ガーカガワ

盆栽ガールズの苔玉づくりワークショップに行ってみた。告知あり

Bonsai☆Girls Project の苔玉づくりワークショップの模様をお伝えします。次回は、10/24と11/7に開催されますよ!

 

香川大学の学生の皆さんが、高松市の盆栽を全世界にPRしようと結成されたBonsai☆Girls Project(以下、BGP)。コロナ禍での活動自粛もあって久々の登場です。

久々の登場なので、まずは読者の皆さんにBGPを思い出していただきましょう!

3年生チーム。

そして、初登場の1年生チーム。

「Tシャツも新しくなったんですよ~!」
と、上着を颯爽と脱ぎ捨て…

おしゃれな街、北浜アリーを駆け抜ける!

で、1年生チームは何のアピールやねん!

若干ヤラセもありますが、皆さま思い出していただけましたでしょうか?

そして、間接的に会場周辺の紹介にもなりましたが、北浜アリーです。

今回は、「たかまつ工芸ウィーク」にも参加されている、Kitahama blue stories さん店舗前の駐車スペースで五葉松の苔玉を作ろうという事でワークショップが開かれています。
編集部もちょこっと覗いてきたので、軽くその模様をレポートしますね!

 

Bonsai☆Girls Project がていねいに教えます!インテリアにも人気な苔玉づくり

さっそく始まりましたワークショップ。
リーダーのこばちゃんからBGPの簡単な紹介のあと苔玉の解説、そして参加者の皆さんと実際に作業を始めていきます。

参加者ひとりひとりにBGPのメンバーが付いて、要所要所でちゃんと手本を見せながらていねいに教えてくれます。

ちなみに、彼女たちは以前紹介した記事にもあるように、定期的に花澤明春園さんからプロの手ほどきを受けているので、学生だからといってなかなかあなどれません。

関連記事 盆栽ガールズレポ#09 ~ 盆栽女子急増中!花澤明春園の盆栽教室 ~

自分たちがまず経験している事だから、作業中につまづきやすいポイントも分かるのでしょう。参加者の方がやり方が分からなくて戸惑っている様子を見せると、すかさずフォローを入れる姿に感心しました。

苔玉づくりもいよいよ大詰め。ちょっと難易度の高い糸の巻き付けもきちんと手本を見せながら解説してくれます。

ここは結構皆さん手こずっていたので、より丁寧に。

そして、ハサミで仕上げて出来上がり!

出来上がった苔玉は、ちゃんと水を与えてお持ち帰りいただけますよ。

最後にちょこっとだけアンケートにご協力くださいね。

BGPのメンバーにも感想を聞いてみました。

こばちゃん「久しぶりの対面ワークショップでしたが、準備していた苔玉は完売で、皆さんに満足していただけて良かったです! 10月11月と沢山イベントが控えているので、感染症対策をしながら楽しく盆栽の魅力を発信していきたいと思います!」

ゆづぽん「初めてワークショップに参加して、お客様に喜んでもらえたことが1番嬉しかったです! 中には、盆栽やBGPの活動について質問してくださる方がいて、お話しするのが楽しかったです! 改めて多くの人に高松盆栽の魅力を知ってもらえるように頑張っていきたいと思いました!」

久しぶりの取材でしたが、代は変わってもBGPの「のせたらのる」文化は引き継がれていて、相変わらず楽しい雰囲気でワークショップを行っていました。

個人的には3年生になったあすみんがめっちゃしゃべるようになっていて少々うろたえた…
そんなキャラやったか?(笑)

kitahama blue storiesさん 店舗前駐車スペースでのワークショップは10月24日11:00からも開催されます。(当日参加可、ただし無くなり次第終了。参加料ひとり2,500円)

また、11月7日には、香川町のThe Chelsea Avenueさんでも苔玉づくりのワークショップが開催されます。

たくさんのご参加をお待ちしてまーす!!

おしまい。

 

モデル=Bonsai☆Girls Project /instagram @bonsai.girls.project

Bonsai☆Girls Projectのゆかいな過去記事はこちらから!
関連記事 盆栽ガールズなう