ガーカガワ

中津万象園・懐風亭で日本庭園を眺めながら優雅に忘年昼食会

3年目のスーツ隊忘年会は、中津万象園・懐風亭さんで会席昼食会となりました。夜の宴会にまだ抵抗がある人にはこういうのもいいのでは?

 

間もなく3周年を迎えるガーカガワ・スーツ隊。
去年はコロナ禍での自粛で忘年会は行わなかったのですが、今年は会食の人数制限も解除された事から決行。ただ、まだ何となく夜の飲み会には抵抗があったので、ここ中津万象園・懐風亭さんに予約を入れて忘年昼食会といたしました。

おもろい事やって~っ!って言ったら、一人だけおもろい事しなかった、いかがわしい占い師が結果的に一番おいしかった不可解(笑)

関連記事 スーツ隊の記事まとめ

 

日本庭園を眺めながら四季折々の和食を堪能

実は懐風亭さんへは中津万象園の取材の際や、別件での撮影等で何度か食事をさせていただいているのですが、そう言えばまだ本誌ガーカガワでは紹介してなかったですよね。
懐風亭さんは、京極氏ゆかりの大名庭園である中津万象園に隣接しているお食事処で、慶事や各種宴会など、ちょっとしたハレの日ユースが多い印象です。中津万象園はガラガラなのに(失礼!)なぜか懐風亭さんだけ満席という日も何度も見かけました。

その人気の秘密は、日本庭園と調和した落ち着きのある店内外と、少人数から60名まで利用できる個室。そして、各個室から眺める中津万象園の庭園美は見事のひと言!

そんな優雅な懐風亭さんにお邪魔しているわけですが、風雅も趣もまったく分からないスーツ隊のメンバーは、お酒の無い事にブツブツ言いながら、しょうがないのでとりあえずグラスに入ったサラダで乾杯!

ちなみに、なにもチャラけてグラスにサラダを入れたのではなく、ちゃんとした料理の一品です。はい、本日のお料理は「瀬戸内のおもてなし御膳(2,400円)」。

牛ロースの陶板焼きにお造り、天ぷらなどが豪華に並ぶ、まさにおもてなしの和食ラインナップです。
陶板焼きはその場で焼くのでお好みの加減で食べられるのが花まる!

天ぷらは、欲を言えば揚げたてをいただきたかったのですが、ウダウダしていた我々が悪いのです。でも、冷めても衣はサクサクで美味しかった!
食後にうどんが出てくるのも面白い(出てくるタイミングは食後じゃなくても可)。

そして、こちらは予約の際に中津万象園の広報さんがイチオシしてくれた「秋の味覚の玉手箱(要予約・3,300円)」。

風呂敷包みを開いて二段になった折詰を並べてみると…

えーっと、ローストビーフに鮭の西京焼き、蟹の爪に、フグのから揚げも!
握り寿司もフグで、巻は牛ロースにその他もろもろの秋の味覚がぎっしり詰まった、これぞまさしく玉手箱。尚、テイクアウトのしつらえになっていますが、店内でもお召し上がりいただけます。

ちなみに、食べたのはスーツ隊のラスボスなのでちゃんとした食レポは期待できませんが、おいしいおいしいって食べてました(笑)

目が合うと、勝手に前世とか守護霊とか霊視されるのでご注意ください…

まだまだ油断は禁物ですが、きちんと当たり前の感染対策を施したうえで、気の合う仲間たちと昼食忘年会なんていかがでしょうか?

とってもおいしゅうございました。ごちそうさまでした!

 

店名中津万象園・懐風亭
所在地丸亀市中津町25-1
※懐風亭のみの利用は中津万象園の入場料不要です。
電話番号0877-23-2266
営業時間11:00~14:30(L.O.14:00)
17:00~21:30(L.O.20:30)
休業日水曜日
駐車場あり