ガーカガワ

昭和にタイムスリップ!オバァに癒される角打ち酒場「大塚酒類米穀店」

観音寺の取材途中に少し不思議な酒場を見つけたのでアポなしで突撃取材してきました。

 

 

こんにちは。落ちてるぴえんです。
JR観音寺駅から北に向かって徒歩3分。築100年の古民家商店「大塚酒類米穀店」に突撃取材をしてきました。
細かい内容はさておき、まず結論をお伝えしたい。

疲れてる現代人(特に中年)はここに行け!
田舎のオバァを感じたい若者はここに行け!
金欠・昼飲みしたいやつはここに行け!

つい、推しの言葉が出てしまう角打ち酒場なのです。

 

買ったお酒をそのまま飲む角打ちスタイル。オバァのお店でのんびり癒される。

この店舗が建った100年前から(もしかしたらそれ以上前)米穀店・角打ち酒屋として営業されていた大塚酒類米穀店。そこへ60年前に嫁いできたのは、今でもカウンターに鎮座する御歳81才のオバァ(女将さん)。

40代の筆者からすると、幼少期に通っていた駄菓子屋みたいな懐かしさがある空間の中で、ノスタルジーを感じながら、爆安の値段で酒が昼から飲めて、オバァ(女将さん)の笑顔と優しい言葉で癒される。全ての癒しが詰まったようなお店でした。

しかしながら、何も知らずに入店する時には、ドキドキしながら少し二の足を踏んだのです。
躊躇する要因の一つは、店外に向かって貼り出されている作意性の強いポスター。

ソムスワコム。何語かわからないが日本語訳は書いてくれている。いらっしゃいませ…

その他にも何枚か張り出されており、店内の確認を阻んでいるかのようにも感じ取れます。そして、入店すると目に飛び込んでくるのは、まず衣類。
えっ? 酒・米じゃないの??

戸惑いながらも、「こんにちは〜」と声をかけると、「いらっしゃ〜い。こっちこっち」と、どこか安心する屈託のない声で呼び込んでくれます。
そして、誘われるままに声のする方へいくと、最初にご紹介したオバァがニコニコしながら出迎えてくれました。

年季の入ったカウンターに腰を下ろし、メニューを確認してみると、いろいろなものが安い!(全て税込)。
カップ麺とはいえ、飲食店で提供される時には税込400〜450円くらいが普通。メニュー表記はないのですが、アルコールは全て300円だそうです。

店内をよく見ると築100年でもしっかり管理されているのが分ります。そして、「けっこう価値があるんじゃない?」ってものがところどころに置かれているんです。

地酒「川鶴」さんの印が入った黒板とか。

レトロなレコードの数々。

天明元年からの米価格表。天明っていつですか?(笑)

丁寧に使い込まれたカウンターもまた良いんです。

そして、無料でいただいたゆで卵。朝から何も食べてなかった(取材時14:00)ので、これがまた沁みます。

オバァいわく、「頂き物で商売はしない」そうです。
いただいたものは、お店に来てくれるみんなで共有する。そして、その人たちがまた何か持ってきてくれる。それが循環してる。そんな場所です。

でも、そのおかげで客単価は600円が平均なんだとか(笑)。それを聞いて俄然飲む気になった筆者でしたが、お土産のおかき(100円×2)を購入しても1,200円でした。
1,200円で得られた満足感。この上ないものでした。このまま、次の取材先をキャンセルして、ここでシコタマ飲み明かしても良いんじゃないのか。そんな思いに駆られたのは、ここだけの話です。

現代社会に疲れたアナタに、ひとときの癒しを与えてくれる大塚酒類米穀店さん。たまには、古き良き時代へ、タイムスリップしに行ってみるのも良いんじゃないでしょうか?

 

店名大塚酒類米穀店
所在地観音寺市観音寺町1037-1
電話番号0875-25-2745
営業時間10:00~17:00
定休日不定休
駐車場なし