ガーカガワ

スーツ隊が行く!#15「中野うどん学校で普通にうどん体験してみた」

香川の魅力をシュールに伝えるスーツ隊であるならば、うどんのひとつも打てるようにならないといけない!
という事で、中野うどん学校高松校さんに入学してきました。

 

どうもスーツ隊です。
わけあって笑顔は見せませんが、今回は香川の食文化を語るに相応しい、こちらのお店にやってまいりました。

中野うどん学校高松校さん。

最近ちょっといい気になっているのか、スーツ隊の趣旨を勝手に逸脱してサティアンの研究員のような隊員が混じっていますが、さらにいい気になってしまってはいけませんので変に反応しないようお願いします。

そして、もうひとつ気がかりなのがエージェント・ヒトミ姐さんの行動です。最近妙にピンで目立ちたがるのですが、もしかしてソロデビューを狙っているのでしょうか?

うどん作りの企画のためエプロン持参の指令を出したら、今回も案の定ひとネタ仕込んでおりました。
が、分かりやすくアンパンの某人気キャラクターでしたので、「子どもかっ!」とツッコむ前に「著作権!」となってしまうツメの甘さが姐さんらしいと思いました。

そして、スーツ隊もお陰様で地下メンバーと幽霊部員も含めると20名を超える大所帯となりましたが(引き続きメンバー募集中)、そんな中で今回のAチームはこちらでございます。

中野うどん学校の皆さんの写真がウェルカムだったので、思わず擬態してしまいました。
今回も個性あふれるメンバーですが、ウケ狙いが変な沼にはまらないよう、空回りはたいがいにして頑張りましょう!

 

入学して50分で卒業!うどん県民なら1人1枚卒業証書を取得すべし

さて、離乳食からうどん文化にどっぷり浸っている幼女隊すずちゃんもやる気満々なのでさっそく入校いたしましょう。
今回指導していただくくみちゃん先生が教壇に立つと、スーツ隊にも緊張感が漂ってまいりました。

特にスクールカースト3軍だった男性隊員たちにとっては、学校の先生というだけで条件反射的に背筋が伸びてしまうようです。きっと留年したらどうしよう…とか考えているに違いありません。

さて、ひととおり説明を聞いた後でさっそくうどん作りに取り掛かりたいと思います。
尚、本来であれば出来上がったうどんを試食したいところなのですが、コロナ禍でもありますのでテイクアウトとしました。包装の関係で取材現場では先にテイクアウト用として麺切りを行ったのですが、本記事では本来の作業工程の順に紹介したいと思います。

という事で、まずは生地をこねていきます。
親子体験のようなほのぼのとした雰囲気からスタートしようと思いましたが、よく見ると隣でヒトミ姐さんが隙あらばツッコミを入れようと虎視眈々と狙っております。

サティアン隊の2人は、サリンか何かの実験をしてる雰囲気を出そうとしてますが、ふつーに男やもめの料理教室みたいになってて笑う。

せっかくなので、リズムに乗って軽快にやりましょう!

むしろ、うどんそっちのけで踊り出すスーツ隊。きっと、日ごろからのストレスが溜まっているのでしょう。
まぁ、楽しけりゃなんでもいいのです。

そして、さぬきうどんの生地をこねる作業は、お決まりの足踏みへ移っていきます。
なぜか、恋するフォーチュンクッキー♪の大合唱(笑)

カフェテリア流れるミュージック♪

止められない~ 今の気持ち♪

カモン カモン カモン カモンベイビー

占って・よ♪

恋する…

てか、みんな…

スーツ隊の本来の任務忘れてないか?

そして…

くみちゃん先生!!

さすがです(笑)

サティアン隊は早くも息が上がってるし…

女子隊員たちは、さらにヒートアップ!

楽し気なスーツ隊に入隊されたい方は、お問い合わせフォームからお申し込みください(笑)

って、子ども置き去りかいっ!(笑)

さて、足踏みフィーバーの余韻に浸りながらこの後の工程に進みますが、本来なら一番楽しい麺切りの作業がクールダウンに使われるというおかしな展開となりました。

うどんは茹でると膨らむので、切り幅ゲージにそって細目に切っていきます。

女子隊員にとっては包丁使いで日頃の女子力が試されるという、何気にマウントの取り合いみたいな展開を期待したのですが、なんかみんなそこそこ上手に切れてて腹立つ!

それに対してサティアン隊はというと…

きしめんかっ!

干したらかんぴょうやん!

あらっ、すずちゃんの方が上手やん。

さて、うどん県民読者のみなさんの評価はいかがでしょうか?

肝心のお味の方は、それぞれ持ち帰って秘密裏に楽しむことにいたしましょう。

という事で、いつもながらグダグダなレポートとなりましたが、中野うどん学校高松校さんでのうどん作り体験の様子はいかがだったでしょうか?
うどん県民たるもの、食べるだけじゃなく実際にうどんが打てるようになってこそだと思います。

うどん打ち体験は、ひとり1,600円(税別・団体割引あり)。サティアン隊のようにきしめんになっても留年なしで卒業証書がもらえるので、ちょっとした自慢になりますよ(笑)

おしまい。

 

店名中野うどん学校高松校(ナカノヤ高松)
所在地高松市成合町8番地
電話番号087-885-3200
営業時間9:00~17:00
休業日年中無休
駐車場あり