない所で海上自衛隊の皆さんはさまざまな活動をされています。

掃海部隊は明日5月27日(日)も一般公開されています。この機会に皆様お誘いあわせのうえサンポート高松まで行ってみてはいかがでしょうか?

 

分かりやすいオヤジギャグなら期待に応えてくれる事でしょう(笑)

 

 

おしまい。

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

投稿者:ガーハラダ

兵庫県出身四国帰化人。爆笑よりクスッ笑いに使命を感じるアラフィフ。明太子は心の友。たまにガー子♡