ガーカガワ

2,000円で買ったオールドレンズがエモい!豊浜でポートレート撮影してみた。

最近オールドレンズが流行っているそうなので試しに購入して、モデルの悠衣(ゆい)ちゃんと観音寺市豊浜界隈を撮影してみました。

 

こんにちは。
最近、撮影の仕事が増えてきて、肉うどんをためらわずに食べれるようになったガーハラダです。

ところで、皆さんはオールドレンズというものをご存じでしょうか?
最近フィルムカメラが若い人たちの間で人気なんだそうですが、その流れなのか昭和の頃の古いレンズを最近のミラーレスカメラに装着してノスタルジックな写真を撮るのが流行っているそうです。

という事で、僕も肉うどん4杯分を投資してヤフオクでオールドレンズなるものを購入してみました。

Super-Takmar 55mm F1.8。もう50年以上も前に製造されたものなんだそうです。
ちなみに、僕が使っているCanonにはそのまま装着できないので、専用のマウントアダプター(1,000円ぐらい)も購入しました。

古いレンズなので当然オートフォーカスは付いてなくてピントはマニュアル。
老眼のおっちゃんにはいささかヘビーではありますが、今回はモデルの悠衣ちゃんを誘って観音寺市豊浜界隈を巡ってみました。

さて、どんな写真が撮れるかな…

 

道の駅とよはま

彼氏のマー君(と勝手に呼んでる)とともにやってきた悠衣ちゃん。今回の撮影は、ここ「道の駅とよはま」からスタートです。
100mほど西に行くとそこはもう愛媛県という県境の道の駅だけになかなか訪れる事もないのですが、こちらは海沿いのゴージャスな景観が楽しめるスポットでもあります。
普段なら「青い空、青い海!」みたいに撮るのが定番ですが、さてオールドレンズだとどんな写真になるのでしょう。

まずは海を背景に数枚。

明るさやノイズなど多少調整していますが、できるだけレンズ本来の個性を残しつつ現像しています。雲が多かったせいもありますが、全体的に彩度が低くふんわりとした画になって、いつも使っているレンズとはまったく違った色になって楽しい。

楽しいのでついオヤジギャグ連発…

レストランやお土産コーナーのある建物も、こうして撮るといつもと違う風景に見えてきます。

背景におじさんが入ってしまいましたが、F1.8の開放で撮れるのでいい具合にボケてくれました。

老眼+マニュアルフォーカスなのでピントがズレまくりなのですが、全体がふんわりとしているので、少々ピントが外れても逆に味わいのある写真に感じるから不思議です。
半分言い訳ですが、写真には正解はないので…(笑)

ちなみに、撮影前にこちらで日替わり定食をいただいたのですが、鯛のあら炊きがめっぽう美味しかったです。

食べ物の撮影はオールドレンズじゃない方がいいかも(笑)

 

JR箕浦駅

海沿いにぽつんと建つJR箕浦駅もずっと気になっていたので立ち寄りました。
オールドレンズだとさらにローカル線っぽく写るのか?

踏切が鳴ったので電車が来るかなと待ち構えていたら、反対側のホームだったので慌てて移動。
こういうとっさの時にマニュアルフォーカスはやっぱりきつい。かなり慣れが必要ですね…

ついでにドラマっぽく(笑)

土曜日という事もあってか、他にも撮影に来ている人がいました。
東の県境の駅・讃岐相生も田園風景に囲まれた絶好のロケーションでしたが、西の県境・箕浦駅も晴れた日は駅舎越しに海が見えてとってもいい感じですよ。

 

七福神社~豊浜八幡神社

最近個人的にすごくマイブームになっている事があって、よく田舎の道を車で走っていると、集落の鎮守さんみたいなこじんまりとした神社がありますよね。これが意外とほのぼのとして好きなんですよね。
なかなか記事需要が読めなくてガーカガワではほとんど紹介していないのですが、オールドレンズの画が合うんじゃないかと思ってちょこっと立ち寄ってみました。

七福神社。

悪書追放のポストなんて何十年ぶりかで見ました。ノリの良い悠衣ちゃん(笑)

境内が広いのはちょうさ祭りのためかな。軽く参拝がてら何枚か撮影してみました。

オールドレンズの世界観… いいかも…

そして、豊浜八幡神社。

少し日が傾いてきたので、これぞオールドレンズな写真に挑戦してみました。
古いレンズには今のようなしっかりとしたコーティングがされていないので、太陽の光を入れると特有のフレアーやゴーストがばっちばちに入って来ます。

昔はこのフレアーやゴーストの入った写真はダメだと言われていて、それがためにレンズの技術を上げて、研究を重ねて今のようなレンズになった経緯があります。それなのに、ここへ来て逆にこのフレアーやゴーストをあえて入れるような写真に人気が出ているのだから皮肉なものです。

まぁ、でも…

エモいですよね(笑)

 

一の宮公園

では、そのフレアーやゴーストがたっぷり入る夕方の時間帯になりましたので、夕日のスポット一の宮公園にやってきました。
オールドレンズを使うと意外と簡単にドラマや映画のような写真が撮れる事が分かったので、ここでは彼氏のマー君も入れて恋人の聖地でもある一の宮公園を撮りまくってみましょう。

なんかちょっと腹立ってきたけども、君たちが結婚式を挙げる時にはこの写真を使ってくれたまえ…

という事で、2,000円で手に入れたオールドレンズを使って観音寺市豊浜のポートレートをお届けしました。
カメラに詳しくない人からはなんのこっちゃな記事になったかもしれませんが、こういう機材フェチ的なものもたまにはいいのではないでしょうか。

カメラ女子の皆さんはヤフオクへGO!(笑)

せっかくなので、またこそっとオールドレンズで撮影した記事も上げていきたいと思います。

おしまい。

 

モデル=悠衣(ゆい)