ガーカガワ

香川のフォトスポット。あじ竜王山公園で天空感のあるポートレートを写そう!

あじ竜王山公園

高松市内から気軽に行ける瀬戸内海の絶景スポット「あじ竜王山公園」で旅行ガイド誌っぽく写真を撮ってきました。(笑)

 

 

実は前々から、関係者の皆さんにローリング土下座しないといけないと心を痛めている事があります。
というのも、約4年ほど前に「どうせガーカガワなんてへなちょこサイトは誰も見ないだろう」とばかりにアホな記事を書いたのですが、いまだに「あじ竜王山公園」と検索すると上位に表示され、しかも結構読まれているのです。ほんと、アホな事ばかり書いてすみません…

関連記事 あじ竜王山公園が絶景すぎて、思わず愛をさけんでしまった件

そんなわけで、今回はお詫びの意味も込めて、モデルのみこちゃんを誘ってあじ竜王山公園をキレイ目に紹介したいと思います。実はポートレート撮影にもめっちゃ最適なんですよ~!

 

3方から瀬戸内海を見下ろす絶景は、天空感を意識しながら撮るのがおすすめ!

あじ竜王山公園は、高松市庵治町にある標高239mの竜王山の山頂にあるアートな公園です。
公園までは細い山道となりますが、運転に慣れた人ならそれほど苦にならないはず。綺麗に整備された駐車場に到着すると、もうすでに美しい瀬戸内海の景色が望めます。

初めて訪れた人は、もうこの時点でお腹一杯になると思いますが、まだまだこんなものじゃありません。
公園に入って、小高い丘を登るとまさにこんな大パノラマが目の前に広がってくるのです。

もう、瀬戸内海さん自己主張しすぎ!
また、芝生が敷き詰められた美しい公園もめっちゃフォトジェニックですよね。

竜王山は、四国最北端の地がある庵治半島に位置しているため、東・北・西の3方を海で囲まれている景観が楽しめます。ここは、やっぱり天空感を意識した構図がおすすめです。

起伏が富んでいるので、ちょっと角度を変えるだけでいろんな画が撮れます。

いかがでしょうか? カメラを持って出かけたくなりませんか?(笑)

芝生でまったり過ごすのもいいのですが、せっかくなので木々の生える階段を上って展望台に向かいました。

アート作品でもある展望台は「Watch Tower」と名付けられた、オランダの芸術家、ジョン・クルメリング氏が企画・デザインした作品。

公園の頂上に設置されているので、さらに広がりのある絶景が楽しめます。

この日は少し日射しが強くて暑かったのですが、瀬戸内海のそよ風がとても心地良かったです。お弁当持参で来ても良かったかな…なんて思えるほど居心地がいい。

カメラの設定をハイキー気味にして、明るくふわっとした写真なんかが良さそうですよね。きちんとまん延防止に務めながら、ドライブがてら立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
あじ竜王山公園はめっちゃおすすめなんだけど、おすすめすぎて実はあまり頻繁には紹介したくない、なんなら内緒にしたいくらいのお気に入りフォトスポットです。

みこちゃんもめっちゃ気に入ってくれました。(笑)

おしまい。

 

モデル=扇世(みこと)/Instagram(@mkt_ballet)
撮影=原田伸一(ガーハラダ)

施設名あじ竜王山公園
所在地香川県高松市庵治町(竜王山)
電話番号なし
営業時間5~10月 7:00~18:00
11~4月 8:00~17:00
休園日火曜日・年末年始
火曜祝日の場合は、翌日休園
駐車場有り