ガーカガワ

歯科衛生士はフリーランスが成り立つのか?実際に聞いてみた。 ~はははの研究所 ~

歯科衛生士と言えば歯医者さんで歯科医師の補助をする仕事のイメージですが、ここ香川ではフリーランスとして活躍している歯科衛生士さんがいらっしゃいます。今回は、歯科衛生士はフリーランスとして成り立つのか? という疑問をぶつけてきました。

 

こんにちは。
小学生の頃、歯科検診でC3と診断され、その後しばらくC3POと呼ばれていたガーハラダです。
ええ。口の中でスターウォーズしてました・・・

 

昨今では働き方も多様化してきて、いろんな分野でフリーランスという働き方が認知されてきました。
起業等のコンサルタントも行っている関係から、私の方にもフリーランスの方からのご相談もちらほらございます。

そんな中、香川にフリーランスの歯科衛生士さんがいらっしゃるとの噂を聞きましたが、どうも歯科衛生士さんのフリーランスってイメージがわかないんですよね。まさか、歯科衛生士さんだけで医院を経営できるわけでもないですし。

という事で、これはぜひお会いしてお話をお聞きしたいと、さっそくイベント会場である三木町のベルシティさんへ足を運びました。

 

お話を伺ったのは、フリーランスの歯科衛生士、はははの研究所代表 赤澤美裕紀さんです。

 

 

 

歯科衛生士ってどんな仕事?

 

ガーハラダ
本日はよろしくお願いします。突然ですが、歯科衛生士さんって美人率高いですよね。
赤澤さん
いきなりそこに来ますか(笑)
ガーハラダ
ええ。歯医者さんに行くたびにドキドキしています。試験の時にブスは落とされるとかあるのかなと。
赤澤さん
そんな事言ったら、世の女性を敵に回しますよ(笑)。確かに私の周りにも美人さんは多いのですが、実は美人に見せるコツがあるんですよ。
ガーハラダ
おおっ! ぜひそれが聞きたいです!
赤澤さん
なんのインタビューなんですか!
赤澤さん
まぁいいです。実は、みんなマスクをしていると思うのですが、基本メイクは目元だけなので集中的にできますし、少し目を見開き気味にすると美人に見えるようです。
ガーハラダ
実はこういう事もあろうかとマスクを持参してきました。
赤澤さん
だから、なんのインタビューなんですかっ!!

 

 

おおーっ!!

 

ガーハラダ
まさに、白衣の天使!
赤澤さん
いきなり、変な事させないでください!
ガーハラダ
僕もやっていいですか?

 

 

赤澤さん
ただの怪しいおっさんですよ。

 

 

ガーハラダ
泣いてもいいですか?
赤澤さん
ダメです。

 

 

心が落ち着くまで、しばし北海道のすばらしい景色をお楽しみください。

 

 

 

ガーハラダ
ところで、いまさらですが歯科衛生士ってどんなお仕事なんですか?
赤澤さん
歯科衛生士のお仕事は大きく分けると3つあり、患者様に対して歯科予防措置・保健指導・診療補助などの歯科医療業務を行っています。皆さんのイメージだと歯科医師の助手的な仕事だと思うのですが、意外と業務は多様なんですよね。

 

さらに詳しくwikipedia様の説明を引用すると、

日本においては、歯科衛生士は1948年(昭和23年)制定の歯科衛生士法に基づく厚生労働大臣免許の国家資格となっている。歯科医師の指示のもと、歯科予防処置、歯科診療補助および歯科保健指導等を行う。単独で診断・治療・レントゲン撮影は行えない。厚生労働省の平成26年衛生行政報告例(就業医療関係者)によると就業歯科衛生士は2014年末現在で116,299名であり、10年間で36,000名以上増加している。

 

単に歯科医師の助手的な仕事だけではなく、患者さんに虫歯や歯周病にならないよう具体的なアドバイスをしたり、実際に歯石などを除去して予防措置を行ったりと、専門的かつ多様なお仕事なんですね。

 

 

なぜフリーランスになったの?

 

今回は、赤澤さん企画の「こころとからだのいきいき元気祭」と題してのイベントです。
赤澤さんのブースでは歯に関する相談や歯を綺麗に保つグッズ類の販売をされていました。

 

 

平日にもかかわらず、多くの人達が相談に来られていました。

 

 

ガーハラダ
先ほどから空気になって見てましたが、意外とご相談される方が多いんですね。普段からこういうお仕事をなさっているんですか?
赤澤さん
はい。こういったイベントでご相談させていただいたり、あとは、いろんな団体の集まりなどで公演させていただいたり。
ガーハラダ
ご活躍されているんですね。ちなみに、なぜフリーランスの道を選ばれたのですか? 聞くところによると、歯科衛生士さんって人材不足の職種ですよね?
赤澤さん
私も実は東京の歯科医院で働いていたのですが、いろいろあって医院勤務は難しいなと思いました。

 

詳しくお聞きすると、ご結婚して子供さんが産まれた時、当初は産休が取れるものと思っていたそうですが、実際は個人医院である事もあってそんな余裕はなく、退職せざろうを得なかったそうです。
産後、一時は医院に再就職されたものの、やはり歯科衛生士ひとり当たりの業務負担が多く、育児との両立がなかなか難しかったとの事。

 

赤澤さん
歯科医院は個人経営が圧倒的に多く、福利厚生面や職場環境に恵まれているとは言えません。現在は歯科衛生士の人員不足と言われていますが、私のように育児をしながらだと毎日フルタイムで働くのはなかなか難しいんですよね。
ガーハラダ
個人経営だとたくさん雇ってシフトを組む余裕もないでしょうから、医院側は当然フルタイムでの雇用を希望しますが、パートタイムを希望する歯科衛生士さんが多くてミスマッチが生じていると。
赤澤さん
今は、コンビニより歯科医院の方が多いと言われるほどの過当競争ですし、保険点数も少なくなって、どこも経営的に大変だと思います。
ガーハラダ
ただ、育児との両立は歯科医療業界に限った話ではないと思うのですが、他にも復職が難しい原因もありそうですね。
赤澤さん
そうですね。私もいろんな同じ立場の歯科衛生士さんと話すことがあるのですが、よく聞くのが、人間関係の問題や歯科医師のパワハラなどがトラウマになって復職したくないといった声や、逆に復職する意欲はあっても、ブランクが長くなると技術的な不安があって復職に踏み切れないといった声もありますね。
ガーハラダ
そんな事もあって、復職が大変ならいっそうの事フリーランスになっちゃえ! みたいな事なのでしょうか?
赤澤さん
なんか、軽く言われましたけど、そんなところです(笑)

 

そんな話をボケとツッコミを交えながら話していると、フリーランスで活動されている赤澤さんとお話がしたいと、ある歯科衛生士さんが訪ねて来られました。

 

 

 

立ち聞きするわけにもいきませんので、ご相談が終わるまでの間、しばし隣のたこ焼き屋さんの情緒ある提灯をご覧ください。

 

 

赤澤さん
お待たせしました。
ガーハラダ
なにかお仕事に関するご相談だったんですか?
赤澤さん
そうですね。やっぱり同じような境遇の方らしくて、一緒にやりましょうなんてお誘いしておきました。
ガーハラダ
でも、何というか・・・ ちょっと聞きにくいのですが、収入的にフリーランスって成り立つんですか?
赤澤さん
正直、厳しいですよね。こういうイベントでもほとんど売り上げはありませんし、講演会の講師を依頼されてもそれほど報酬は期待できませんし。でも、いろんな人と仲良くなれるし、ご相談に来られる方の笑顔を見たりで、医院に勤務していた頃より何倍も楽しいですし、やりがいがありますよね。
ガーハラダ
なるほど、お金じゃないよと。
赤澤さん
いえ、お金持ちにはなりたいです!
ガーハラダ
正直な人だ(笑)

 

純粋な歯科衛生士に関連する仕事だけだとなかなか収入的には厳しいそうですが、同じ境遇の歯科衛生士さんが多く集まれば出来る事も拡がって来そうです。
例えば、ひとりではなかなか条件の合う医院を探すのが難しくても、たくさん居れば多くの情報が集まってきますから、組織的な職業あっせんなども出来そうですし、予防医療を普及・啓蒙する事で、医院に患者さんを送客する事も出来るかもしれません。

医院にとっても、これまでの単発的な治療だけでなく、リピート性の高い予防医療の患者さんが増えると経営的に安定しますし、そうすれば歯科衛生士さんの福利厚生面にも手を加える事も可能性としては出てきますよね。

今はまだまだフリーランスでは大変かもしれませんが、そういった仕組みが出来上がると、収入的にも意外と化ける事もあるかもしれませんね。

 

お悩みのある歯科衛生士さん。一度赤澤さんの元に尋ねられてみてはいかがでしょうか?

陽気な赤澤さんが笑顔で迎えてくれる事でしょう。

 

 

おしまい。

 

◆はははの研究所facebook

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

投稿者:ガーハラダ

兵庫県出身四国帰化人。爆笑よりクスッ笑いに使命を感じるアラフィフ。明太子は心の友。たまにガー子♡