ガーカガワ

浴衣deこんぴらさん ~ 表参道スイーツとスペイン料理「con Tapas」~

浴衣少女 こんぴらさん

何気に浴衣の似合いそうなこんぴらさん表参道の街並みを、スーツ少女隊が今回は「浴衣少女隊」となって歩いてみました。

 

 

京都を始め、金沢や鎌倉など歴史ある観光地では浴衣や着物で街を歩くのが流行りなんだとか。
なるほど少し調べてみると、各観光地では気軽に浴衣や着物をレンタルできるお店も多く、浴衣や着物でインスタ映えするだけのために多くの女性が訪れている側面もあるようです。

という事で今回は、そんな浴衣&着物ブームにあやかろうと「浴衣deこんぴらさん」と題し、普段は制服で活動しているスーツ少女隊が「浴衣少女隊」に姿を変え、勝手に観光促進してみたいと思います。
浴衣少女隊の艶やかな浴衣姿をとくとご覧あれ!

 

「浴衣deこんぴらさん」浴衣で表参道を歩いてみよう!

と、意気込んでこんぴらさんの表参道に来てみたものの、見たところ浴衣姿の女性は皆無。
周辺の旅館やホテルでは宿泊客向けに浴衣をレンタルしているところもあるそうですが、まだまだ気軽に浴衣で歩けるようなサービスは整っていないようです。

なので、浴衣姿の少女隊は目立つ目立つ(笑)
道行く人たちから目を向けられ、注目されながら歩き始めました。

歴史ある建物が並ぶこんぴらさん表参道は、予想通り浴衣が映えます。
今年は新型コロナウイルス感染予防の観点から軒並み花火大会やお祭りなどが中止となっているので、せっかくの浴衣がタンスの肥やしになっているご家庭も多いのでは?

ちょっと浴衣に着替えて表参道を歩いてみるのも楽しいですね。

 

浴衣にも映える表参道スイーツたち

少女隊は登る気満々だったのですが、この暑さで随行する大人たちが悲鳴をあげました。
本宮まで続く長い石段は途中であきらめ、引き返しながらまたぶらぶらと歩くことにしました。

実は少女隊の2人が行きの道すがら目を付けていたアイスがあるというので「四国の旬」さんに立ち寄る事に。
フルーツたっぷりなコールドストーン・アイスキャンディ!

そして、お馴染みおいりソフト。

表参道スイーツは、浴衣で食べるとなお映え映えなのでした。

 

 

スペイン料理「con Tapas」は2階テラス席がおすすめ!

そして最後に立ち寄ったのはスペイン料理のお店「con Tapas(コンタパス)」さん。

スペイン語で小皿料理を表す店名のとおり、600円からのリーズナブルなランチや、夕方からはアルコール類やタパス料理などのスペインバルとしての利用も多いお店なのですが、カフェ利用としてもおすすめです。

こちらは、こんぴら産無農薬梅シロップのかき氷(350円)

甘いシロップに、梅の甘酸っぱさが爽快!

そしてこちらは、さぬきグレープフルーツジュース(季節限定・350円)

見るからに濃厚と思ったら、本当に1玉まるごと生搾りの果汁感!
これも暑いこの時期には体に染み入るような美味しさです。

オーナーさんが「2階のテラス席も気持ちいいですよ」と案内してくれました。

町家や古くからの商店が立ち並ぶこの辺りは雰囲気がとってもいいですね。写真を撮ると本当に映えます。
かすかに風も入って来て夕方からはめっちゃ心地よさそう。

GoToキャンペーンを使って琴平の旅館に泊まり、夜はcon Tapasさんのテラスで軽くアルコールなんて、きっと贅沢な時間を過ごせると思います。

発売前だったのですが、ご厚意でフローズンカクテルもいただきました。

ラムやウォッカ、ジンベースなど各種あり。この記事が出た頃には販売できそう…との事。
見た目からして涼しげで、そして、とってもかわいいフローズンカクテルでした。

 

以上、「浴衣deこんぴらさん」と題し、少女隊とこんぴらさん表参道を歩いてみました。
「今年は浴衣の出番がないな…」なんて諦めるのはまだ早い! こんぴらさんを浴衣で歩くとめっちゃ映えますよ~!

おしまい。

 

モデル=スーツ少女隊(Sana、Fuka)
撮影=ガーハラダ

店名con Tapas(コンタパス)
所在地仲多度郡琴平町621-5
電話番号0877-89-5550
営業時間11:00~23:00
定休日無休
駐車場なし