ガーカガワ

【20時迄営業】高松中央インター近くのセルフうどん ~ 愉楽家 ~

さぬきうどん

さぬきうどん店の多くは15時~17時には閉まってしまう中、20時まで営業している愉楽家さんをご紹介します。

 

こんにちは。
すっかり3食うどんOKな体質になってしまったガーハラダです。

元関西人の宿命といいますか、帰省する関係でお正月はうどん絶ちになってしまいます。
そうすると、高松に帰って来る道すがら完全に「うどんの口」になってしまうのですが、悲しいかなどこも早い時間に閉店してしまって、「このうどんヲタな胃袋をどうしてくれるねん!」という状況になってしまうんですよね。

しょうがないのでチェーン店で我慢していたのですが、こちらのお店を見つけてからは一気に悩みが解決しました。
※年末年始はお休みなので営業日にご注意ください。

 

 

インター近く、夜20時まで営業している愉楽家さん!

 

という事で、高松中央インター降りて南へすぐの場所にある愉楽家さんを今回はリポートします。

 

愉楽家愉楽家

 

夜20時まで営業してまっせー!
と言いながら、実は朝開店と同時に行ってきました。

お客さんが多いと、店内撮影に何かと気を遣うので・・・ (マジな話し)

と、取材の苦労話を書いても「何アピールやねん!」と言われそうなので話を進めますと、店内はいたってふつーのセルフ店です。

 

愉楽家

 

開店直後なのでおにぎり類も多く有りましたが、以前伺った時には夕方以降でもそこそこ品揃えは有りましたよ。

 

愉楽家

 

もちろん、さぬきうどん店には欠かせないおでんも完備!

 

 

おでんとおにぎりコーナーを進むと、次はうどんを注文します。

 

 

ガテン系のお兄さんなら迷わず2玉、3玉なのでしょうが、普段ラジオ体操ぐらいしか運動しないガーハラダは1玉が標準仕様。こちらは少し多めですしね。
でも、たまにちょっと頑張りたい時があるんですよね。

頑張りたい時の1.5玉は、ほんと神メニューだと思います。

で、今日は頑張る気がないので「かけ1玉」を注文して、ついでに撮影許可をもらって天ぷらコーナーへ。

 

 

一番人気は「とり天」らしいのですが、ガーハラダ的には「いいだこ天」がおすすめです!
いいだこ天と言えば「しんせい」が有名ですが、その次ぐらいにおいしいんじゃないでしょうか。

 

 

ある焼き鳥屋さんが「苦労して串に差してるので、串に付けたままかぶりついて下さい!」なんてTwitteが話題になりましたが、こちらのいいだこ天は串から外して食べましょう。
串ごとかぶりついたらウエーーッってなりますからね。とっても棒が長いのです。

 

という事で・・・

 

ジャーーーン!!

 

さぬきうどん

 

いいだこーーっ!

 

 

うどんは、コシというより「のどごし」が良いタイプ。
高松に住む前は、冷凍うどんのような歯ごたえのあるものがコシだと思ってましたが、実はさぬきうどんのコシとは「のどごし」の良さを言ってるんだと勝手に得心しています。

ちゅるんとのどごしの良い、私の好きなタイプでした。

そして、さぬきうどん店では珍しく、愉楽家さんでは鰹節のトッピングが出来るんですよね。
これもぜひ試してみてください。鰹の風味で食欲バーン! となりますよ~(笑)

 

という事で、今回は愉楽家さんをご紹介しました。
街中に行けば夜も営業しているうどん店はありますが、ちょっと食べたいだけなのに車をコインパーキングに止めてとぼとぼ歩くのも億劫ですよね。
ロードサイド店なので気軽に車で立ち寄れますし、高松中央インター近くなので、観光客の皆様には「トドメの一杯」に良いかもしれませんね。

使い勝手の良い、とってもおいしいうどん屋さんでした。

 

おしまい。

 

店名 愉楽家 林店
所在地 香川県高松市林町1481-8
電話番号 087-865-1113
営業時間 10:00~20:00
定休日 年末年始
駐車場 あり

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

投稿者:ガーハラダ

兵庫県出身四国帰化人。爆笑よりクスッ笑いに使命を感じるアラフィフ。明太子は心の友。たまにガー子♡