ガーカガワ

激辛団初の惨敗!なごやんラーメン「激辛レッドエンペラー100辛」に玉砕

大好評の激辛企画第四弾は、丸亀市のなごやんラーメンさんにお邪魔してきました。ところどころ見るに堪えない画像が出てきますが、どうぞお許しください(笑)。

 

 

毎回エージェント・ミナミが無駄に菊リンのようなビーバップな服装で、県内の激辛メニューに挑戦するこのシリーズ。
菊リンいわく、回を追うごとに取材に同行する激辛団の希望者が多くなっているそうですが、今回は、しばらくご無沙汰なスーツ隊のメンバーから希望者を募って激辛企画を敢行したいと思います。

そして今回、激辛企画の第四弾として訪れたのは、丸亀市のなごやんラーメンさん。

なんかもう、お店の入り口から賑やかで、活気のありそうな印象です。
店内は各テーブルごとにビニールシートで仕切られ、新型コロナの感染防止対策もきっちり施されています。

提灯からのあたたかい光に、壁一面に貼られたメニューやお客さんの写真、そこかしこに置かれている特撮モノのフィギュアなど、雑然としながらも、どこか気持ちが高まってくる楽し気な雰囲気でした。

 

実はバラエティーに富んだラーメンが揃った、なごやんラーメン

そして、今回の激辛団はこちらのメンバー。

いくら品がないからやめろと言っても頑なに危険色に身を包んでくるエージェント・ミナミは、今回から菊リンと呼ぶことにします。
そして、お馴染みスーツ隊からは、顔芸の達人エージェント・ナカに、ちょいちょいアホな事をやりたがるエージェント・ヒトミとそのジュニア。最後に、特に何の役割もないし、何の役にも立ってないけどなぜか存在しているおじゃまんが上田くんというメンバーで挑みます。

と言っても本企画は菊リンひとりに死んでもらう伝統なので、まずは通常メニューで序盤はほっこりしていただきましょう。

平和な母子のテーブルにやってきたのは、こちらのラーメンです。

とんこつ味のなごやんラーメン(970円)

そして、ジュニア君は定番のしょうゆラーメン(920円)

それと、実はギョーザが食べたかったジュニア君のために手羽先ぎょうざ(750円)

では、こちらからお先にいただきまーす!

年頃のジュニア君は恥ずかしがって「おいしい?」と聞いたらただうなづくだけでしたが、箸の進み方からするときっと本当に美味しかったのでしょう。
エージェント・ヒトミのなごやんラーメンは、あっさり系のとんこつ味。癖もなくこってりしすぎていないので、素直に美味しいと言える味だそうです。

そして僕はみそラーメン(1,200円)

これは意外とこってりとした、濃厚なみそラーメンでした。
やっぱりとんこつベースなのでしょうか? コクがあって、少しとろみがかったスープが麺にうまく絡まって、まだ暑さの残るこの時期には体が喜ぶ美味しさでした。

熱々の手羽先ぎょうざは、なかなかぎょうざの具に到達しない肉厚さ。肉汁とぎょうざの具が絶妙で、これにビールがあったら最高なのに… と、思わず取材である事が恨めしくなりました。

さて、平和な母子テーブルの背後では、菊リンとヘタレな立花商業の面々が急にどよめきだつ。
振り返ってみると、てんこ盛りなニ郎系ラーメン(中・1,550円)がどーんと運ばれてきました。

これで大きさが「中」なのですから、確かにこれはどよめく!

何の役にも立ってないおじゃまんが上田くんにとっては、ここはしっかりアピールする大チャンス。
申し訳程度に麺をつまむという、どこまでも使えない「箸上げ」にダメだしすること数回、ようやくそれらしい画が撮れて、なぜか自分の手柄のようにご満悦でした。

そして、エージェント・ナカには、もし菊リンがめっちゃおもんないリアクションしか出来なかった時の為の保険に、むしろこちらをメインにしても良いくらいインパクトのある骨付き鳥ラーメン(1,800円)を注文してもらいました。

やばいっしょ、これ!

きっとね、香川のラーメン屋さんなら「ラーメンの上に骨付き鳥のっけたらおもしろくね?」と、一度は考えると思うんです。でもね、本当にやっちゃったんですよね。

これはちょっと楽しみですね~!

 

 

初の黒星か!? 企画史上最激辛かもしれない激辛レッドエンペラー100辛!

はい。
この企画もすでに4回目なので、流れ的に「そろそろページを離脱しようかな…」と思われた読者さんも多いと思いますが、きっとそれは賢明な判断だと思います。

実をいうと、クスッ笑いはほしいけど実はキレイ目なところは崩したくないガーカガワ編集者の立場としても、この後の展開はあまり記事にしたくないのです。いやもう、思いのほか読者ウケがいいのでやりますが、ナウでヤングなガーカガワとしては、これから出さないといけない閲覧注意な画像の数々は大変不本意なのです。

しかも、毎回同じようなリアクションなので、現場でも微妙なこの空気…

いや、今回こそはマンネリ化したおもんないリアクションから脱却してくれるはず!!

という事で、はい、どーーん!!

激辛レッドエンペラー100辛!!(2,000円)

100辛って、、どんだけやねん!
菊リンも、こんなんよう見つけてくるわ…

という事で、静かに闘志を燃やすというヤラセからのスタート!

尚、今回は、お店のスタッフさんがこの模様を動画に撮ってお店のYouTubeチャンネルで配信するという、ステキな展開なので、余計にリアクションには期待したいところです。

って、いきなり食いだすんかいっ!

リアクションがおもんない!

と、言いたいところですが、実はリアクションもまともに取れないくらい激辛すぎることが判明。
ただただ、全身を走るレッドエンペラーの攻撃に耐えるしかない菊リン!

そして、それをあざ笑うかのように冷静に美味しさを噛みしめるエージェント・ナカ。

もうええって!

ちなみに、この骨付き鳥ラーメンは、あっさりとしたとんこつスープにスパイシーな骨付き鳥が絶妙で、これは病みつきになる美味しさらしいです。

尚も悶え苦しみながら意地でも完食しようとする菊リン。

滝のような汗に鼻水もダラダラ…
その鼻水エキスがスープにぽとぽと落ちてしまったので、誰も代わりに食べてあげようなんて優しさはみじんもなく…

むしろ、無情にもイジろうとするエージェント・ヒトミ。

そして、今日も何の役にも立たないかと思っていたおじゃまんが上田くんは、苦しんでいる菊リンの目の前でふつーにアイスを注文するという天然さ。

それを恨めしそうに見る菊リン。

そして、さらに追い打ちをかけるジュニア君。

えっ?

・・・・。

それ、あかんやん!

まだ完食してないのにアイス食べるとか、あかんやん!!

えっ??

ええーっ??

それ反則やし!

というか…

それ、余計にまずいんちゃうの?!

とうとう廃人になった…

辛いの食べた後で冷たいもの食べたら辛さ100万倍やし…

いずれにしても、審判団の協議のうえ、今回は完食する前に逃げのアイスに手を出した罪で反則負けといたします。

激辛団4戦目にして、初の黒星でございます。
これを見て、過去の激辛企画でなんとか耐えたあのお店のオーナーさんは新メニュー開発に燃えるやろなぁ~

楽しみ♡

という事で、大変お見苦しいレポートとなりました今回の激辛企画。
なごやんラーメンのオーナーさんにお聞きすると、過去にはこの激辛レッドエンペラー100辛を完食した猛者も大勢いるのだそう。

くれぐれも無理しないよう、でも、我こそはと思われる方はこの超絶激辛ラーメンにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

ちなみに…

みんなが止めるのも聞かず、その後菊リンことエージェント・ミナミは居残りで完食したんだとさ。

いや、負けは負けやけども…

おしまい。

 

出演=菊リンことエージェント・ミナミ、エージェント・ナカ、エージェント・ヒトミ&ジュニア君(以上スーツ隊)、おじゃまんが上田くん

店名ラーメン居酒屋なごやん
所在地丸亀市通町52-1 通町ビル1F
電話番号0877-88-8172
営業時間18:00~24:00
定休日日曜日
駐車場なし