ガーカガワ

屋島の穴場絶景フォトスポット「屋嶋城(やしまのき)」

高松市内を一望する絶景と、石垣や階段が美しく整備されている「屋嶋城(やしまのき)」は風景写真だけじゃなく、ポートレートにも最適! 今回は、モデルの万里奈さんと一緒に散策してきました。

 

屋島山上駐車場駐車場から屋島寺を抜けて旧屋島ケーブル方面に歩くこと約10分、高松市内を一望する斜面に立派な石垣が見えてきます。
有名な源平合戦よりさらに古い667年に築かれたとされる古代山城・屋嶋城(やしまのき)です。

屋嶋城は、中大兄皇子が唐と新羅の侵攻に備え、対馬から九州、瀬戸内海に築かせた山城のひとつで、667年に築かれたことが日本書紀に書かれています。
1998年に屋島の南嶺で石積みが発見されたことから発掘調査が進み、その後城門遺構の発見によって屋嶋城が実在していたことが分かりました。2016年3月には高松市が進める屋嶋城跡城門遺構整備事業が完成し一般公開、歴史と眺望が楽しめる穴場として知られています。

高松市内を望む眺望がとっても綺麗!

断崖絶壁に築かれた城なので思わず目がくらみそうですが、遊歩道がきちんと整備されているので安心。地面が薄い色のコンクリートなので、天然のレフ板になって明るく写真も撮れます。

階段を下りて立派な石垣を間近に見てみましょう。最大6mにもおよぶ巨大な城壁は迫力満点!

こういう石垣を見ると、つい寄りで撮りたくなるんですよね(笑)
ポートレート撮影にもロケーションが合っていると思います。

山上駐車場から屋嶋城に続く遊歩道も、これからの季節は緑が綺麗で散策するだけでもとっても気持ちがいいと思います。カメラ片手にお散歩がてら屋島に出かけてみてはいかがでしょうか?

おしまい。

 

モデル = 万里奈 / Instagram @___maribarbie
撮影 = 原田伸一(ガーハラダ)

歩き疲れたら、リューアルしておしゃれになった「れいがん茶屋」へ!
関連記事 「れいがん茶屋」で絶景を見ながら瀬戸内レモネードでほっこり