ガーカガワ

圧巻の120万本!まんのう町のひまわりは今年も元気です。

ひまわりの里まんのう

町全体で120万本のひまわりが咲くというまんのう町。今年も圧巻のひまわり畑に埋もれてきました。

 

「ひまわりの里」として知られるまんのう町。この時期、町全体で毎年120万本のひまわりが咲き誇り、訪れる観光客を楽しませてくれます。
昨年のひまわりまつりでお世話になった関係で町役場の職員の方にお聞きしたところ、「今年は新型コロナの影響で残念ながらひまわりまつりは中止となりましたが、ひまわり自体は例年通り元気に咲いてますよ」との事で、スーツ隊&スーツ少女隊とともに同町帆山地区と中山地区を訪れました。

関連記事 昨年のひまわりまつりの様子はこちら

 

帆山公民館周辺

ひまわりまつりの会場にもなっていた帆山公民館周辺。同地区では1922年からひまわりの栽培が始まり、その後2000年に栽培規模を5haに拡大(その後13haへ)、2010年にはひまわり油を使ったドレッシングの販売も開始、今では「ひまわりの里まんのう」として県内外に知られるようになりました。

観光客向けに開放されている駐車場に車を停め散策すると、梅雨時にもかかわらず結構な人出です。

あまり密にならないよう場所を選びながらの撮影となりましたが、これだけたくさんのひまわりから笑顔を向けられると自然に心が躍ってきます。

少女隊のSanaとFukaもいつもよりテンション2割増し?(笑)

そして、仕事が多忙になったり、産休に突入して稼働率が低くなったスーツ隊からは、エージェント・ミナミとエージェント・ナカの2名が参加、何気に少女隊のSPみたいなシュールさを醸し出しています。

ふと見ると、撮影の様子を遠巻きに眺める観光客の皆さんから好奇の目で見られ始め、「SPが付くとかどこの有名タレントやねん!」みたいなあらぬ誤解を受けそうだったので、その場を撤収。
少女隊には正規の通路を歩いてもらい、それを別の通路から望遠で狙って「ひまわり畑に埋もれたよ~!」みたいな高等な撮影を行ったりしたのでした。

ひまわりの里まんのう

声が届かないので撮るタイミングが難しい…(笑)

そして今回は、モデル撮影なんかでご協力いただいている撮影集団・瀬戸海倶楽部も同行。今年はひまわりまつりが中止になって、ひまわりちゃんロスになっている人も多いと思いますので、勝手にひまわりちゃん設定でモデルのおかりなさんにもちょっと混じってもらいました。

勝手にひまわりちゃん♡

かわいい~っ!

でも、カメラを引いてみると…

台無し~っ!

最近は意思疎通がばっちりなほどの信頼関係なので、スーツ隊に「おもろい事やって!」のひと言で勝手に創作してくれるからめっちゃ撮影がラクになりました。
撮影の合間にもシュールな表情の練習に余念が無かったり、

勝手に少女隊のTikTokに入ろうとして、ソッコーで削除されてたり、

スーツ隊としてのプロ意識も芽生えてきたようです。

と… エージェント・ミナミが菊リン化しはじめてくるし、蚊に刺されてくるしで虫よけスプレーを持って来なかった事を後悔しつつ次の目的地に移動しました。

 

中山ひまわり団地

帆山地区から車で数分、もうひとつのひまわり名所である中山ひまわり団地は、打って変わって人もまばら。ポートレート撮影などでじっくりカメラを構えたい人にとってはむしろこちらの方がおすすめかもしれません。

動画撮影隊のさぬきんもいよいよ本領発揮です。

菊リンのアップとかどこに使うねん!

今回は安全に配慮しつつドローンも撮影したので、上空からの迫力のある映像も後日お見せできると思います。乞うご期待!

その後も、うっとりかわいい少女隊のアイドルっぽい撮影も行い、

ちょいちょい足元に転がっている幼女隊にじわりと人気が出ているようなので、とりあえず画を押さえてみたり、

信頼関係をいい事に好き勝手にナル顔ポーズを決めだしたエージェント・ナカ、

弱っている者には強気になるサイテーな菊リンが、無駄にひまわりにカツアゲしてみたり…

思い思いに、まんのう町ひまわり畑の休日を楽しんだりしたのでした。

 

もうすでにしおれているものも多かったので、ひまわりの見ごろはあと1週間程度でしょうか?
なかなか梅雨も明けませんが、雨がやんでいる隙にちょっと立ち寄ったり、何なら雨に濡れたひまわりも趣きがあって良さげだと思います。
読者の皆さんも、元気一杯咲き誇る圧巻のひまわり畑に癒されましょう!

おしまい。

 

モデル=スーツ隊(エージャント・ミナミ、ナカ)、スーツ少女隊(Sana&Fuka)、おかりな
撮影協力=さぬきん、瀬戸海倶楽部