ガーカガワ

1杯の珈琲で障がい者の自立を応援しませんか? ~ YELL COFFEE ~

YELL COFFEE

珈琲の加工・販売を通じて障がい者の就労支援に取り組む、綾川町の「就労支援施設ピュア」さんにお邪魔してきました。

 

普段ご家庭やオフィスで何気なく飲んでいる珈琲。
その1杯の珈琲で障がい者の方たちの自立を応援できるとしたら素晴らしい事ですよね。
今回は、障がい者の方たち自らが珈琲の加工・販売を行い、自立をめざす就労支援施設ピュアさんに伺い、お話を聞いてきました。

YELL COFFEE(えーるこーひー)とは?

綾川町にある就労支援施設ピュアさんでは、一般就労に不安をお持ちの障がい者の方々を対象に、個々の状況に合わせて支援計画を立て、実際に就労経験を積んでもらう事により、社会的にも自立してもらおうと活動されています。
具体的には、施設内での内職やPCでの作業、施設外での企業や農家での作業等さまざまな就労機会を提供されているそうです。

今回お話をお聞きするYELL COFFEE(えーるこーひー)の加工・販売もその活動のひとつ。
今のところ受注ベースでの販売だそうですが、コロンビアやブラジル産のコーヒー豆の選別から作業をされているとの事。

障がいの種類や程度もさまざまな人たちが、お互い助けながら出来る事から作業をしてもらうというスタイルで、主に以下の作業内容になるのだとか。

  1. 珈琲の風味に悪い影響を与える不良豆を取り除く
  2. 焙煎された豆を中細挽きで挽いていく
  3. 挽いた豆を測り、ドリップパックに袋詰め
  4. パッケージにドリップパックを入れ封をし、製品として出荷

出来上がった商品も見せていただきましたが、こう言っては大変失礼かとは思いますが、障がいを持った方が加工したとは思えないクオリティーです。

これなら、支援だとか応援だとか抜きにしても、あたりまえに購入してもいいんじゃないかと思いました。

 

ひとりでも多くの方に飲んでもらいたい!

今回取材のご対応をいただいた、広報担当の大野さんにお話しを伺いました。

 

ガーハラダ
今日はいろいろとご説明いただきありがとうございました。
障がい者の就労支援の一環との事で、いろいろとご苦労もお有りでしょう?
大野さん
一番頑張っているのは作業をされている障がい者の皆さんですけどね(笑)
そこいらのお話をする前に、とりあえず珈琲一杯いかがですか?
ガーハラダ
おおっ!
さっきから物欲しそうにしていたのがバレましたか?

 

お湯を入れた途端、珈琲のとっても良い香りが立ち込めてきました。

ガーハラダ
なんか、めっちゃいい匂い!
大野さん
今のところ、受注してから挽きますからね。挽きたてをぜひどうぞ!

 

 

ガーハラダ
ああ、いいなぁ~~
実は僕、日に2~3杯は飲む珈琲党なのですが、これは変なクセもなくすーっと飲めます。
仕事の合間にひと息入れたい時にぴったりですね。
大野さん
ありがとうございます。
ドリップパックなので、お好みでお湯の量を調節してもらうと濃いめ薄めも楽しめます。
ガーハラダ
カップもおしゃれですね~!

 

 

大野さん
ご希望があればカップも販売していますし、もちろんドリップパックだけでもご注文は可能です。

聞けば、オフィスユースも多いらしく、コクは強すぎず適度に、どちらかというとあっさりした珈琲は仕事人の僕(?)にもぴったりです。
ひと言でいうと「好きな味」でした。

ガーハラダ
ちなみに、今働いている障がい者の皆さんは何名ぐらいいらっしゃるのですか?
大野さん
今のところ28名ですね。
ガーハラダ
結構多いんですね。
大野さん
うちは、ある障がいに特化しているわけではなく、いろんな障がいをお持ちの方が来られていますからね。

普通は、例えば知的障がい者専門、身体障がい者専門みたいに専門化された施設が多いのだそう。
そんな中、就労支援施設ピュアさんでは、いろんな障がいをお持ちの方を分けることなく受け入れているんだそうです。

ガーハラダ
専門化した方がスタッフさんもやりやすいと思うのですが、あえて大変な運営をされるのには理由があるのですか?
大野さん
確かに障がいの種類が増えれば専門的な知識もそれに応じて習得しなければいけませんので、スタッフは大変だと思います。
でも、いろんな人と共同作業する事で、障がい者の方にもお互い足りない所を補い、サポートする喜びを感じていただけますし、技術だけではなく、協調性なども身に着けていただいています。
ガーハラダ
大変だけど、得るものも多いという事ですね。
大野さん
地場の企業や農家さんなどのご協力もあって、施設を卒業されて健常者と同じ待遇で働いている人も増えています。珈琲の加工や販売を通じて、ひとりでも多くの障がい者に希望を持ってもらいたいですよね。

 

普段飲む珈琲が、障がい者の皆さんの就労支援になる。
珈琲を飲んでエールを送ろうという名のYELL COFFEEは、珈琲自体のクオリティーもそこいらで売られているものと比べても同等以上だと思います。

ガーハラダ
ちなみに、購入方法はどんな感じですか?
大野さん
すみません、一般向けにはまだしっかり販売体制が整ってないのでネット等は今後の課題なのですが、お電話をいただければ必要な数をお買い求めいただけます。
ガーハラダ
ぜひ皆さん、就労支援施設ピュアさんにお電話を!
大野さん
皆でご注文をお待ちしております。よろしくお願い致します!

※上記のギフト商品以外にも用途に応じて必要な数がアレンジできるとの事です。

 

珈琲を飲んでエールを送るからYELL COFFEE。
ご家庭やオフィスなど、普段飲んでいる一杯の珈琲を障がい者の皆様の希望に変えてみませんか?

ご注文はこちらから

注文専用TEL 080-3161-3462

 

おしまい。

 

 

スポンサー・広告募集