ガーカガワ

世直し侍復活!むしろいま「新屋島水族館」がいろいろおもしろい。

数年ぶりに新屋島水族館に行ったら、いろいろおもしろいことになっていたのでレポートします!

 

 

突然ですが、最近「新屋島水族館」に行きましたか?
小さいお子さんがいるご家庭なら行かれたかもしれませんが、香川県民の中には「そういえばもう何年も行ってないなぁ…」なんて思われる人も多いのではないでしょうか?

実は、ここ数年の間にいろいろおもしろい事になっているのです。

という事で、前回のうどん脳くん&マナやん「百日島」に続いて、続編としていろいろ新屋島水族館のおもしろいところをお伝えしたいと思います。
これを見たら、ソッコーで新屋島水族館に行きたくなるかも?!

関連記事 うどん脳とマナやんの奇跡のコラボ!新屋島水族館の「百日島」イベントに行ってみた。

 

飼育員さんがエンターテイメント!再開した「世直し侍」がおもしろい!

それでは前回に続きまして、4連休で混雑する新屋島水族館からお伝えします。
実は初めて知ったのですが、コロナ禍での休業期間中ちょこちょこ手直しされたようで、「知らないうちに中身が超絶進化!! 2020年8月15日リニューアルオープン」だったそうです。

新屋島水族館がリニューアルしたので、さしずめ新新屋島水族館といったところでしょうか。リニューアルのたびに新が増えて、そのうち新新新新新新屋島水族館とかになったらウケるwと思いました。

そして、ポスターの横でこちらですポーズを決めてくれた少年は、実は新屋島水族館公認の「新屋島水族館が好きすぎて2歳から通っているうちに『博士』と呼ばれるようになったスタッフ同然のたっくん」です。

スタッフのユニフォーム姿に、きっと「あんたの夢叶えたろかスペシャル」のような美談が隠れているように気がしますが、大人顔負けのしっかりとした言葉づかいでいろいろ解説してくれる姿はまさに『博士』そのもの。
取材陣の方も思わず敬語になってしまいました。

おすすめのマナティの生態を事細かく説明してくれましたが、さらに詳しく聞こうとすると「では、昨日(9月19日)から再開したイルカライブがそろそろ始まる頃ですので、そちらに向かいましょうか」とか、めっちゃ取材慣れしてるやん!

たっくんにすすめられるまま、我々もイルカプールに向かったのでした。

新屋島水族館の目玉のひとつであるイルカライブ。新型コロナの影響もあってしばらく休止していましたが、このほど満を持して再開されました。

最近の大きな水族館に比べると確かにこじんまりとしていますが、個人的にこちらのイルカライブの好きなところは水中の様子も見れるところ。客席から水上を俯瞰して見ることが定番のイルカショーが多い中、水中も見せることでショー自体の表現の幅が広がります。

そんな事も気にしながら見ていただきたいなんて思っていると、突然場違い感たっぷりな侍がスタスタと登場してきました。

はっ?

はぁ~っ?? なんか、いきなり感がすごいんやけど…

世直しぃ~~っ

侍!!

すげぇ…

「あのぅ?どちらさまです…」

いきなり切るんかいっ!

なんの脈絡もなく、ふいに… 切るんかいっ!!

「安心致せ、峰打ちじゃ~!」

って、いきなりわけのわからない展開になりましたが、何を隠そう、これが今話題沸騰中の人気キャラ「世直し侍」なのです。実はこのお侍も飼育員さんなんだそう。

そして世直し侍が、侍というより堺のあきんどのように軽快なトークを交えてイルカライブが進んでいきます。

途中、不慣れな飼育員さんという設定っぽいスタッフさんがやってきて…

と、世直し侍のセリフを奪って不慣れにダッシュする姿に観衆の笑いを誘ったりするヒトコマも。

そして、ジャパネットたかだのような軽快なトークだけだと思ったら、いきなり水中に飛び込み…

イルカサーファーになり…

すげぇ… この人、ほんまに飼育員さんなん?

そして最後はお決まりの、バケツの水を客席にぶちまけると思わせといての空バケツというどっきり。

いやもう、面白すぎてついネタバレになってしまいましたが、ぜひ今度、越後屋に扮した僕を成敗してもらいたいものです。

新屋島水族館

繰り返しますが、キメ顔はこの角度らしい…(笑)

 

ちびっこに大人気!カワウソ餌やり体験やアザラシパフォーマンスがおもしろい!

いやもう、すっかり世直し侍でお腹一杯なのですが、新屋島水族館にはこのほかにもいろんなショーやアトラクションが用意されています。

まずは、カワウソ餌やり体験

これも超人気のアトラクションです。
開始時間ぎりぎりにやってくると、餌やり体験をしたい大人や子供が長蛇の列。撮影ポジションが確保できずしくったなぁ~と後悔するほどでしたが、子供たちはめっちゃ楽しそう。

パッと見、とってもラブリーなカワウソさんですが、餌を食べている表情もとってもキュート…
いや、かなりショックな表情なので見ないほうがいいと思います(笑)

そして、ここしかない芸が見られるというゼニガタアザラシパフォーマンス

銭形だけに寛永通宝をかたどった水槽でのパフォーマンスもおもしろいなぁと思ったのですが、

最後に傘をさす芸なんて初めて見た!

これは、ここだけなんだそうです。

ちなみに館内は飲食禁止なのですが、イルカプールやゼニガタアザラシのいる屋外では可能。
イルカプールの横に売っているソフトクリームがめっちゃ美味しかったですよ!

バニラ、ストロベリー、抹茶の3種類でそれぞれ300円。プラス50円でチョコがけしてくれます。

 

海水や淡水の生物を見て回るのも普通におもしろい!

ほんと盛りだくさんすぎて、まるでダイジェストみたいな流れになっていますが、水族館と言えば、海水や淡水にすむ生物たちをじっくり眺めて癒されるのが定番中の定番。
新屋島水族館もそこに抜かりはございません!

そろそろパソコンのキーボードを打つのが疲れてきたので画像のみを貼り付けますが、なんていう魚か分かりますか?

もうね、クラゲなんて見てたらほんとに和みますよね~!
1日中見ていたいとまではいかないけど、30分ぐらいずっと見ていたい(笑)

ちゃうわ…
丸一日ツルちゃんと居たからか、似たような形状のものがうどん脳に見える…(笑)

そして、個人的にかわいいなぁ~と思ったのがハコフグのちびっこ。

あかん… 連れて帰りたい…

わりとこじんまりとした古い水族館というイメージがあるかもしれませんが、意外と多くの魚や水生生物たちがいるんですよね。これで大人料金が1,200円(小中学生700円、3歳~未就学児500円)は今時の水族館としては破格だと思います。

きっと、採算ギリギリだと思いますので、ぜひお帰りにはオフィシャルショップにもお立ち寄りください。

マナやんや、うどん脳グッズも大人気なんだそうです。

 

実はこの人(?)も実におもしろい!

そして最後は、新屋島水族館のゆるキャラ、マナやん!

実は前回の記事でたっぷりと紹介したし、今回はいいかな… と思っていたのですが…

どうも不満らしい…

どんだけかまってちゃんやねん!(笑)
マナやんの秘密大百科が書けるほど、まだわたしはアナタの事をし・ら・な・い・の♡

という事で、ガーカガワ地球防衛研究所特製のガーガースカウターにマナやんの秘密を解析してもらう事にします。

スイッチオン!

腹黒… (笑)

 

という事で、マナやんがまたいろいろツッコんでくるのを楽しみにレポートを終えたいと思います。
いろいろ新しくなって、しかもめっちゃおもしろくなった新屋島水族館。スタッフさんたちの本当に楽しそうな笑顔に、手作り感満載なほんわかする水族館全体の雰囲気。

むしろ、新屋島水族館にこそ足を運んでもらいたいなぁ~と思うわけです。
次の休みの日なんて、どうっすか?(笑)

おしまい。

 

施設名新屋島水族館
所在地高松市屋島東町1785-1
※屋島山上
電話番号087-841-2678
営業時間・入場料9:00~17:00(最終入館16:30)
・大人1,200円
・小中学生700円
・3歳~未就学児500円
定休日年中無休
駐車場屋島山上有料駐車場(1回300円)利用